岩国市(錦町)の滝

寂地峡・五龍の滝 (竜尾の滝・登竜の滝・白竜の滝・竜門の滝・竜頭の滝)
滝百選
岩国市(旧錦町)宇佐
落差(上から) 5+10M/8M/10M/15M/15M
MAP

登竜の滝
登竜の滝
竜頭の滝
竜頭の滝

山口県と広島県の県境に近い「寂地峡」にある5つの滝の総称で 山口県唯一の日本の滝100選。 
竜ヶ岳から流れ落ちる滝を 細くて急勾配の遊歩道をヒーヒーと登りながら鑑賞する、という趣向なんだが さすがに滝に乏しい山口県にありながら唯一 全国区の滝と言うだけあって なかなか壮観だ。

意外なことに山口県の滝に関して記した「防長四十八滝」には この滝は外されているんで 「マピオン」の滝特集による解説を引用すると
「五竜の滝とは、寂地峡を落ちる竜尾、登竜、白竜、竜門、竜頭という5つの滝の総称。この5つの滝が落差200mを連続して流れ落ちる。遊歩道を歩けば全ての滝を一時間以内で観ることができる。奇岩怪石があることでも有名。駐車場からは徒歩4分。」
・・・とのことだ。

わしがこの滝を拝んだのはHPを立ち上げて間もない頃だったし、当時はまだ「メガピクセル」という言葉も使われ始めたばかりで 80万画素のデジカメを買うのが精一杯だったんで 写真もたいした物が無い。

錦町はココ以外にも滝がゴロゴロあるし、どうしても萩からだと距離があるんでなかなか行くことも出来なかったんだが これからおいおいと訪問する機会を増やして写真も増やしてゆきたいと思っていたりするぞ。

関連記事


霧降の滝 

岩国市(旧錦町)大原
落差 24M,15M、26M
MAP

霧降の滝

錦町の大原地区には宇佐川をはじめとする いくつかの枝分かれの川があるが、そのうちの一つに掛かる滝で 山口県では比較的 形の良い部類に入る一品。県内の滝愛好家にはなかなか評判が良いらしいが 一般にはそれほど知られてない存在らしい。

実はこの滝に向かうルートは友人いしに連れてこられたんで 詳細な位置まではあんまり覚えていなかったりするが、資料に拠れば国道434号線から県道59号線に入り 小さな看板に書かれている方向へ約4キロちょい進むと滝つぼへ向かうケモノ道ルート入り口に到達するらしい。

この「川に下りるルート」というのがかなり曲者で 靴とか服装とか それなりの装備をしてないと危険かも。 山道は藪と崩れやすい土砂の連続で 赤いテープを目印にしても迷いやすいし 滝つぼ付近の岩はコケが生えていてズルズル滑る。 この川の手前の岩場で友人いしは足を滑らせて怪我をしてしまったんで そのまま病院に直行してしまったからな・・・
あと、季節を選ばないと マムシやクマの危険も十分に考えられるから なるべく単独行は避けたほうが良かろうな。

ちなみに その時はわしも下調べをしてなかったんで詳しくは知らなかったんだが この霧降の滝は「明滝」「暗滝」の2種と もう一本の滝が存在しているんだとか。 この写真の滝はメインの「明滝」だが ネットにある写真で見る限りでは「暗滝」も落差は少し短いものの、2条の綺麗な滝らしいんで コレも機会があれば再度挑戦したいと思っているぞ。

【追加情報 H18/05/06】

平成18年のGW、ネットで滝について情報を頂いているYさん・Aさんご夫婦(仮名)から「錦町の滝を見に行きましょう」という ありがたいお誘いを受けたんで ほいほいとお言葉に甘えることに。
このYさんAさんご夫婦は この滝コーナーやブログにもたまに名前が出て来るんだが、数年前から精力的に山口・九州・島根あたりの滝をご夫婦で回っておられて その博識ぶりには わしも頭が下がる思いがしているわけだ・・・
滝関連のサイトではちょっとした有名人らしく、ワシントンさんの観瀑記にも登場していたりする。 わしもワシントンさんのレポを読んだときには 「滝を見るためには ここまでしなきゃならんのか・・・」と ちょっと引いてしまった記憶があるんだが、滝見を一年くらいやっていると「そこまでしてでも観なきゃな・・・」と 若干考えが変わったのも事実だな。

で、今回の「錦町滝見ツアー」も レポ形式にしようかと思ったんだが、観てきたもの全部が初観賞ならそれも書きやすいんだが、今までの記事とダブる部分もあるんで「追記」という形で報告させてもらうぞ。(ちなみに今回 見てきた滝は この「霧降の滝」と「大原の無名滝」、「道立野・どうどうの滝」、「宇佐の無名滝」、「宇佐大滝」、「鳥越の滝」、「洞堂の滝」の7つ・・・だったかな?そんなもんだったと思うぞ)

で、今回 久しぶりに「霧降の滝」にやって来たんだが、前回は道ばたに掲げられた案内板が 斜面の崩壊で消滅して わかりにくい入り口がさらに判りにくくなっていたな・・・これじゃ「ちょっと見に行こうか」という軽い気持ちでやってくる人には 到底たどり着けまい。 さらに崩れやすく危険だったケモノミチは崩壊が進んでいて 危険度がますますアップしていたな・・・そのかわり 前回は存在すら知らなかった「暗滝上流の滝」が藪越しに道から見えるようになっていたけど。

霧降の滝これが「暗滝」

実際は上の「明滝」のすぐ近くにあるんだが、岩陰に隠れていて前回は全く気付かなかったぞ。存在も知らなかったし。
(て、いうか 一緒に行った友人いしが足を滑らせて負傷したんで 明滝の写真を撮ったら早々に引き上げてしまったからな・・・)

滝の落ち口付近に岩が飛び出ている関係で 流れが2条になっている 実に趣のある滝だ。
暗滝これが暗滝上流の第三の滝。位置関係が良くわかんないが、防長48滝では

「3滝のうち2滝は和名尾滝にあり、下滝は22Mある。もう一つは大原川と後川の合流地点にあって落差は26M」
と書かれており その本の巻末のデータベースには

「明滝1(24M) 明滝2(15M) 暗滝(26M)」

と ある。 サイトによっては「暗滝1・2」という表記があったりするが これは「明滝2」になるのかも知れないな・・・違うかもしれんが。

明滝のメインは「見返り美人のような滝」ということで 一番上の写真で間違いないと思うが ちょっと暗滝については良くわかんないぞ。なんか過去に「暗滝・明滝」の他に この滝に関しては別のちゃんとした名前が付いていたのを見たような記憶もオボロゲながらあるんだが・・・

ちなみに この滝に関しては 崖の崩落で道路からもかすかに見えるようにはなったんだが、アプローチするには 衝立状に立って人の接近を拒んでいる崖の急斜面を乗り越えなくてはならないので ロープは必須。
霧降の滝へのアプローチ

←第三の滝に近づくためにロープを使って急斜面をホイホイと降りていくAさん。角度は垂直に近いぞ。

わしはこの姿を見て若干 我が目を疑ったが・・・いやいや、日本のご婦人は元気じゃのぅ・・・・(´ー`)

真琴の滝 

玖珂郡錦町大字宇佐
落差 11M
MAP

真琴の滝

宇佐、高根地区の住宅地の路地を入ったところにある滝。民家と民家の間に落ちているんだが 上部に何やらタンクみたいなものが見えるし 正面にはコンクリの人工物もあったりして趣は皆無。
良い名前が付いているんで 昔はそれなりに人との関わりがあったと思うんだが、時代とともに埋もれていく滝もある、ってことだろうな・・・


滝のトップページに戻る

山口の滝トップへ

全国の滝トップへ


TRADEMARK HCFM