豊臣秀吉像 平成18年4月8日

豊臣秀吉 とよとみ・ひでよし

天文6年2月6日(1537年3月17日)〜慶長3年8月18日(1598年9月18日)

滋賀県長浜市・JR長浜駅前でお会いしました。


尾張国愛智郡中村生まれ。
百姓・弥右衛門の子。
尾張を出て、松下之綱に仕えた後、織田信長に仕える。
はじめは木下藤吉郎と名乗る。
信長入京後は京都の民政に当たり、天正元年(1573年)、北近江の長浜城主となる。
この頃から羽柴姓を用いる。
天正4年(1577年)10月から中国攻めに従事。
天正10年(1582年)6月、本能寺の変に接し、毛利輝元と急ぎ和睦して、山崎の戦で明智光秀を倒す。
天正11年(1583年)4月、柴田勝家を賤ヶ岳しずがたけの戦で破り、信長の後継者の地位を固め、大坂城を本拠地とした。
天正12年(1584年)、小牧・長久手の戦を経て徳川家康を臣従させる。
天正13年(1585年)、関白に、翌年には太政大臣となり、豊臣姓を受ける。
天正18年(1590年)、四国・九州に続き関東・奥羽を服従させ、全国を統一。
文禄元年(1592年)からは「征明」を意図して朝鮮に出兵(文禄・慶長の役)したが、朝鮮水軍の抵抗に苦戦するなか、慶長3年(1598年)8月に死去する。62歳。


出会いの像


秀吉公と石田三成公・出会いの像
(滋賀県長浜市・JR長浜駅前)

昭和56年9月吉日
寄贈 長浜金融協議会
制作者 山口良定


(平成18年4月8日)

秀吉公と石田三成公 出会いの像

長浜城主の羽柴秀吉公は、鷹狩の途中に観音寺(米原市朝日町)へ立ち寄りました。
汗をかいた様子の秀吉公を見た寺小姓の佐吉少年は、大きな茶碗にぬるいお茶をなみなみと持ってきました。
秀吉公がもう一杯頼むと、少年は先ほどよりも少し熱いお茶を、茶碗に半分ほど差し出しました。
そこで秀吉公は、さらに一杯所望したところ、今度は小さな茶碗に熱いお茶を入れて出しました。
秀吉公は、茶の入れ方ひとつにも気を配る佐吉少年を気に入り、召し抱えました。
この少年が後の石田三成公で、この話は「三献の茶」として、今も語り継がれています。
三成公は、ここから5キロメートル東の長浜市石田町の土豪の子として生まれ、今も出生地辺りには官名にちなんだ治部という小字が残っています。
また観音寺には、茶の水を汲んだと伝わる井戸が残されています。

昭和59年(1984)

(説明板より)

豊臣秀吉像 平成18年4月8日 

滋賀県長浜市・長浜城でお会いしました。

豊臣秀吉像

関白太政大臣 豊臣秀吉之像
(滋賀県長浜市・長浜城天守閣跡)

京都
三和梵鐘株式会社 謹鋳
社長 山本日淳
工場長 小椋義一
      山田正次

(平成18年4月8日)

趣意書

剛勇大胆天下統一ノ勇将博愛仁慈殖産興業ニ意ヲ用ヒシ名君豊太閤去リテ正ニ三百七十三年其ノ広大深遠ナル精神ハ曽テ長浜城主トシテ永久ニ長浜市民ノ心ヲ感動セシメテ止マズ今茲ニ古松聳エル城跡ヲ相思豊公ノ像ヲ建テ以テ其ノ偉大ナル無限ノ恩徳ヲ謝セントス

昭和46年3月吉日
寄贈 長浜市 平井繁治郎

(銘板より)


豊国神社
豊国神社
(滋賀県長浜市南呉服町2−4)

御祭神
豊臣秀吉公
加藤虎之助清正
八重事代主命えびす宮
木村長門守重成公


(平成18年4月8日)

由緒

太閤さんは、天正2年(1574)の春から長浜城の建築と商家の町並み造りに着手されました。
その後、約10年のあいだ長浜町に善政を施され、大阪や京都に移住されてからも長浜町民との交流は絶える事なく続いていました。
この現われが天正19年に公布された『三百石の地租税免除』の朱印状で、幕末まで大きな恩典になりました。
太閤さんが、慶長3年(1598)8月18日に伏見城で逝去されますと、長浜町民は京都の豊国廟にならって逸早く豊國神社を建立しました。
ところが徳川幕府の政権下では、太閤さんを神格化することは許されず、豊國神社は京都と共に取り壊されました。
それ以来、町役人十人衆が太閤さんの御神像を各家庭に隠してお祀りしていましたが、一計を案じて寛政5年(1793)に彦根藩へ『えびす宮』を建立する許可を願い出て一社を建立、太閤さんを裏に隠してお祀りました。
これが『十日戎』の始まりです。
弘化3年(1846)になりますと、太閤さんの恩徳を町民に布撫するために又々一計を練り、豊臣家の一字をとり『豊神社』と書いて『みのり神社』と呼んでいました。
その名残が東の外堀に架かる『みのり橋』です。
明治維新が過ぎ、大正9年(1920)に天下晴れて『豊國神社』と名乗れるようになりますと、太閤さんをお祭りする行事が市民挙げて盛大になりました。
太閤さんの御神霊が不運だった江戸時代に、長浜の先人の発想により前立ち神になって戴いた恵比寿神の祭典も盛大に行っています。
合祀神の木村長門守公は豊臣秀頼公を最後まで守護した人、加藤清正公は太閤さんの腹心の部下であった所以による神々です。

(『豊国神社』のリーフレットより)

豊臣秀吉像 平成20年6月17日

大阪府大阪市・大阪城でお会いしました。

豊臣秀吉公像

豊臣秀吉公


奉納
マルイト 創業70周年記念 木下家
平成18年
名誉宮司 角 正徳
宮司    角 正宣
制作    中村晋也

(平成20年6月17日)
豊国神社




豊国神社





(平成20年6月17日)

豊國神社の由来

当豊國神社は「豊臣秀吉公」「豊臣秀頼公」「豊臣秀長卿」を奉祀する神社である。
明治元年、明治天皇が大阪に行幸になった砌、国家の為に大勲労のあった豊太閤を、この大阪の清浄な地に奉祀する様にと仰せ出されたので、種々熟議の結果、明治6年に京都の阿弥院峯墓前を本社として社殿を造営、大阪には別格官幣社豊國神社の別社として中之島字山崎の鼻(現在の中央公会堂の地点)に、明治12年11月に創立されたのである。
大正元年府立図書館の西方の公園内に移転し大正10年に別社から独立して府社に列せられたが、昭和20年終戦と共に社格が廃止されたので、現在宗教法人となって神社本庁所属の神社となる。
昭和10年頃より大阪市の発展に伴い市庁舎増築に必要の為、隣接する当神社の移転の議が起こったが、太平洋戦争に突入した為、移転の件は一時沙汰止みとなった。
その後昭和31年大阪市より神社移転の要望が再開されたので、祭神に縁のある大阪城内を移転地と決定、昭和36年1月中之島より奉遷したのが現在の神域である。
ここ大阪城跡は、かの有名な石山合戦で石山本願寺の宗徒が織田信長の鋭鋒に抗して前後11年の長きに亘り、さすがの信長も朝廷の斡旋により和睦をとり結ぶのやむなきに至ったほどの要害堅固な土地である。
因って後年秀吉が天下を平定し、己が居城を築くにあたりこの石山の地を要所と選び、天正11年に築城を始め、天正15年に築き終えた曽ての名城も、元和元年大阪夏の陣に破れ、僅か2代で32年のはかない存在であったが、御祭神には最も因縁の深い所で、奉祀するのに最適の神域である。

(『参拝のしおり』より)


年表
1537年 天文 6年 貧しい百姓の子として生れる。
1558年 永禄 1年 織田信長に草履取りとして仕える。
1560年 永禄 3年 桶狭間の戦いに参戦。
1561年 永禄 4年 おねと結婚。
1562年 永禄 5年 足軽百人組の頭となる。
1566年 永禄 9年 墨俣城を築く。
1570年 元亀 1年 姉川の戦い。
1573年 天正 1年 浅井・朝倉氏攻略。
浅井氏旧領・江北三郡を与えられる。
1574年 天正 2年 近江長浜城に入る。
1575年 天正 3年 長篠の戦いに参戦。
1580年 天正 8年 播州三木城を落とす。
1582年 天正10年 備中高松城水攻め。
本能寺の変。
明智光秀を討つ。
1583年 天正11年 賤ケ岳の戦い。
柴田勝家を破る。
1584年 天正12年 小牧・長久手の戦い。
1585年 天正13年 富山に入り佐々成政を降伏させる。
関白となり豊臣姓を名乗る。
1587年 天正15年 九州征討。
1590年 天正18年 北条氏を降伏させる。
1592年 文禄 1年 朝鮮出兵。
1593年 文禄 2年 秀頼誕生。
1598年 慶長 3年 伏見城内で没す。

(平成18年7月30日追記)


妙顕寺城跡の碑



『豊臣秀吉妙顕寺城跡』の碑

(京都市中京区押小路通小川西入北側)





(平成19年3月17日)
妙顕寺城跡


豊臣秀吉妙顕寺城跡

(京都市中京区小川通二条下ル古城町)

「古城町」は「妙顕寺城」に因んで付けられた町名だという。


(平成19年3月17日)

豊臣秀吉妙顕寺城跡

この付近は、豊臣秀吉の妙顕寺城の故地である。
妙顕寺とは、鎌倉後期、日像がはじめて京都に建立した日蓮宗寺院であり、たびたび場所は移ったが、戦国時代にはこの地にあった。
天正11(1583)年9月、豊臣秀吉は寺を小川寺ノ内に移転させて、あとに二条新邸を構築し、天正14年聚楽第を造るまで、京都の政庁とした。
建物の姿は詳しくはわからないが、周囲に堀をめぐらし、天主をあげていたという。
したがって、屋敷というより城と呼ぶにふさわしいといえよう。
平素は前田玄以が居住して京都の政務にあたり、秀吉が上洛すると、ここが宿舎となった。
豊臣秀吉が次第に天下を握ってゆく間の、重要な政治的拠点であった。
現在、城跡はしのぶべくもないが、古城町という町名となって、よすがを伝えている。

京都市

(説明板より)


正室

おね北政所きたのまんどころ
永禄4年(1561年)14歳の時に秀吉(25歳)に嫁ぐ。

側室

茶々ちゃちゃ淀殿よどどの
浅井長政と、お市いちの方(織田信長の妹)との間に生まれた三姉妹の長女。秀頼を生む。

松の方殿
京極高次の妹。

(平成18年8月14日追記)


豊臣家墓所


豊臣家墓所
(和歌山県伊都郡高野町・高野山奥の院)




(平成21年4月9日)

 (関連商品のご紹介)

豊臣秀吉  太閤



 トップページに戻る   銅像のリストに戻る