BANSA JH1BAN 

  藤村有弘氏 (BANSA バンサ)

     昭和9年3月6日生 昭和57年3月16日逝く (享年48歳)

 東京神田三崎町に生まれ児童劇団(NHKラジオ 鐘の鳴る丘 三太物語 等に出演 )を経て、千葉信男に師事、石原裕次郎、小林旭、宍戸錠、二谷英明、赤木圭一郎らとともに日活黄金期(国籍不明な外国人役等)をささえ、各社の映画出演。テレビ、ラジオ、のドラマやバラエティ番組に出演。(特に昭和39年から5年間NHK人形劇ひょっこりひょうたん島のドン・ガバチョの声) あやしい言葉(中国語韓国語フランス語イタリア語ロシア語メディアプレ−ヤ−で聴くことが出来ます)をあやつることなどで活躍 。実際には、英語、スペイン語、はできましたが。

                                    

 BANSAとよばれるようになったのは、子供のころよりSWL(短波ラジオ受信)をやっていて、日活時代にSWLで聞き覚えた東南アジア方面の現地語の言葉じりに、なになにバンサバンサと聞こえるのをまねているうちにニックネ−ムとなったようです。

 残念ですが48歳の若さで、糖尿病及び合併症により帰らぬ人となりました。

 現在は、三ノ輪方面のお寺に眠っています。

  ↑TORNA↑  AVANTI→