工兵第15大隊


豊橋工兵隊の跡の碑



「豊橋工兵隊の跡」の碑

(愛知県豊橋市・向山むかいやま緑地内)




(平成17年4月2日)

碑文

この地にやしなわれ鍛えられた多くの生命は明治大正昭和にわたる祖国の前進の歴史のなかであるいは遠く戦野にたおれあるいは故郷の山河に眠り今は亡い幾万の人々の消えることのない魂の記憶がこの地に眠る
明治41年工兵第15大隊がここに創設され大正14年その廃止に伴って名古屋にあった工兵第3大隊が移転し支那事変大東亜戦争中は工兵第3連隊補充隊として五十有余の外地派遣部隊の編成補充に当った
寒風に身をさらして円匙と十字鍬をふるい豊川の清流に鉄舟を競いあるいは炎熱肌を焼く高師天伯の原野に汗した私たちの青春の日の思い出は生ある限りこの台上にとどまる
今は亡き戦友を偲び私たちの祖国に捧げられた若き日のいのちを永久にとどめるためこの思い出の台上につどいこの碑を建てる

昭和42年5月5日
豊橋工兵隊記念碑建設委員会

向山緑地内の豊橋工兵隊の碑 向山緑地内の豊橋工兵隊の碑

トーチカ 碑の台座はトーチカです。

平和の塔


平和の塔
(愛知県豊橋市・向山緑地内)

豊橋工兵隊の碑の、すぐ近くに建っています。



(平成17年4月2日)

平和の塔

この塔は、日清戦争以後の幾たびかの戦いに、祖国の勝利と繁栄を信じて尊い生命を捧げられた戦没者と空襲などによる犠牲者を追悼し、ひたすら世界の恒久平和を念願し、再び戦争の惨禍を繰り返さないよう平和の祈りを込め、昭和40年9月終戦20周年記念事業として、豊橋市平和の塔建設奉賛会を組織し広く市民の協力を得て建立し、今回終戦50周年を期して一部補修したものであります。

平成7年8月吉日(1995年)
豊橋市


 (関連商品のご紹介)



 トップページに戻る   陸海軍部隊のリストに戻る