キャッシングって何?カードローンとは違うの?

キャッシングって何?カードローンとは違うの?

キャッシングって何?カードローンとは違うの?

現金を貸してもらうことを主に「融資」と呼んでいますが、融資商品の中には「キャッシング」「カードローン」などがあります。私はよくキャッシングを利用するのですが、キャッシングって何だかご存知ですか?また、キャッシングとカードローンの違いを聞いたことがありますか?

キャッシングとは、前述したように現金を借入れすることですが、一般的に消費者金融でお金を借りることをキャッシングと言っています。プロミスやアコム、レイクなどが消費者金融の代表的存在と言えますが、それら消費者金融での借入がキャッシングと考えて間違いありません。

こちら

ポイントは、借入先ではなく現金融資を受けることと覚えておきましょう。

しかし、キャッシングと並んで人気が高いのがカードローンですが、カードローンも現金融資の一種であり、実はキャッシングと大きな差はありません。キャッシングすることをあえてカードローンと呼んでいる消費者金融会社又はその他金融会社がありますが、それは過去の悪いイメージを払拭するための手段に過ぎず、基本的にはキャッシングもカードローンも現金融資の一種です。

ただし、キャッシングとカードローンでは返済方法が異なる場合がありますし、その他の面でも若干違いを設けている金融会社もあるようです。

こちら

ですから、キャッシングとカードローンの仕組みは基本的に同じ現金融資ですが、細かな手続きの部分で違いがある場合があると思っておけば良いようです。実際に借入する時に、詳細を会社に尋ねれば大きな問題はないでしょう。

キャッシングの仕組みや利用方法について

キャッシングというのは、お金を借りることができるサービスのことをいいます。仕組みとしてはキャッシングのサービスを提供している金融機関へ申し込みをし、そのあと審査に通ることができればお金を借りることができます。

こちら

借りたお金は金融機関が指定する方法で返済していくことになります。

利率というものがあり、利率が高いと発生する利息も高くなります。そのため利率は高額借りたり、長期に渡って借りる人ほど重要視する必要があります。ただし人によっては利率よりも審査の通りやすさに着目することがあります。審査に通らなかった場合は、お金を借りることができないというのが主な理由です。

最近はキャッシングを比較しているサイトもあるので、利率や審査の通りやすさはそちらから調べることができます。

こちら

総じてパソコン、タブレットなどがあれば情報を集めることは簡単です。

申し込みの方法は金融機関によって違いがあることもありますが、大抵は窓口、自動契約機、電話、その金融機関のホームページからできます。電話は受付の者が女性であるところが多い傾向にあります。

利率は一定の期間内であれば発生しない金融機関もあります。すぐにお金を返せる場合に、そういった金融機関は利用価値が高いです。

返済方法はそれぞれ違いがあり、ホームページで把握できます。最近はコンビニエンスストアやインターネットバンキングから返済できるところが多く、利用は従来よりもしやすいといえます。

1
2
3

サラ金自動契約機


  次のページへ>>