ホセ・リサールの記念館

(マニラ)


5月8日

8時にドミンとステラさんが迎えに来てくれました。
日本に帰る前に、ホセ・リサールの記念館を訪問したかったので、案内をお願いしておいたのです。

フォートサンチャゴ フォート・サンチャゴ
(Fort Santiago)

スペイン統治時代の要塞です。
入場券の説明文
FortSantiago, a 16th century military defense structure,stands witness to the valor and heroism of the Filipino through the centuries.
Adaptive use of this famous historical landmark makes certain areas ideal for open air theater,picnics,and promenades.
The Intramuros Visitors Center gives an overview of various attractions in the Walled City. 

ホセ・リサール像 ホセ・リサール像

ホセ・リサールという人は、フィリピンの国民的英雄です。
彼は医者ですが、スペインの圧制に対して国民の生活向上を求めた革命家であり独立革命運動の志士。
志半ばでスペイン軍により処刑されました。

ホセ・リサール記念館 ホセ・リサール記念館

フォート・サンチャゴの中にあります。
館内の撮影は禁止。
遺品等の展示がされています。
日本語の説明文、解説本等はありません。

まだ朝9時だというのに猛暑!
真っ先にドミンの姿が消えて、続いてステラさんの姿が消えました!
二人ともどこかに避難してしまったようです。
私は炎天下の中をブラブラ・・・・

城壁から見た景色 城壁から見た景色

フォート・サンチャゴの城壁から見た景色です。
川の向こうに霞んで見える橋が「バンザイ橋」だそうで、日本軍がマニラを占領した時に、この橋の上で万歳を叫んだので、「バンザイ橋」と名づけられたのだとか・・・

さて、二人はどこへ行ったのやら・・・
フォート・サンチャゴの城壁から出てきたら、外の公園の木の下で涼んでいました。
多分、呆れてただろうなぁ〜

さて、見学も終えたので、タクシーを捕まえてホテルへ。
途中の城壁のところに日本軍の大砲があるというので立ち寄りました。

日本軍の砲 日本軍の大砲。

場所は知りません。
イントラムロスとかって言ってたけど・・・ここはどこ?
鉄扉で閉ざされていて中には入れませんでした。
マニラ防衛の部隊が使っていた砲だという話でした。

さて、ホテルに一旦戻って帰国の準備。
外出中、私の部屋には入るなとボーイに言って出かけたのですが・・・・
さて、どうなってるか、少々心配。
帰国直前に何か盗まれたら最悪ですからね。
戻ってくるなり、ボーイが「ミスタ〜!部屋には入ってないからね!」と吹っ飛んできた。
もう、可笑しくて笑ってしまいました。


11時にチエックアウト。
昨年同様、古い空港から帰国です。
さて〜どうやって飛行機に乗ったんだっけ。
1年前のことを思い出しながらチェックイン。
無事に午後2時20分発のJAL742便で帰国したのでありました。

―終り―



 トップページに戻る   旅日記に戻る