327-366 HOME 399-436

 5. 不定詞 367-398

367
形式主語構文二つ
hard:辛い
fail:1
worse:badの比較級
tried:3
succeed:1

368
climbing:動名詞
told:U
to:代不定詞

369
疑問詞+to不定詞は名詞句を作る。
SVO+疑問詞+to不定詞はよくある表現。
この文では、make upを授与動詞のように考えるとわかりやすい。
"whom"と目的格になっているのは、make upの目的語だからではなく、sendの目的語だから。
on my behalf:副 →send

370
is:2
howは副詞だということに注意。よって、369の場合と違って不定詞の目的語にはならない。
carry:3 →it
out:副

371
know:3
what:疑問形容詞
give:3 →answer

372
whichはinの目的語。keepの目的語はtoys。
gave:4
box:先行詞

373
as ifは直後に不定詞句や形容詞を置ける接続詞。

   ☆

形容詞用法

374
the first,the last:名詞補語

375
It:漠然用法
before〜starts:副詞節
so:接
go:1
get:3
magazine:readの目的語
read:3

376
house:inの目的語
wife,childlen:forの目的語

377
failure:名
return:1

378
A number of:形
readiness:目
participate:1

379
that〜read:名詞節

380
Studying:動名詞 1
abroad:副
for us:意味上の主語
to learn:形 →chance
learn:3 →deal(「事」)
about:前

   ☆

副詞的用法

381
come:1
here:副
soon:副 →come

382
stood aside:1
for her:to enterの意味上の主語
enter:1

383
awoke:1
this morning:副詞的目的格
find:5
covered:-×

384
there〜:名詞節

385
条件を表す不定詞。wouldに注目。
think:U
be:2
genius:名詞補語

386
感嘆文。beとtoの間にスラッシュ。
判断の根拠を表す不定詞。

   ☆

独立不定詞とか色々。覚えるしかないです。

387
not always:部分否定
to tell:真主語 3
pay:1 利益になる

388
ちょっと意訳しすぎだね。
直訳すると、「あなたは成功することを少し切望しすぎている。」
a little too:副 少し〜すぎる

389
二重否定=肯定
is:2

390

391
as well as:と同様に
is:2
daily:形

392
kind:形容詞補語
enough:副 →kind
to see:副 →enough 細かすぎか
see that:〜するように取り計らう (see to it thatのto itが省略された形)
want:1
want for:〜が足りない
want for nothing:nothingが足りない=足りないものは何もない=不自由しない

393
remember:3
time:目
an〜:形容詞節 (whenが省略された関係副詞節)
strongly:副 →was felt
sufficiently to be:するのに足りるほど
be:2
noticeable:形補語

394
got up:1
so as to be:副詞句 2
in time:形補語

395
sleeves:主
long:形補語
as to reach:副詞句 →so

396
that〜:目
to find:副詞句 →too
find:「見つける」というより「作り出す」

397
for anyone:意味上の主語
to believe:副詞句 →too

398
not to pass:副詞句 →too

 327-366 HOME 399-436