HOME


「Ctrl+F」での検索に便利です。


 1. 主語+動詞+名詞(形容詞) 1-13

第一文型と第二文型

1
is:1
walk:副詞的目的格

2
be:2
one or two minutes:副詞的目的格→fast
fast:形容詞補語

3
kept:2
walking:補語 現在分詞
too:副詞
seemed:2
uneasy:形容詞補語

4
It:形式主語
is:2
pity:名詞補語
that〜:真主語
remain:2
unknown:形容詞補語

5
It:漠然と天候を表す。「それ」とは訳さない。
is getting:2
colder and colder:形容詞補語
turn:2
red or yellow:形容詞補語

6
to be sure:副詞句
in the end:副詞句
prove:2
expensive:形容詞補語

7
one night:副詞的目的格
came:1
home;副詞
tired and sad;形容詞補語

   ☆

第三文型

8
had:3→snow
a lot of:形→snow (数量・種類・様態+of は形容詞句になる)
snow:目
about this time last year:副詞的目的格

9
have:3→toothache
see:3→dentist 目的語にdoctorなどをとって「みてもらう」
at once:副→see
once:名詞

10
missed:3
very:副詞→much
much:副詞→missed
yesterday:副

11
keep:3
a day:副詞的目的格
gains:3→ten minutes
gainsを1にして、It gains by ten minutes a day.とすることもできる。

12
behaved:3→himself
so as not to give:これでまとめて不定詞の副詞的用法と考える。
           副→behaved 3

13
understood:3→one another
one another,each other:二語で一つの代名詞と考える。
                one anotherとeach otherの意味・用法は同じ。
and:understood one another perfectly と had a mutual respect for each other を接続。


 2. 主語+動詞+準動詞,etc. 14-53

be動詞+不定詞

14
to master:形→way 3
English:形
to keep:名詞補語 3

15
All:主
you have to do:形容詞節→all
write:補語になるto不定詞はtoが省略されることがある。
    @動詞の前にdoまたはdidがある。Ato不定詞が補語になる。
    @Aが揃うとtoが省略できる。

16
関係代名詞の非制限用法
was to:助動詞とするのが吉。 予定

17
home:副→go
yet:副→go
are to:助動詞とするのが吉。 必要
here:副詞
    hereは「ここ」という名詞の用法もあるけど、
    「とどまる」という意味で使うstayは自動詞なので副詞にきまる。
till〜:副詞節

18
was to:助動詞とするのが吉。 可能
except:前

19
are to:助動詞とするのが吉。 意図
it:主 =to know about the real world
inferring:動名詞 3
about it:形→things
from the appearances:副→inferring

         ☆

一般動詞+不定詞

20
seem:2
to be:補語 2
too:副→difficult
difficult:形容詞補語
before long:副→proved
proved:2
※CDではpracticableではなく、practicalと言っている。
  どちらを使っても同じ意味。

21
looked:2
like rain:補語
this morning:副詞的目的格
has:助動詞
turned out:2
to be:補語 2

22
Some day:副詞的目的格
come:1
to realize:副→come 3

23
While〜evening:副詞節 While I was cleaning〜が省略された形。
happened:1
to find:副→happened 3

24
fails:3 「失敗」とは関係ない
to keep:目 3

25
forget:3
to write:目 1
at least:副→once
once:副→a month
a+時間・数量を表す語:副 〜につき

   ☆

一般動詞+動名詞

26
would:助動詞
mind:3
waiting:動名詞で目的語 3
another:形
ten minutes:名

27
remember:3
reading:動名詞で目的語 3
three times:副詞的目的格
when〜:副詞節

28
Seeing:分詞構文 3
stopped:3
talking:動名詞で目的語 1

29
as:接続詞
as〜years:副詞節
was:2
free:形容詞補語
yesterday:副
for the first time in years:成句
enjoyed:3
playing:動名詞で目的語 3
with my friends:副

30
so-that構文
found:5
so:副→interesting
that〜:副詞節→so
kept:2
on reading:形容詞補語 onはあってもなくても可。onがあると継続・反復が強調される。 
        onがない場合はreadingは現在分詞で補語となる。
reading:動名詞で前置詞の目的語 3
until:前

   ☆

補語になる前置詞句

31
it:形式主語
is:2
against the traffic rule:形容詞補語
to cross:真主語 3
while〜:副詞節

32
university building:名
is:2
under construction:形容詞補語
in the north of:まとめて一つの前置詞とするのが吉。

33
was:2
behind schedule:形容詞補語
so:等位接続詞
could:時制の一致
reach:3
on time:副

34
put:3
in:副詞
will:意志の用法(無生物にも使うことができる)
come out:1
vending machine:名
be:2
out of:前
out of order:形容詞補語

35
on good terms with:まとめて一つの前置詞とするのが吉。
on good terms with him:形容詞補語
and:always keeps his word と is relied upon be everybody を接続
is relied upon:-3

   ☆

完全自動詞+副詞句
ここでの副詞句は「付加語」といって、省略不可能。

36
amounted:1

37
go:1
if you like:副詞節
as for me:成句  副
prefer:3
to stay:目 1
home:名
and:stay at home と read a novel を接続
read:不定詞 to readがto stayと共にpreferの目的語

38
hear:3→he〜
is to:助動詞とするのが吉。予定
go:1
abroad:副→go
to study:副→go 勉強するために 1
as soon as:接
graduates:1

39
long:1

40
is recovering:進行形 1

群動詞。二語で一つの動詞として扱う。

41
「get off」「take」と二つの命令
Get off:1

42
sllp:主
often:副
brings about:3→results
unexpected:形

43
If〜me:副詞節
call:3
up:副
ここで基礎の確認。
動詞+副詞 で目的語が代名詞の場合は 動詞+代名詞+副詞にする。
目的語が名詞なら 動詞+副詞+名詞 でも 動詞+名詞+副詞 でもいい。

44
carry3
out:副
on account of:前

45
It:形式主語
hard:形容詞補語
to find:真主語 3
to eat:形→place 1
place:先行詞
where〜:形容詞節→place
where:関係副詞
keep:3
on:副詞

46
形式主語構文
Frankly speaking:独立分詞構文。
            普通の分詞構文なら分詞の主語は主節の主語と同じになるけど、
            これは熟語なので規則の適用外。itとは関係ない。
it:形式主語
for me:to make outの意味上の主語
      difficultにかかる副詞句だと解釈してもいい(その場合は「私にとって」と訳す)
to make out:真主語
make:3→what節
out:副詞
what〜:名詞節
what:関係代名詞
was saying:3→what

47
Please:間投詞
put:3
out:副詞

三語の群動詞
三語で完全他動詞とするのが吉。

48
very;nearを修飾する副詞
came near to:3
being run over:動名詞 -3
nearのあとのtoは無くても良い。 その場合、nearは前置詞となる。

49
caught up with:3

50
do away with:3

51
looked down on:3
she had woked with:形容詞節→secretaries
どうでもいいことなんだけど、the secretariesはwithの目的語ではない。
the secretariesとsheの間に省略されているthatがwithの目的語。

52
was looking forward to:3
when〜:形容詞節→day
when:関係副詞(to the day I でも to when I でもいい。)
for the first〜:成句

53
make up for:3
by working:副
working:動名詞 1
as:副→hard
hard:副→working
as I can:副詞節→as


 3. 主語+be+p.p.+準動詞,etc. 54-72

54
strictly:副→scientific
scientific:形→point of view
point of view:これで一つの名詞と覚えた方がいい。「見地」
be called:-5
science:名詞補語

55
It:形式主語
is believed:-3
that〜:名詞節 真主語
trip:主
to Mars:形→trip
be made:-5
possible:形容詞補語
during:前
during〜:副→be made
next:形→decades
few:形 「数十年もの長い期間」ではなく「数十年という短い期間」という意味を含んでいる。

56
be taught:-U
to respect,to tell:補語
respect:を尊重する
and:to respect the truth と to tell the truthを接続

57
It is said that she was an actress about twenty years ago.
have beenはただ単に主節との時制のズレを荒らしてるだけ。
完了や継続などの意味はない。
is said:-3 People say her to〜 とは書き替えられない
to have been:副→is said 2
about:副→twenty years
twenty years:副詞的目的格→ago
ago:副→have been

58
are expected:-U
to be completed:補語 -3
spring:名
next year:副詞的目的格→be completed

59
Punctuality:主
is thought:-U
to be:補語 2
a matter of course:名詞補語 これで一つの名詞と覚えた方がいい。「当然のこと」

60
能動態で
I saw her run up the stairs with tears in her eyes.
seeは知覚動詞なのでCに原型不定詞を使うけど、
受動態にするとto不定詞になる。
was seen:-5
to run:補語 1
up:前
run up:を駆け上がる
with tears:副→run
in her eyes:形→tears

61
Last year:副詞的目的格
returned:1
home:副詞→returned
and:returned home と was surprised〜 を接続
was surprised:-3
to find:副→was surprised 3
both〜:名詞節 findの目的語

62
were relieved:-3
to find:副→were relieved 3→that節
were:2
over:副詞補語 特殊です

63
was kept:-5
standing:現在分詞補語 1
while:接続詞
while〜:副詞節 while she was being interrogated のshe wasが省略された形。
      beingを分詞構文として、意味を明確にするためにwhileをつけたという解釈もある。
being interrogated:-3
about:前

64
was made:-5
known:過去分詞補語 -3

   ☆

主語+be+p.p.+副詞句(準動詞ではない)
形容詞化した過去分詞が中心。
熟語としてとらえましょう。

65
attractive:形容詞補語
especially:副→to young people
to young people:副→attractive
because:副詞節

66
five:形

67
for three years(副詞句)→言い換え→till I was thirty years old(副詞節)
three years:名詞句
thirty years:副詞的目的格→old
old:形容詞補語

68
very:副→much
much:副→interested
vast:形
knowledge:名

69
was passed:-3
though〜:副詞節
Democratic Party:主

70
containing:現在分詞→envelope 3
100,000yen:名詞で目的語
on her way back from:成句 〜から帰る途中

71
hearing:動名詞 3→thing
so:副→often
often:副→hearing

72
getでも受動態を作れる。(動作を表す場合に限る)


 4. 主語+be+形容詞+準動詞,etc. 73-89

82以外は副詞用法の不定詞。全部第二文型。
熟語として覚えた方がいい表現多数。

73
to invite:副→kind 判断の根拠(親切と思う根拠:パーティーに招いてくれた) ×

74
what had happened:目 名詞節
what:主 二通りの解釈が可能。
    関係代名詞(起こったこと)
    疑問代名詞(何が起こったか)
    どっちも正解だけど、ここでは疑問代名詞として訳されている。
happened:1

75
those:主 those who〜で成句。 (〜する人達)
who are in delicate health:形容詞節→those
are:2
in delicate health:形容詞補語
when〜:副詞節
sets in:1 (季節・天候が)始まる

76
76
that I can for you:形容詞節→anything canとforの間にdoの省略があり、thatを目的語に取る。
that:関係代名詞
because〜:副詞節
owe A B:4 BをAに対して負っている
owe you a great deal:多くをあなたに対して負っている

77
to hear:副→sorry 感情の起因(聞いたからすまなく思う) 3→you〜
you〜:名詞節
while〜:副詞節
was:2
out:副詞だけど補語

78
One:主 one who〜 (〜する人)
who is not willing to learn:形容詞節→One
worth:前
worth+動名詞:〜する価値がある。主語(この文の場合One)が動名詞の意味上の目的語になる。
teaching:動名詞 3

79
says:3→that〜
it:天候を漠然と表す

80
to get:副→sure 5
finished:過去分詞補語 -3
by the time:接続詞
by the time〜:副詞節
come back:1 時・条件を表す副詞節内では未来の内容を現在形で表す。

81
難易を表す補語にかかる副詞的用法のto不定詞の意味上の目的語はその文の主語になる。
It:形式主語
is said:-3
that〜:主
are:2
to enter:副→defficult 3→universities
but:difficult to enter と easy to graduate from を接続
to graduate from:副→easy 前置詞の目的語はuniversities

82
busy:形容詞補語
preparing:分詞の副詞的用法→busy 1
ちなみに、busy in preparingだとpreparingは動名詞と解釈される。
entrance examination:名


主語+形容詞+前置詞句
第二文型
熟語として覚えるのが吉。

83
Mother is anxious about the result of the examination.

I am anxious about the result of the examination.
の比較。
more:副→anxious
than:接続詞
than〜:副詞節→more
am:2

84
what:関係代名詞
what to do:名詞節
do:3→what

85
color:主
that:=the color of the sky
seen:-3
「comment」のthose engaged in these activitiesのengagedも過去分詞

86
drunken:形
driving:名
certain:形
film star:名

87
its:代名詞の形容詞用法→beuty (this butterのthisと同じ)
scenic:形 景色の
beauty:名 美しさ

88
thanじゃなくてtoを使う比較構文。 (ラテン比較級)
it:=this butter
in no way:副
to:前
imported:過去分詞→butter

89
be proud of と be ignorant of
Some:形
being:動名詞 2
such:形


 5. 主語+動詞+目的語+準動詞,etc. 90-129

90
one of these days:副詞的目的格

91
more than:形容詞句だと思うのが吉。

92
afford:他動詞
to leave〜:名詞句
take:他動詞
up:副詞

     ☆

目的格補語にto不定詞がくる形。

93
even after:従属接続詞

94

95
get:不完全他動詞
   「一緒に行ってもらえる人をゲットできなかった」ではないことに注意。

96
toがあってもなくても第五文型。
every morning:副詞的目的格
help:目的格補語のtoを省略することができるただ一つの動詞。

97
present:形容詞
wedding:名詞。ちなみに、wedは「結婚する」という意味の動詞。
wedding ceremony:名詞句
for:判断の理由を示す等位接続詞。従属接続詞ではないので文頭に置くことはできない。
   文語的で、物語などには出てきてもくだけた言い方では今ではほとんど使われない。ロイヤルp598

98
これは何気にレアな文型。自動詞なのに第五文型をとれる。
waiting forで一つの不完全他動詞と解釈する。
gave:授与動詞。a以下は動詞から派生した名詞がくる。

99
depend onで一つの不完全他動詞と解釈する。

    ☆

知覚動詞と使役動詞の第五文型。
目的格補語の動詞は原型。受動態になるとto不定詞になる。
知覚動詞の目的格補語の原型と現在分詞の違いは、
最初から最後までVしたら原型で、一部分だけVしたら現在分詞。

100
such that構文
伊藤式にいうと、どれほどsuch以下なのかがthat以下で示されている。

101

102
they:the results of the examinationを受ける。
are:時・条件の副詞節内では未来のことを現在形で表す。

103

104
would:意思・願望
sweep:不完全他動詞の原型

105

   ☆

目的格補語が分詞の第五文型。

106
all:代名詞(youと同格。all youとは言えない)

107
to have〜:副詞句
so:副詞
long:副詞
till:前置詞
now:名詞

   ☆

目的格補語が過去分詞。OとCが受身の関係。

108
the day after tomorrow:成句なので名詞句と思うが吉。

109
have:使役の用法
tomorrow:名詞

110
have:被害の用法
was:助動詞
sleeping:進行形は分詞であり述語動詞。

111
taking:形容詞的分詞
taking place:群動詞(二つで一つの自動詞)
all:副詞(→over the world)
over the world:副詞句(→taking place)
つーかall over the worldで副詞句。

112
myself:「自分自身」じゃなくて「自分の言ってること」くらいの意味。

   ☆

SVO+前置詞句

113

114
ここは文型分けの解釈が難しいところだけど
一応ここではregardを不完全他動詞として扱う。
a man makes:形容詞節(→money)

115
looked uponを一つの不完全他動詞として扱う。
spent:他動詞の過去分詞(time was spent)
so:副詞(→much)
much:形容詞(→time)

116
第三文型と言いたいところだけど、前置詞以下も動詞の目的語となっているので
文型分けは難しい。第四文型とする考え方もできる。
him:目的語1
his:意味上の主語
finishing:目的語2

117
us:目的語1
time:目的語2

118
me:目的語1
interrupting:目的語2

119
statue:目的語1
clay:目的語2
out of:群前置詞。outは省略可能。
make A of B:材料Bは変化しない。
make A from B:材料Bは変化する。

120
leaving:動名詞
him:目的語1
clock:目的語2
thanks:名詞

121
me:目的語1
accepting:目的語2

122
me:目的語1
days:目的語2

123
me:目的語1
shoulder:目的語2
me:目的語1
person:目的語2

124
one:目的語1
other:目的語2
成句。

125
water:目的語1
ice:目的語2

126
him:目的語1
out of:群前置詞
project:目的語2
but:等位接続詞
in vain:副詞句。vainは形容詞。成句。

127
himself:目的語1
it:目的語2

128
yourself:目的語1
anything:目的語2

129
look to:群動詞(二つで一つの他動詞として扱う)
him:目的語1
direction:目的語2


 6. 名詞節を含む構文 130-154

130
that:接続詞

131
whether or not you will succed 〜 と書き換え可能。
depends:完全自動詞
upon:前置詞

132
what:関係代名詞
today:副詞的目的格
to develop:名詞句
thinking:動名詞

133
remain to be done で 「まだ〜されないでいる」
just:副詞(強調)
when:疑問副詞(名詞節をまとめる)
human beings:名詞句
remains:不完全自動詞

134
how much:成句
still:副詞(「相変わらず」くらいの意味)
pay:完全他動詞(目的語は金額とか)

   ☆

成句的な文が中心。

135
that〜learn:形容詞節
that〜:名詞節

136
that〜:名詞節

137
but:等位接続詞
that〜:名詞節
too:副詞

138
test:「判断基準」くらいの意味。
whether〜:名詞節
only:副詞(→once)
more than:形容詞節

139
what:関係代名詞
what〜:名詞節
expect:他動詞(目的語:what)
of〜:付加語

140
such:形容詞
as:関係代名詞
why:関係副詞
why〜:名詞節
terms:補語

141
how:関係副詞(the wayと言い換え可。the way howとは言えない)
how〜:名詞節

142
what:関係代名詞
what it is:名詞節
how:疑問副詞(補語になる。How are you? のと同じ用法。)
looks:不完全自動詞
how it looks:名詞節

   ☆

動詞の目的語になる名詞節だよママン

143
in tropical countries:副詞句
marry:完全自動詞
in their teens:副詞句

144
that it was true:名詞節

145
whoever〜:名詞節
whoever:複合関係代名詞(主語)
wants:他動詞
to come:名詞句

146
whatever〜:名詞節
whatever:複合関係形容詞
difference:主語
there:副詞
was:完全自動詞
what was right:名詞節
what was wrong:名詞節
両what:関係代名詞

147
had better:助
ask:4
whether〜:名詞節
do without:これで群動詞みたいなもん。
        withoutは前置詞だけど、目的語が省略されることもある。

148
go throughは「(苦しみなど)を経験」みたいな意味。
what〜:名詞節
what:関代。「事」と訳すよりは「苦労」と訳した方が自然か。
through:前
to educate〜:副詞句

149
what〜:名詞節
what:疑形
up:副

150
how〜:名詞節
how:疑副
that:代

   ☆
形容詞の後に名詞節がくるという特殊な文型。
形容詞が他動詞で、名詞節が目的語のように訳すとうまくいく。
もちろんsureやafraidに動詞の用法があるわけではない。あくまで意味の上ではの話。

151
that〜:名詞節
could:時制の一致

152
that〜:名詞節(freeまでではなくoverまでが名詞節だということに注意)
shall:単純未来
    単純未来とは人の意思とかに関係なく起こることで、
    意思未来とは誰かの意思によって行われること。
till〜:副詞節
is:2
over:形容詞的副詞

153
i met him somewhere:名詞節
somewhere:副
who he is:名詞節
who:疑代

154
where〜put:名詞節
where:疑副
ought to:助
be:助
put:過去分詞


 7. ItとThereの構文 155-195

漠然としたitの用法

155
最初のit:漠然と距離を表す
less than:形
village:名
2番目のit:漠然と天気を表す

156
it:漠然と時を表す
since〜Japan:副
that:代
very:副(→well)
well:副(→speaks)

157
it〜:名
it:漠然と時を表す
quite:副(long)
before〜:副

   ☆

形式主語構文

158
一番目と二番目のit:形式主語
to form , to carry:真主語
out:副

159
it:形式主語
to say:真主語
that〜:名詞節

160
it:形式主語(漠然と距離を表す用法との混同に注意)
took:4
about:副(名詞修飾)
two hours , a half:名
to dig:真主語
one meter , two meters:多分、名副でin〜を修飾してる。(自信無し)

161
it:形式主語
cost:4
to have:真主語
have:5

162
it:形式主語
for a person:to不定詞意味上の主語
to acquire:真主語

163
it:形式主語
of you:補語が人の性質を表してるときはforじゃなくてofになる
to fill:真主語

164
find:5
it:形式目的語
to do:真目的語
do without:これで群動詞みたいなもん。
even:副

165
make:5
it:形式目的語
to read:真目的語
lest〜:副詞節
fall:1
behind:前

166
It:形式主語
use:名詞
crying:動名詞(真主語)
over:前
as〜:副詞節

   ☆

慣用表現的な形式主語構文。文型分けすれば第一文型になる。
形式主語構文だってわかってるから簡略解説。

167
is getting:2

168
railway traffic:名

169

170
not〜because構文
It follows that〜 で 〜ということになる

   ☆

171
announced:過去分詞
railway fares:名

172
on purpose:副
to deceive:副

173
is to:助
nuclear energy:名
should:必要・緊急などをあらわすthat節で使われる。
     shouldを取ってもbeは原型のまま。
peaceful:形

174
should:感情・判断の根拠をあらわすthat節で使われる。
     shouldを取った場合のwalkは原型ではない。
traffic facilities:名

175
matter for congratulation:成句
              ちなみに、"matter" "for" "congratulation"で
              例文検索かけたら4件もヒットした。
human:形
lives:名

176
It〜that:成句
who〜rights:形

177
think:5
pity:名
should:感情・判断の根拠をあらわすthat節で使われる。
    shouldを取った場合の動詞は原型ではない。

178
owe:3
have:助
thus far:副

   ☆

強調構文。It be 〜that は無理に品詞分解しないで、これは強調構文なんだと割り切るのが吉。
厳密にいうと、Itが先行詞でthatが関係代名詞ということになる。

179
It was Mr.Yamada that 〜 の強調構文を疑問にした形。
came:1
to see:副

180
laid:layの過去形。「〜を築く」

181
強調構文にwhichを使うのはかなり希らしい。
こういう文が載ってるから700選はしばしば批判される。
and:the matterとmannerを接続。

182
副詞句の強調

183
副詞節の強調
lightning:名

184
副詞節(until 〜 laughing)の強調
what 〜 been:名(感嘆文)
fool:名(これが形容詞で、名詞が省略されてると考えないように)

185
not A but B 構文
名詞節の強調
what:関疑より関代と解釈した方が自然
the way:名(wayとheの間にin whichが省略されてると考える)
      this is the way that 〜 の場合はthatがin whichの役割。

   ☆

形式主語のit

186
It:形式主語
makes:3
whether〜:名詞節
engaged:形(→those)
call:5

187
It:形式主語
matters:1
little:副
what〜reads:名詞節
what:疑代
so long as:接
so long as〜:副詞接
sound:形(しっかりした)

188
It:形式主語
how〜scene:名詞節
how:副詞

   ☆

there構文
主語は動詞の後に出てくるのであって、thereは主語ではないことに注意。

189
refined:形(→something)

190
tacit:形
understanding:主

191
a lot of:形
waiting:分詞(→people)
movie theater:名

192
seen:分詞(→stars)
星は見るのではなく見られるもの

193
For better or worse:成句
there is nothing for it but to:成句(〜するより仕方がない)
leave:5

194
all sorts of:沢山の

195
seem to be:there構文の場合は第二文型とするとわかりにくくなるので
        第一文型としとくのが吉。
be:1


 8. 倒置・同格・挿入 196-238

196
ここから200までが、否定の副詞(句)の倒置。
it:形式主語
kind:形容詞(ためになる)
to tax:真主語

197
till:前
then:名

198
比較表現
not as(so) … as 〜 〜ほど…ではない
at no time:どんな時でも〜ない
look:2
perfect:形補語

199
was restored:-3
royal:形

200
only if〜poetry:副

201
so 主語 (助)動詞:先に述べられた肯定文に同意を示す。
so (助)動詞 主語:主語もまたそうだ。

202
程度を表す副詞の倒置
that〜him:副詞節(→so)
catch up:1

203
補語の倒置
who has such a mother:形容詞節(→child)

204
補語の倒置
more than:形容詞とするのが吉

205
is:1

206
come from のfrom句が前に出た形
come:1

207
are seen:-3
the tints of color:主
which:関代(前文を先行詞とする)
crowning:形

208
left:3
to me:副詞句(→left)

209
what〜buy:名詞節
what:関代

210
なるほどこれも倒置か

   ☆

同格

211
A as well as B:BだけでなくAも

212
AとBとCをandで繋いでA,BandCとするのとは別。混同注意。
secondary:形

213
that I didn't have:形容詞節

214

215
what:疑代 目的語
that:主語

216
all:代

217
know:3
themselves:代

218
that〜:名詞節

219
give up:3
that〜:名詞節
respect:「点」と訳す

220
come:1
that〜:名詞節

221
take:3(4ではない)
that〜:名詞節

222
see

223
whether〜:名詞節
sums:金額

224
caused:U(SVO+to不定詞の動詞)
that〜:形容詞節(→thing)
happened:1

   ☆

挿入

225
thought:3
that〜:名詞節 目的語
to do:副(→best)

226
inside:前
get out of:3 こういう熟語は動詞句として3と理解した方がいいと思う。

227
found:3
that she was dead:名詞節 目的語
dead:形容詞補語

228
few:形(→Americans)
grasp:理解する
what〜:名詞節
what:関代 主語
accomplished:形容詞補語

229
worse:illの比較級

230
come:1
Tuesday:名
「来なさい。火曜日に」ということで、comeとonの間にスラッシュが入ると考えられる。

231
was:2
worth one's weight in〜:成句。〜と同様の価値がある

232
look back:1
gone by:Days are gone by. で、goは自動詞なので完了の用法。
      受動の意味はないので注意。
a kind of:形

233
still:比較の強調

234
※224の人です!!!!

235
As is often the case with〜:成句。〜にはよくあることだが
Asは後の文を先行詞とした関係代名詞。 全然"先行"してないわけですが。

236
approaching:形
knew:3(The approaching exam would be quite easy が目的語と考える)
would:時制の一致

237
think:5
it:形式目的語(At night he looked up with curiosity to the stars が真目的語)
probable:形容詞補語

238
came up:1
it:漠然と時を表す


 9. 名詞構文 239-256

239
success:主
gave:4

240
sudden:形
increase:主
is causing:3
a large number of:形

241
mass:形
refusal:名詞補語
to work:形
a body of:形(〜の集団)

242
rescue:名

243
mere:形
repetition:主
research:名詞補語
scientific:形

244
examination:主
brought about:3

245
Education:主
difficult:形容詞補語

246
Respect:主
quite:副
natural:形容詞補語

247
road:主
take:×

248
perseverance,diligence:主
made:5
what he is today:名詞節
            節の中で、todayが補語なのではなくて、whatが補語。

249
international:形
led:U
feel:2
We feel more familiar with 〜 .

250
that〜:名詞節
given up:3
visiting:動名 3

251
a lover of:〜の愛好者
lover:名詞補語
since I was young:副詞節

252
I〜:名詞節
fairly:副
swimmer:名詞補語 スイマーだからといって水泳競技者だとは限らないことに注意。
              子供が遊びで泳いでもスイマーになるのです。

253
reading knowledhe:目

254
rest:目
finished:形

255
wish:3
to make:目 3
flight:目

256
give:4


 1. 時制 257-284

現在形

257
stands:1
commands:3(見下ろす)

258
when he will come:名詞節
when he comes:副詞節

259
that the earth is round:名詞節
round:形容詞補語
moves:1
around:前

過去形

260
woman:主
arrived:1
here:副

261
when:副
return:1
came back:1
the day before yesterday:副詞的目的格

262
told:4
that〜:名詞節
whatever might happen:副詞節
whatever:主
happen:1
prepared:形

263
that〜:名詞節
let:5 使役
know:原型不定詞 1
later:副(→let)

   ☆

現在完了形

264
come:2
to realize:補語 3
that〜:名詞節
to:前
understanding,predicting:動名詞 3

265
More than:形容詞とするのが吉
five years:主
since〜:副詞節
came:2
to live:補語 1

266
Where:副
been:1
been:1
to see:副 3
off:副

267
he〜:名詞節
caught:3
cold:名
past:形

268
when〜letter:副詞節
finished:3
writing:動名 3
take:×
about:副
two miles:副詞的目的格(→beyond the hill)
beyond the hill:形容詞句(→lake

269
It二つ:漠然と天気をあらわす
been raining:1
since:前
the day before yesterday:261と違って、ここでは副詞的目的格ではない。
                 dayが前置詞の目的語となっている。
clear up:1
this afternoon:副詞的目的格

   ☆

過去完了形

270
When〜time:副詞節
been opened:-3

271
入試超頻出構文。
when以下は副詞節だけど、副詞節だとか考えない方が読みやすい。
どうしてこういう訳になるのかわからない人は
英ナビかビジュアルあたりを探せばすごい詳しい説明が載ってる。
burst into:3

272
これも↑と同じ。
been employed:-3
two months:副詞的目的格
linguistic:形
recognized:形

273
非制限用法の関係代名詞だけど、
こういうのは形容詞節としての働きが薄れているから
形容詞節だということにあまりこだわらなくていいと思う。
delighted:形容詞補語
to see:副 3
whom:目
seen:3
quite:副(→long)

274
went:1
home:副 wentが他動詞でhomeが目的語ではない
after〜:副詞節

275
Up to:前
been staying:1

276
未来完了形
though〜pages:副
read through:3 読み終える
through:副

277
seen:3
somewhere:副

   ☆

進行形

278
is getting:2
rather:副
late:形容詞補語
I must be going now:名詞節
be going:1

279
is leaving:1
next month:副詞的目的格

280
is finding fault with:3 少々強引だけど、熟語だからこうした方が読みやすい
faultless:形容詞補語
herself:sheと同格で強調の働き

281
was walking:1
when〜:これも副詞節だとか考えない方が読みやすい。
heard:5 知覚

282
Every morning:副詞的目的格
when〜breakfast:副詞節
was having:3
was staring:1

283
If you do that:副詞節
be cheating:1

284
be raging:1
fury:名
rage in all its fury はこういう定型表現だと思うのが吉

 2. 態 285-294

285
meeting:主
be held:-3

286
be caught in:(雨など)にあう
be drenched to the skin:ずぶぬれになる。慣用表現。

287
were killed:-3
were injured:-3
severely or slighty:副
railway accident:名

288
were burnt down:-3
down:副
which broke out yesterday:形容詞節
broke out:1

289
is located:-3
walk:名

290
neighborhood:名(形容詞としてhousesにかけて「近所の家」としないように)
houses:主
are being built:-3進行形
one after another:副詞的目的格

291
am surprised:-3(後ろにto不定詞が来ているが、-Uではないので注意)
to hear:副 3
that〜:名詞節
got:2
injured:形容詞補語
got injured で-3と解釈してもいい。

292
went away:1
been heard of:-3(I have never heard of him. の受動態。
            当然、sinceは前置詞の目的語ではない。)
since:副

293
is well spoken of:-3(The citizens well speak of the new mayor. の受動態。)

294
are made much of:-3(○○ make much of English and 〜 の受動態。)


 3. 法 295-326

295
I have heard〜:名詞節(主節と判断してもいいような…)
nothing:目

296
入試超頻出構文。倒置の形も大事。
hire:3

297
come:1
only two minutes earlier:副詞的目的格

298
college student:名詞補語

299
未来の仮定。実現可能性0%の時にはshouldは使えない。
hesitate:1(to不定詞を目的語に取る他動詞じゃないのです)

300
仮定法を使った丁寧語。
come up:1

301
未来の仮定。実現可能性0%でもそれ以外でも使える。
Even:副 ifとセットで「たとえ〜でも」

   ☆

色んな仮定法

302
become of:what・whateverを主語として「〜はどうなるのか」。
living:形

303
but that:接続詞。but、exceptはthat節を目的語にできる特殊な前置詞。

304
given:3
up:副

305
to hear:副 5
speak:原型不定詞 3
take:×

306
thing:主
happening:If節の代用で分詞構文。文語表現。ロイヤルp555

307
how wrong it is:名詞節
wrong:補語
is:2

308
otherwise:接続詞的な副詞
miss:3 〜に会いそこなう

309

   ☆

やっぱり色んな仮定法

310
felt:2
as:副
happy:補語
as if:接続詞
as if〜:副詞節(→最初のas)
were dreaming:1
ちょっと細かすぎか。

311
pretends:1
as though:接続詞
as though〜:副詞節
had nothing to do with:成句なので強引に3としていいと思う。

312
when〜English:副詞節
hear:5
speak:原型不定詞 3
I〜:名詞節
speak:1
even:副(→half)
乗除アズアズ構文

313
I〜beforehand:名詞節
told:×
beforehand:副(→told)
because of:前

314
they〜radio:名詞節
turn:3
off:副

315
you〜living:名詞節でtimeと同格
earning:動名詞 3
living:目

   ☆

命令法
320からは慣用表現。覚えるしかないね。

316
be:2

317
what I say:名詞節
what:目
fail:3
to understand:名詞句 3
what I really mean:名詞節
what:目

318
さもないと構文
sorry:形容詞補語 後悔して

319
you〜dollars:名詞節
what:目
do:3

320
to see:副詞句
more:副(→clearly)
clearly:副(→see)
say:一応3

321
what the law is:名詞節
what:名詞補語

322
こっから命令法が譲歩の副詞節を作る用法。
until:前
dying:形

323

324
define:3
word 〜:同格

325
unless〜:副詞節
devote:×

326
like:前


 4. 助動詞 327-366

willとwould

327
but:「しかし」ではなくて、申し訳ないけど と お願いします を繋ぐ働き。
kindly:副 恐れ入りますが
take:×

328
come in:1

329
offered:4
would not:どうしても〜しなかった

330
would often:過去の習慣
tell:4
interesting:形

   ☆

shallとshould

331
shall:話し手の意志
all:youと同格

332
one:doctor

333
told:4
that〜:名詞節
but:等位接続詞 is〜reason と shall〜older を接続
to understand:副詞句(→too)
shall:話し手の意志

334
that〜:形容詞節
be practiced:-3
who〜life:形容詞節
would:願望

335
handed:3
in:副
over and over again:何度も繰り返して(againはあってもなくてもいい)

336
that〜:名詞節
be set:-5

337
it:形式主語
that〜:真主語

338
慣用表現
come in:1
very:形 「まさに」みたいな
we were talking of:形容詞節
were talking:1

339
why〜:形容詞節(→reason)
why:関係副詞

340
as〜you:副詞節
talk over A with B:BにAを相談する
to talk:形容詞句(→something) 3
over:副
つまり、talk overの目的語がsomethingなのです。
call:1

   ☆

cannot

341
foolish:形容詞補語
as to indulge:副詞句(→so) 1
at the expense of:前

342
started:1
cannot have gone:これはただの過去じゃなくて、完了形。
gone:1

343
want:3
to live:名詞節 3
life:目
help:3
objecting:動名詞 1

344
careful:形容詞補語

345
be overstimated

   ☆

mayとmight

346
I〜university:名詞節
I will〜:名詞節

347

348
begin:3
to rain:名詞句 1
you'd〜:名詞節
'd better:would better 助動詞
give:3
up:副
climbing:名

349
現在完了じゃなくて、ただの過去。

350
come:2

351
feel:2
sleepy:形容詞補語
for:等位接続詞
were:2
up:副詞補語
all night long:副詞的目的格

352
but:強調の副詞(→imperfectly)

353
throw:3
away:副
lend:×

   ☆

must

354
park:3
there:副

355
diligent:形容詞補語
studies:1
as long as:前 「〜する限り」の用法とは全く別物なので注意

356
looked:2
happy:形容詞補語
that〜:副(→so)
something〜:名
wonderful:形(→something)
happened:1

   ☆

いろいろ

357
I shall〜:名
shall:未来
and:enter〜time + eijoy〜life

358
come:1
all the way:副詞的目的格

359
encourage:U
to form:補語 ×
reading:名

360
In order to masuter:副詞句 3
where it is spoken:形(→country)
is spoken:-3

   ☆

toを含む助動詞

361

262
as〜:副詞節
as:理由
told:4
that〜:目
would:時制の一致

263
used to:助動詞
get up:1
and:get up early + take〜
take:3

364
be:1
about:副(→here)
here:副(→be)
where it is:目
where:副
is:1

365
since〜:副詞節
since:理由
have nothing to do with:3とするのが吉

366
in order to know:副詞句 3
have only to:助動詞


 5. 不定詞 367-398

367
形式主語構文二つ
hard:辛い
fail:1
worse:badの比較級
tried:3
succeed:1

368
climbing:動名詞
told:U
to:代不定詞

369
疑問詞+to不定詞は名詞句を作る。
SVO+疑問詞+to不定詞はよくある表現。
この文では、make upを授与動詞のように考えるとわかりやすい。
"whom"と目的格になっているのは、make upの目的語だからではなく、sendの目的語だから。
on my behalf:副 →send

370
is:2
howは副詞だということに注意。よって、369の場合と違って不定詞の目的語にはならない。
carry:3 →it
out:副

371
know:3
what:疑問形容詞
give:3 →answer

372
whichはinの目的語。keepの目的語はtoys。
gave:4
box:先行詞

373
as ifは直後に不定詞句や形容詞を置ける接続詞。

   ☆

形容詞用法

374
the first,the last:名詞補語

375
It:漠然用法
before〜starts:副詞節
so:接
go:1
get:3
magazine:readの目的語
read:3

376
house:inの目的語
wife,cheldren:forの目的語

377
failure:名
return:1

378
A number of:形
readiness:目
participate:1

379
that〜read:名詞節

380
Studying:動名詞 1
abroad:副
for us:意味上の主語
to learn:形 →chance
learn:3 →deal(「事」)
about:前

   ☆

副詞的用法

381
come:1
here:副
soon:副 →come

382
stood aside:1
for her:to enterの意味上の主語
enter:1

383
awoke:1
this moning:副詞的目的格
find:5
covered:-×

384
there〜:名詞節

385
条件を表す不定詞。wouldに注目。
think:U
be:2
genius:名詞補語

386
感嘆文。beとtoの間にスラッシュ。
判断の根拠を表す不定詞。

   ☆

独立不定詞とか色々。覚えるしかないです。

387
not always:部分否定
to tell:真主語 3
pay:1 利益になる

388
ちょっと意訳しすぎだね。
直訳すると、「あなたは成功することを少し切望しすぎている。」
a little too:副 少し〜すぎる

389
二重否定=肯定
is:2

390

391
as well as:と同様に
is:2
daily:形

392
kind:形容詞補語
enough:副 →kind
to see:副 →enough 細かすぎか
see that:〜するように取り計らう (see to it thatのto itが省略された形)
want:1
want for:〜が足りない
want for nothing:nothingが足りない=足りないものは何もない=不自由しない

393
remember:3
time:目
an〜:形容詞節 (whenが省略された関係副詞節)
strongly:副 →was felt
sufficiently to be:するのに足りるほど
be:2
noticeable:形補語

394
got up:1
so as to be:副詞句 2
in time:形補語

395
sleeves:主
long:形補語
as to reach:副詞句 →so

396
that〜:目
to find:副詞句 →too
find:「見つける」というより「作り出す」

397
for anyone:意味上の主語
to believe:副詞句 →too

398
not to pass:副詞句 →too


 6. 分詞と動名詞 399-436

399
sent:4
asking:分詞 →letter
if〜:目

400
running:分詞 →river 1

401
amount:主
produced:分詞 →paper -3
consumed:分詞 →paper -3
closely:副 →related
related:形
cultural:形

402

403
facing:1
south:副

404
you〜:形容詞節
are looking:1

405
what you say:名詞節
what:関代
conceivably:副 ひょっとすると

406
次のも含めて時制のズレがある分詞構文。
recognizedの前の時制だから過去完了になるはずだと思う人もいるかもしれないけど、
準動詞の時制は述語動詞と同時か過去かのニ択に縛られているので、
having seenでrecognizedの前の時制を表すことができる。

407
been addressedの主語はletterだということに注意。
addressed:-3
address:3 〜にあて先を書く

408
次も含めて独立文詞構文。
been benefited:-3 beenがなくても同じ意味になる。(その場合は1)
"have been benefited from" の検索結果 約 48,200 件
"have benefited from" の検索結果 約 615,000 件
やっぱりbeenが無い方が自然だよね。
various:形
kinds:名 この後の「of dictionaries」がくどいから省略されている。

409
a little too:副
speaking:名

410
Situated: -3
commands:3 見下ろす

411
Compared:-×
poor:形
linguists:名詞補語

412
unable:形
to prove:副 3
was forced:-U

413
old:形
handicapped:形
enough:形 →courage
to do:副 →enough

414
unless〜:副詞節
(he is):主節と主語が一緒だからS+be動詞の部分は書かなくてもわかるので省略できる。
spoken to:-3

   ☆

意味上の主語がつく分詞構文

415
独立分詞構文。慣用表現を除けば極めて文語的でくだけた言い方では今ではまず使われない。
(主語に対してその一部を示す語句が分詞の主語になるような場合は比較的よく用いられる)ロイヤルp525
conversation:意味上の主語

416
planets:主語
travelling:分詞 →planets
earth:意味上の主語

417
Each star is a sun like our own.
このa sunというのは太陽のことじゃなくて、「恒星」の意味。(太陽はthe sun)
ownは所有格の強調語でour own sunということだけど、sunはくどいから省略されて、
our ownだけでわれわれの(知る)太陽ということになる。

a sun:恒星
the sun:太陽
our own sun:太陽

418
stood:2
still:形容詞補語

My whole attention was fixed on the movements of her fingers.
fix A on B:A(注意など)をBに集中する

419
Her heart was full of love and tenderness.

420
stood:2
silent:形容詞補語

Her head was slightly to one side.

   ☆

withの付く付帯状況

421
一番目のwithは付帯状況とは関係ない
came:1
lowered:-3過去分詞 →eyes

Everyone was staring at her.

422
was taking:3

His legs were stretched toward the fire.

423
wave good-by:成句 さよならと手を振る

Her eyes were full of tears.

424
was sitting:1

His back was to the window.

   ☆

接続詞+分詞構文。
S+be動詞を補えば完全な文になる。
副詞節と考えるのが吉。

425

426
carried:-× carry exercise to excess ということ
to excess:過度に
do:4 〜に…をもたらす
harm:直接目的語
good:harmと文法的な立場は対等なので名詞なのです。「利益」という意味。
more A than B 構文
BというよりはむしろA

427
timid:形
respects:「点」という意味。

428
boy:名

   ☆

動名詞

429
heving neglected:完了動名詞 3 述語動詞より前だから使われる。
studies:目

430
been defined:-×
hitting:動名詞 1
being hit:動名詞 -3

431
there〜:目
his:意味上の主語
succeeding:動名詞 1

432
room:意味上の主語
being:動名詞 2
hot:形容詞補語

433
books:ofの目的語
publoshed:分詞形容詞 →books -3
a few:主語・readingの意味上の目的語
are:2
reading:動名詞 3

434
Living:分詞構文 1
feel:2
like:前
going:動名詞 1

435
There is no 〜ing:〜しても無駄だ
telling:動名詞 3
how〜:目

436
arriving:動名詞1
went:1
to see:副 3


 7. 関係詞 437-483

437
関係代名詞の非制限用法。形容詞節とか考えない方がわかりやすい。
plum:名

438
I thoughtは挿入じゃないのです。
I thought the man was his father.のthe manがwhoになって
前に引っ張り出された形だとするとわかりやすいかもしれない。
だから、この文のthoughtは3で、who was his fatherという名詞節を目的語にとると考える。
proved:2
to be:補語 2

439
これもさっきと同じ。
you   are   sure  who will help you
主語 be動詞 形容詞  名詞節
go:1
first:副 →go
to those:副 →go
who〜:形

440
二重限定
that we know:形容詞節
know:3 →that
who〜:形容詞節 who is talentedとhe is halentedの比較

441
I was〜:形容詞節
was:2 when節が補語じゃなくて、省略されてるthatが補語。
when〜:副詞節
first:副 →knwe

442
butterとthereの間に省略されてるthatの先行詞はbutter。
lent:4
there〜:形容詞節
was:1

   ☆

他動詞・前置詞の目的語となる関係代名詞。

443
Through:前
which〜:形容詞節
see or hear:3

444
which〜:形容詞節
it:形式主語
to ignore:真主語 3

445
遺伝子治療が治療の可能性を約束しない人間の疫病は存在しない。
human:形
which〜:形容詞節
gene therapy:名 
↑今更だけど確認。こうやって繋げて名詞とするってことは、geneは形容詞じゃなくて名詞ってこと。
to treat:形→possibility 3

446
which〜:形容詞節
you had〜:名詞節
lost:3→which
the other day:副詞的目的格

447
anything:主
you want:形容詞節→anything
want:3→省略されているthat
which〜:形容詞節→anything
have:3→省略されているthat

448
on which you are sitting:形容詞節→seat
are sitting:1
You are sitting on the seat.

449
would:助
like:3
would like toが一つの助動詞という考え方もありだと思う。
introduce〜:introduce the gentleman to youの語順が入れ替わった形。
        (the gentlemanに形容詞節が付いて長くなってるから)
whom〜:形容詞節
of:前→whom
the other day:副詞的目的格

450
名詞+前置詞+関係代名詞 の形
lent:4
read:3→neither
as yet:副

451
厳密にいうと、前置詞+名詞+前置詞+関係代名詞。
でもこの場合はby means ofで一つの前置詞みたいなもん。
keep up:1
with:前→events
all over the world

   ☆

所有格の関係詞

452
are looking after:3
whose〜:形容詞節
are enployed:-3

453
whose〜bank:形容詞節
see:3→roof
is:2
Suzuki's:名詞補語

454
of〜:形容詞節
you know nothing of his past

   ☆

特殊な先行詞

455
there+一般動詞+主語 の構文。
occurred:1
that〜:形容詞節 whichじゃダメ
been recorded:-3

456
前の文全体を先行詞とする関係詞。
it:漠然と天候を表す。
rained:1
all day:副詞的目的格→rained
today:rained→rained
「all day today」という熟語があるわけではない。
contrary:形容詞補語

457
thought:5
dull:形 先行詞
was:2 dullの省略

458
only a few months:副詞的目的格
which time=only a few months
a series of:形容詞とするのが吉 連続する

459
>>591の説明参照。
Are doing:3
what〜:名詞節
think:3

460
made:5
what I am today:名詞節
what:補語
am:2
today:副

461
not A but B 構文
but:in what we have と in what we are を接続
have:3
are:2

462
what〜:名詞節
what:callの目的語
call:5
woman:callの補語
まぁwhat we callで「いわゆる」っていう形容詞だと思うが吉。強引だけど。

463
A&B=C&D構文
難しいことは考えない。

464
what money she has=all the money that she has
give:4
what〜:名詞節
what:関係形容詞
has:3→money

   ☆

関係副詞

465
fire:主語 「火」は不可算名詞で「火事」は可算名詞。
when it broke out:形容詞節
when:関係副詞
broke out:1

466
the time:先行詞
when〜:形容詞節
distinguish oneself:目立つ,有名になる

467
非限定用法の関係副詞
だから形容詞節とか考えないのが吉。
subject:主語
comes up:1

468
caseがwhereの先行詞となる文。
caseの場合は非制限用法にできない。
where〜:形容詞節
where:関副で状況、立場などを表す語が先行詞の場合に用いられる。堅い書き言葉。ロイヤルp655
hold good:あてはまる 第二文型

469
spent:3
last:形

470
have(be) done with:を終える
put:3
back:副
where〜:副詞節
where:接続詞

471
why〜:形容詞節
become:2
just:ただ〜だけ →because節
one:=a physician

472
that〜:形容詞節
that:=when
went:1
to see:副

   ☆

特殊な先行詞と関係代名詞

473
women:目 先行詞
as〜by men:形容詞節
as:関係代名詞 主

474
dictionary:目 先行詞
as〜:形容詞節
as:関係代名詞 目
has:3

475
money:目 先行詞
than〜:形容詞節
than:関係代名詞 主
needed:形容詞補語

476
man:主 先行詞
so:副→bad 強調
bad:形→man 後置修飾
but〜:形容詞節
but:主語 関係代名詞
good:名

   ☆

関係代名詞のasを含んだ重要表現。
ここではasを関係代名詞として扱ってるけど、
名詞を修飾する従属節をまとめる接続詞とする考え方もある。(ジーニアスでは接続詞として載ってた)

477
as〜:形容詞節
as:補語
are:2
things=as=they

478
In Calofornia:場所を表す副詞句の倒置
or:換言
as〜:形容詞節
are called:-5
forest kings=as=they

479
as〜it:形容詞節
as:補語
know:5
life=as=it

480
as〜:形容詞節
carried on:-3 主語とbe動詞の省略
activity=as
minds:人

481-483
ここは熟語としていいところでしょう

481
sell:1 「売る」じゃなくて「売れる」の用法。
as it stands:現状では

482
仮定法
As it is:実は

483
is:2
as it were:言わば


 8. 副詞節 484-534

484
As〜progress:副詞節
as:〜するにつれて
give place to:giveを×としてもいいし、この三語で3としてもいいと思う。
new:名 新しいもの

485
out:副 planにoutが付くと「十分」という意味が付加される。
carefully:副→plans

486
were packed:-×
ten minutes:副詞的目的格→before節

487
直訳せずに前から訳す構文。
persevere:やり抜く
You must sow before you can reap. まかぬ種は生えぬ

488
devoted:-×
ever since:ever sinceで接続詞としても、everがsince接を修飾する副詞と考えてもおk。

489
これも直訳しないで前から訳す。
A after A:Aの反復・継続を表す。Aの名詞は無冠詞で用いる。

490
これも。

491
Whenever:複合関係副詞の接続詞
leaves:3
behind:副

492
have formed:3
it:形式主語
to get rid of:真主語 3とするのが吉

493
was dismissed:-3
simply:副→because節
failed:3
to work:目 1

494
このnotは文全体の内容を否定する「文否定」なのでこのような意味になる。
just:副→because節
been:1
longer:副

495
going:動名詞 1
somewhere:副→going
advises:U
to:代不定詞

496
canとかmayとかの助動詞がセットで付いてくる副詞節。付いてなくてもいい。
ここのmightはmayの時制の一致。
so that:接続詞
stayed on:1
so〜:副詞節

497
496と同じ。
in order that:接続詞
in〜:副詞節

498
lest節ではshouldやmayなどがセットで付く。
助動詞を付けない場合は lest you be get wet のように仮定法現在を使う。

499
act:1
that〜:副→so
shall:未来
have:3
to regret:形→noting 1

500
been taught:-U
worst:目
so〜:副 結果の用法

501
It:主 形式主語じゃない
such:形
that〜:副→such
burst out laughing:熟語

502
such:これ代名詞です
that〜:副→such 特殊な修飾の仕方。

   ☆

譲歩の副詞節

503
asを譲歩の用法で使う時はこういう語順にしなくてはいけない。As sugar is〜とかはダメ。
Important〜health:副詞節
as:接続詞 文語調で堅い表現。ロイヤルp623
live:1

504
Even〜years:副詞節 たとえevenがないとしても譲歩の意味を表せる。
determined:形

505
whether〜:副詞節
whether or not I am successful とすることもできる。

506
直訳で「野菜であろうと肉であろうと」
It:形式主語
whether vegetable or meat:副詞節
before〜:副詞節
down:副

507
こっから複合関係詞がまとめる譲歩の副詞節。
mayはセットで付いてくるけど省略することも可能。
Whoever:主  whoeverの導く副節にmayを用いるのは文語的な言い方。
         これは-ever形の関係詞すべてに適用される。ロイヤルp661

508
Whatever:目

509
Whatever:形 これは文法用語でいうと「複合関係形容詞」。508とかは「複合関係代名詞」。

510
discouraged:形容詞補語
no〜:副詞節
no mater what:=三語でまとめて複合関係形容詞だと思うのが吉。
          複合関係詞を用いた言い方よりも口語的。ロイヤルp626
foce:3

511
補語になるときはbe動詞を省略できる。
wanted:3
whatever:補語
consequences:主

512
こっから複合関係副詞
Whenever:副→come
ready:形

513
Wherever:副→go

514
However:副→hard
hard:副→work

515
No matter how:=Howeverと覚えるのが吉
live:3

516
It:形式主語
enough:名詞補語
to read:真主語 3
once:副→read
only:副→once
however carefully:副詞節
carefully:副

517
For all:成句。語や節を後に置く。
belive in the truth of the theory:その説の真実性を信じる

   ☆

派生的な(?)接続詞

518
Every time:接

519
Now(that):接
have:助
seek:3
living:名

520
seeing that:接
at all:副
seems:2
to have:補語 3
to take:形→mind 3

521
lending:目 4
provided:接
pay:3
back:副

522
Even〜drunk:副詞節
granted that:接
be excused:-3

523
at all:副
for fear:接
for fear〜:副詞節
would:未来 時制の一致
take:×
take one to task:oneをとがめる

524
prepared:形容詞補語
in case:接
in case〜:副詞節
should:in case節,lest節で用いて「ひょっとして」

525
shall:意志未来
on condition that:接
on condition that〜:副詞節
a little:副→cheaper
cheaper:副→sell

526
resigned:1
on the ground that:接
on the ground that〜:副詞節
ill:形容詞補語

527
with the result that:接
with the result that〜:副詞節
fingerprints:主
found:分詞形容詞→fingerprints -3

528
married:1
directly:接
directly〜:副詞節

529
according as:接
according as〜:副詞節
commentの例文は、
whether〜poorが名詞節でaccoding toの目的語になって、
accoding to〜poorが副詞句としてseeを修飾している。

530
be taken:-×
take 〜 into account:を考慮に入れる
grow:2
in proportion as:接
in proportion as〜:副詞節
in proportion to:前
in proportion to〜:副詞句

531
shall:話し手の意志
want for:が足りない nothingが足りない=足りないものは何もない=不自由しない
as long as:接 時 する限りは
as long as I live:副詞節

532
may:許可
so long as:接 as long asと同じ 条件 さえすれば
so long as〜:副詞節

533
as far as:接 の及ぶ限りでは
as far as〜:副詞節
nothing:主
was to:助 可能
be seen:-3
but:前

534
indeed:副 実に 文末に用いられ、veryの意味を強める。
so far as:as far asと同じ
so far as S is concerned:Sに関する限り
so far as〜:副詞節


 9. 比較 535-581

原級

535
my〜:目
as:副→old
old:形容詞補語
as I as〜:副詞節→as
am:2 補語の省略
now:副
when〜:副詞節
came up:1

536
as:副→warm
as if〜:副詞節→as
were:仮定法過去

537
乗除アズアズ構文
Thanks to:前
become:2
as:副→long
long:形容詞補語
as before:副詞節→as 主語・動詞など省略されてbeforeだけ残った形

538
乗除アズアズ構文
as:副→populous
populous:形容詞補語
as New York:副詞句→as

539
as:副→good
good:形容詞補語
as any〜:副詞句→as
I have ever used:形容詞節
used:3

540
had better:助
as:副→many
newspapers:目
as you can:副詞節→as 成句
so that〜:副詞節
be left:-5
behind:前

541
extend A to 人:× A(親切や歓迎など)を人に示す
the japanexe extended to us:形容詞節→welcome
just:副 強調(とても)
as:副→wonderful 「was just as wonderful as Tokyo was wonderful」の後半が省略されている。
wonderful:形容詞補語

542
waited:副
as long as:前 〜もの長い間
for the bus:副→waited
to come:形容詞句→bus busが意味上の主語になる

543
I〜:目
look:3→age
about:副→same
the same A as B:Bと同じA
as:関係代名詞
as my sister:形容詞節→age asを前置詞として形容詞句としてもいい。

   ☆

否定

544
so:asとしてもいい soが使えるのは否定文だけ
as:前
that:=the climate
much:副→cooler
cooler:形容詞補語 than以下は省略

545
neither A nor B:AもBもない
have:3→money,friends
so:副→unhappy
as you think:副詞節
think:3 I am unhappy. と you think I am unhappy. の比較

546
is left:-3
so:副→vividly
vividly:副→is left
in our mind:副→is left
as:前
we〜:形容詞節
received:3

547
country:主
where〜:形容詞節→country
where:関係副詞
are read:-3
so:副→many
and:are read by so many people と can be bought so cheaply を接続
be bought:-3
so:副→cheaply
as in Japan:副詞節

548
not so much A as B:AというよりむしろB
achievement:名詞補語
achieving:動名詞 1

549
without so much as〜:〜さえしないで 動名詞を目的語に取る。

   ☆

比較級

550
two years:副詞的目的格→older
older:形容詞補語
than I am:副詞節→older
three centimeters:副詞的目的格→shorter

551
It:形式主語
better:形容詞補語
to read(二つとも):真主語
than〜:副詞節→better

552
Thanks to:前
it:それ
more:副→successful
successfull:形容詞補語
than〜:副詞節→more

553
knew better than to:成句

554
less:副→important
than it is now:副詞節→less
一つ目のit:=science
二つ目のit:形式主語
to leave:真主語 ×
leave A to B:AをBに任せる

555
less A than B:同一の人・物事の比較 AというよりむしろB
to discover and catalog:補語
dcuments:discoveとcatalogの目的語
than〜:副詞節→less
them:=documents

556
more:副→changeable
changeable:形容詞補語
than〜:副詞節→more

557
are:1
away from home:副
gives:4
more:形→pleasure
to receive:名詞的用法(受け取ること) 3

558
no more A than B:クジラ構文 B(がそうでない)と同様、Aでない
right:目
to say:形→right 3
to knock:形→(rightは省略されている)
him:another
down:副

559
not A any more than B:=no more A than B
are to:助動詞とするのが吉 義務

560
no more than:形容詞とするのが吉 たった

561
no less than:形容詞とするのが吉 も

562
not less than:形容詞とするのが吉 少なくとも

563
no less A than B:Bと同様にA
necessary:形容詞補語

564
A rather than B:BよりむしろA

565
would rather A than B:BするよりむしろAしたい
poor:形容詞補語

566
否定の副詞が文頭に出たことによる倒置
no sooner A than B:AするとすぐにBする
of tobacco , of gas:形→smell
not only A but (also) B:AばかりでなくBも

   ☆

567
the greater part of:形 数量・種類・様態+of は形容詞句になる
greater:漠然と程度の高いことを表す比較級(絶対比較級)

568
mountain area:名
fallen:1
more than:数詞の前で「〜以上」
fifty centimeters:副詞的目的格→deep
deep:副→fallen

569
more than:(名詞・形容詞・副詞・動詞 の前で)十二分に
favorable opinion:「良い評価」ぐらいに訳す
form favorable opinion:良い評価を形作る→信用する
they〜:形容詞節→opinion
formed:×

570
this year:副詞的目的格
are coming out:1
a little:副→later
later:副→are coming out
than usual:いつもより

571
比較級+and+比較級 で程度が増していくことを表す。
is becoming:2
smaller and smaller:形容詞補語

572
to enjoy:形→right 3

573

574
the 比較級,the 比較級:二つの動作や状態の比例関係を表す。
learn:1
realize:3→I don't know
want:3→to learn

575
larger:形容詞補語
island:主
longer:形容詞補語
is:2
shoreline:主

576
It:気温を漠然と表す
becomes:2
colder:形容詞補語
higher:副
climb:1

577
all the more A for B;BだからいっそうA
interesting:形容詞補語
close:形→resemblance 強調

578
「彼の欠点の分だけ愛する気持ちが減る」を否定

579
577のfor句がbecause節になった形
worked:1

   ☆

最上級

580
came up:1
I〜:形容詞節→day
had:3→day
since〜:副詞節

581
expected:3→we would have a warm January
would:時制の一致
hear:3→that〜
coldest:形容詞補語


 10.否定 582-608

582
expect:3→that節

583
expected:3→that節
would:時制の一致
turn:目 変化・転換

584
No amount of:形容詞とするのが吉。どんなに〜しても〜ない
Not all:notとallの組み合わせだからといって部分否定だとは限らない。
     これは全体否定。
makes:5

585
Little:名
is known:-3

586
It:形式主語
seems:1
that〜:真主語
few:形 加算名詞に用いる
come:2
to realize:補語 3
how〜:目 感嘆文の間接話法
is:2

587
was born:-3
so:副→poor
that〜:副詞節→so
hardly:副→any
any:形
hardly any:ほとんど〜ない

588
so:副→mild
mild:形容詞補語
that〜:副詞節→so
seldom:副 程度がわずか
even:副→in midsummer

589
no longer:形容詞とするのが吉。もやは〜ない
child:名詞補語
what you do:名詞節
do:3

590
Not:a fewを否定
a few:形
think:3→that節
foreign-made:形
ones:=articles
mede:過去分詞→ones -3

591
at all:否定の強調
beauty:名詞補語
certain:ある種の

592
in the least:否定の強調
surprised:形容詞補語
fully:副→expected 十分に
expected:1
as much:それくらい

593
not:he won't pass the examination の代わり

594
I don't love her.I don't love her even if she loves me.
even if〜:副詞節 譲歩

   ☆

部分否定

595
A large number of:形
are published:-3
every day:副詞的目的格
all:主

596
both:形
judging from:独立分詞構文
I have read:形容詞節→one
read:3
seems:2
promising:形

597
necessary:形容詞補語
always:副→easily 「例外なく」

598
necessarily:副→go together 「必ず」
go together:1

   ☆

二重否定

599
few:形→places
noted:形→places
which〜:形容詞節→places
yet:副→visited
visited:3→which

600
次の日も太陽が昇ることを神に感謝しないで、1日がすぎることはない。
not A but B 構文とは違うので注意
passes:1
but:従属接続詞
but〜:副詞節

601
NO〜so 〜 but:文語調で古いことわざに見られることが多い。ロイヤルp621
人は次の日も生きていられると思わないほど年をとることはない。
man:主 先行詞
so:副→old 程度
but:関係代名詞 主格
but〜:形容詞節→man
thinks:3→he〜
may:推量
live:1
another day:副詞的目的格

602
それによってますます良くなることなしに良書は読めない。
One:主 一般の「人」を示す。現代では堅い書き言葉に用いられる。we,youの方が口語的。ロイヤルp210
without:前
being:動名詞 2
the:副
better:形容詞補語
so much the better:ますます結構
One is so much the better for the good book.
人はその良書によってますます良くなる。
better:形容詞補語

603
Whoever:複合関係代名詞 主
Whoever studies hard:名詞節 主
cannot fail to:〜しないはずがない

604
彼女はその知らせを聞いて泣くこと以外に何もしなかった。
did:3→nothing
but:前
weep:原形不定詞 1

   ☆

否定語を用いない否定

605
allotted:過去分詞→room -×
anything but:(形容詞・名詞の前で用いて)少しも〜でない
was:2
anything:名詞補語

606
Far from:〜どころか
falling:動名詞 1
went:1
rising:動名詞

607
persons:名詞補語 to approve の意味上の主語
to apporove:形→persons 1
warlike:形

608
Present:形
short:形容詞補語
short of:〜に及ばない


 11.相関語句 609-626

609
::コロン 直前の語句の言い換えや説明に用いる。
one:主
other:主 livesは省略

610
prove:2 〜となる
to be:補語 2

611
;:セミコロン 二つの文を繋ぐ
to see:形 3→visitors

612
the+形容詞=名詞
ここでは「後者」「前者」
are apt to:成句
value:3→the latter
despise:3→former

613
It:形式主語
to own:真主語 3
quite:副→another 名詞を修飾する副詞
to use:形→another 3

614
Some:主
are called:-5
talkers:名詞補語
others:主 are calledは省略
listeners:名詞補語

   ☆

等位接続詞を含む相関語句

615
interesting,instructive:形容詞補語

616
at once 〜 and 〜:=both 〜 and 〜 「すぐに」「同時に」とは関係がない
lingest:形→railway
best:副→known
known:形→railway

617
It:天候を漠然と表す
get:2
cloudy,windy:形容詞補語
are:2
in full bloom:形容詞補語 inは状態を表す

618
一つ目のIt:天候を漠然と表す
warm,cold:形容詞補語
二つ目のIt:時を漠然と表す
ideal:形 理想的な
takeing:動名詞 3

619
that〜:名詞補語
record,art:名詞補語

620
fallen:2
ill:形容詞補語

621
It:形式主語
that〜idea:真主語
yours:主
afraid:形容詞補語 be+形容詞+名詞節
it:=the idea
hard:形容詞補語
to put:副→hard × put it into practice それを実行する
難易を表す補語を修飾する副詞用法のto不定詞の目的語はその文の主語になる。

622
Indeed:副 なるほど,確かに
lacking:形容詞補語
be lacking in:=lack(3) を欠いている

   ☆

623
because we were pleased with it:副詞節
because it was near the station:副詞節
was:1
near:前

624
to do:形→time 3

625
all over the world:副詞的目的格 世界中で

626
公式的に覚えるのが吉。


 12.前置詞 627-660

627
was born:-3

628
beginning:名

629
was leaving:未来の予定を表す進行形 1
      (「told」の時点では彼はまだ帰ってなくて、あくまでも「帰る予定」だった。)
told:4
that〜:名詞節
would:時制の一致
come again:1

630
one can learn in six months:形容詞節→thin
learn:3
I'm afraid not:I'm afraid that 〜 の省略

631
This morning:副詞的目的格

632
came:1
five minutes:副詞的目的格→behind the appointed time

633
keep:2
standing:現在分詞補語
with your eyes closed:付帯状況
closed:過去分詞 -3

634
we were aboard:形容詞節→plane
were:1
aboard:前 planeとweの間に省略されている関係代名詞がaboardの目的語になる。
was flying:1
Wake Island:名
at a height of:まとめて一つの前置詞とするのが吉。

635
Take:×
turning:名 角
go on:1 進み続ける
straight:副 まっすぐに
go straight on:まっすぐに進みつづける
three-story:形

636
business:用事
this morning:副詞的目的格

637
is:2
in his thirties:形容詞補語
looks:2
old:形容詞補語
for:〜の割には

638
another:形
foreign:形

639
二重前置詞
came out:1

640
二重前置詞
past:前
past eight:形→half

641
that〜:名詞節 that節を目的語にとれる前置詞はbut,except,in,saveなどに限られる。

642
every day:副詞的目的格
when it rains:名詞節
when:関係副詞
rains:1

   ☆

二語の群前置詞
一つの前置詞として捉える

643
According to:〜によれば
mountaineering,skiing:主

644
As for:〜について言えば
I had in my head:形容詞節→scheme
had:3
one:(〜な)もの
in oneself:それ自体は

645
So far:副 今のところ
as to:〜については
which〜:名詞節
which:関係形容詞
taken:3→route

646
Because of:〜のために Because 〜より堅い言い方。ロイヤルp670

647
Instead of:〜しないで
sending:動名詞 3
on 〜 behalf:副 〜の代理として
       〜の部分が代名詞ではなくて名詞なら、
       on hefalf of〜 となる。
in person:副 自分で

648
Thanks to:〜のおかげで
all:形→crew
were saved:-3

649
It:形式主語
is known:-3
that〜:真主語
up to:〜まで
Japan:主

   ☆

三語以上の群前置詞
一つの前置詞として捉える

650
part-time:形
high school:名
every evening:副詞的目的格
in addition to:〜に加えて
he does during the day:形容詞節→work
does:3

651
In case of:〜が起こったら

652
who〜:形容詞節→Mr.Clark
who:関係代名詞 主
the other day:副詞的目的格 先日

653
In spite of:〜にも関わらず
commodities:商品
still:副→high

654
It:形式主語
to try:真主語 3→to judge
to judge:目 ×

655
on account of:〜のために

656
With regard to:〜については
in question:形 問題の
in detail:副 詳細に
later:副 後で

657
used to:助
be:1
cherry tree:主
at the back of:〜の裏に

658
went over:1 渡る
for the purpose of:〜のために
studying:動名詞 3
medical science:目

659
Except in:二重前置詞なので、「in句を除いて」と考える
is allowed:-U
to enter:補語 3
building:名

660
with a view to:〜するために
promoting:動名詞 3
concerning:前


 13.疑問・感嘆 661-680

661
how〜:目
how:疑問副詞→high
high:形容詞補語
television tower:名
is:2

662
we must〜がthinkの目的語になっているわけではないので注意
What:疑問代名詞
do:3→What
in order to maintain:まとめて副詞的用法の不定詞句とするのが吉。 3→world peace

663
That:代名詞形容詞用法

664
相手に答えを求める疑問ではない。
Who:疑問代名詞 主
feeling:名

665
whom:疑問代名詞
get:5 使役
corrected:過去分詞補語 -3

666
I wonder what made him so angry then.
What:疑問代名詞 主
made:5
then:副

667
What do you say to:成句
making:動名詞 3
summer vacation:名

668
What:疑問代名詞 forの目的語

669
At what timeなら副詞句、what timeなら副詞的目的格
what:疑問形容詞
shall:単純未来 shall we 〜 で「〜することになるのでしょうか」。
    「しましょうか」とは違うので注意。

670
Which 疑問代名詞 likeの目的語
best:副

671
Where:leadで終われば疑問副詞、toが付けば疑問代名詞
lead:1

   ☆

疑問副詞

672
How do you find:成句 〜はどうですか(感想を求める)
washing machine:名

673
How about:成句 〜はどうですか(「提案」や「勧めること」を表す)
stopping:動名詞
stopping over:1
and:stopping over at Kyoto と doing the sights of the old capital を接続。
doing:動名詞 3
do the sights of:〜の見物をする

674
How:疑問副詞→much
much:形容詞補語
ia:2
handkerchief:主

675
How:疑問副詞→old
old:形容詞補語
were:2
you:主

676
How:疑問副詞→long
long:副→take
it:漠然と時間を表す

677
How:疑問副詞→far
far:副→is
is:1
it:漠然と距離を表す

678
How:疑問副詞→often
often:副詞→run
Every:形 〜ごとに

   ☆

感嘆文

679
What:形→pity
pity:名詞補語
it:形式主語
is:2
that you can't come:真主語

680
How:副→careless
careless:形容詞補語
are:2
to forget:副→careless 判断の根拠 3


 14.話法,etc. 681-700

681
told:4
bookstore keeper:目
that〜:目
would:時制の一致
to buy:副 3
that afternoon:副詞的目的格

682
saying:分詞構文 3→that〜
since:副

683
Last night:副詞的目的格
and:met John here と said〜afternoon を接続
this afternoon:副詞的目的格

684
As:接 時
was taking:×
take leave of:〜から離れる
would:単純未来 時制の一致
    commentのshall,will,shouldも単純未来。
to see:副→glad 3
again:副→see
before long:副→see

   ☆

685
asked:4
college student:目
if〜:目
meaning:名
be at a loss for:〜に詰まる

686
asked:4
who〜:目

687
was asked:-4
what〜:目
what:補語
intend:3→to be 〜するつもり
to be:目 2
when〜:副詞節

688
told:U
to cross:補語 3
against:前 〜に逆らって

689
asked:U
to come and see:補語 come 1 see 3
again:副→come and see
the next day:副詞的目的格

690
advised:U
to give:補語 3→smoking
up:副
smoking:動名詞 1

691
suggested:3→that〜
to her:副→suggested
go:提案・要求の他動詞の目的語となるthat節内なので、
  shouldがあってもなくても原形となる。
the following Sunday:副詞的目的格

   ☆

692
said:3→that〜
and:that the matter was urgent と that there was not a moment to lose を接続
to lose:形→moment 3→moment

693
said:3→that〜home
and:said〜home と asked〜yenを 接続
asked:4
if〜:目
lend:4

694
asked:4
if i was ready:目
adding:分詞構文 3→that〜
was waiting:1

   ☆

695
乗除アズアズ構文
would:推量
cost:1

696
go:1
to see:副→go 3
in the hospital:形→friend
every other day:副詞的目的格

697
stood:1 示す
three degrees:名
below zero:形→three degrees
this morning:副詞的目的格

698
situated:形容詞補語 ある
about:副→seventy five 名詞修飾
seventy five miles north of Tokyo:副詞的目的格

699
二つ目のthat:=the population

700
was beaten:-3

 

   HOME