1-13 HOME 54-72

 2. 主語+動詞+準動詞,etc. 14-53

be動詞+不定詞

14
to master:形→way 3
English:形
to keep:名詞補語 3

15
All:主
you have to do:形容詞節→all
write:補語になるto不定詞はtoが省略されることがある。
    @動詞の前にdoまたはdidがある。Ato不定詞が補語になる。
    @Aが揃うとtoが省略できる。

16
関係代名詞の非制限用法
was to:助動詞とするのが吉。 予定

17
home:副→go
yet:副→go
are to:助動詞とするのが吉。 必要
here:副詞
    hereは「ここ」という名詞の用法もあるけど、
    「とどまる」という意味で使うstayは自動詞なので副詞にきまる。
till〜:副詞節

18
was to:助動詞とするのが吉。 可能
except:前

19
are to:助動詞とするのが吉。
     be toをIf節で使うと「目的」の意味が加わ る。解説p321
it:主 =to know about the real world
inferring:動名詞 3
about it:形→things
from the appearances:副→inferring

         ☆

一般動詞+不定詞

20
seem:2
to be:補語 2
too:副→difficult
difficult:形容詞補語
before long:副→proved
proved:2
※CDではpracticableではなく、practicalと言っている。
  どちらを使っても同じ意味。

21
looked:2
like rain:補語
this morning:副詞的目的格
has:助動詞
turned out:2
to be:補語 2

22
Some day:副詞的目的格
come:1
to realize:副→come 3

23
While〜evening:副詞節 While I was cleaning〜が省略された形。
happened:1
to find:副→happened 3

24
fails:3 「失敗」とは関係ない
to keep:目 3

25
forget:3
to write:目 1
at least:副→once
once:副→a month
a+時間・数量を表す語:副 〜につき

   ☆

一般動詞+動名詞

26
would:助動詞
mind:3
waiting:動名詞で目的語 3
another:形
ten minutes:名

27
remember:3
reading:動名詞で目的語 3
three times:副詞的目的格
when〜:副詞節

28
Seeing:分詞構文 3
stopped:3
talking:動名詞で目的語 1

29
as:接続詞
as〜years:副詞節
was:2
free:形容詞補語
yesterday:副
for the first time in years:成句
enjoyed:3
playing:動名詞で目的語 3
with my friends:副

30
so-that構文
found:5
so:副→interesting
that〜:副詞節→so
kept:2
on reading:形容詞補語 onはあってもなくても可。onがあると継続・反復が強調される。 
        onがない場合はreadingは現在分詞で補語となる。
reading:動名詞で前置詞の目的語 3
until:前

   ☆

補語になる前置詞句

31
it:形式主語
is:2
against the traffic rule:形容詞補語
to cross:真主語 3
while〜:副詞節

32
university building:名
is:2
under construction:形容詞補語
in the north of:まとめて一つの前置詞とするのが吉。

33
was:2
behind schedule:形容詞補語
so:接続詞
could:時制の一致
reach:3
on time:副

34
put:3
in:副詞
will:「どうしても〜しようとしない」もともとは2,3人称
   の意思を表すwillが否定文のときは強い拒絶を示し、主語、人称に関係な
   く用いられる。主語は無生物でもよい。 ロイヤルp450
come out:1
vending machine:名
be:2
out of:前
out of order:形容詞補語

35
on good terms with:まとめて一つの前置詞とするのが吉。
on good terms with him:形容詞補語
and:always keeps his word と is relied upon be everybody を接続
is relied upon:-3

   ☆

完全自動詞+副詞句
ここでの副詞句は「付加語」といって、省略不可能。

36
amounted:1

37
go:1
if you like:副詞節
as for me:成句  副
prefer:3
to stay:目 1
home:名
and:stay at home と read a novel を接続
read:不定詞 to readがto stayと共にpreferの目的語

38
hear:3→he〜
is to:助動詞とするのが吉。予定
go:1
abroad:副→go
to study:副→go 勉強するために 1
as soon as:接
graduates:1

39
long:1

40
is recovering:進行形 1

群動詞。二語で一つの動詞として扱う。

41
「get off」「take」と二つの命令
Get off:1

42
slip:主
often:副
brings about:3→results
unexpected:形

43
If〜me:副詞節
call:3
up:副
ここで基礎の確認。
動詞+副詞 で目的語が代名詞の場合は 動詞+代名詞+副詞にする。
目的語が名詞なら 動詞+副詞+名詞 でも 動詞+名詞+副詞 でもいい。

44
carry3
out:副
on account of:前

45
It:形式主語
hard:形容詞補語
to find:真主語 3
to eat:形→place 1
place:先行詞
where〜:形容詞節→place
where:関係副詞
keep:3
on:副詞

46
形式主語構文
Frankly speaking:独立分詞構文。
            普通の分詞構文なら分詞の主語は主節の主語と同じになるけど、
            これは熟語なので規則の適用外。itとは関係ない。
it:形式主語
for me:to make outの意味上の主語
      difficultにかかる副詞句だと解釈してもいい(その場合は「私にとって」と訳す)
to make out:真主語
make:3→what節
out:副詞
what〜:名詞節
what:関係代名詞
was saying:3→what

47
Please:間投詞
put:3
out:副詞

三語の群動詞
三語で完全他動詞とするのが吉。

48
very;nearを修飾する副詞
came near to:3
being run over:動名詞 -3
nearのあとのtoは無くても良い。 その場合、nearは前置詞となる。

49
caught up with:3

50
do away with:3

51
looked down on:3
she had worked with:形容詞節→secretaries
どうでもいいことなんだけど、the secretariesはwithの目的語ではない。
the secretariesとsheの間に省略されているthatがwithの目的語。

52
was looking forward to:3
when〜:形容詞節→day
when:関係副詞(to the day I でも to when I でもいい。)
for the first〜:成句

53
make up for:3
by working:副
working:動名詞 1
as:副→hard
hard:副→working
as I can:副詞節→as

    1-13 HOME 54-72