鎌田武像 平成16年11月21日

鎌田武 かまた・たけし

島根県松江市・島根県立松江工業高校でお会いしました。


鎌田武先生像



鎌田武先生像
(島根県立松江工業高校)




(平成16年11月21日)

碑文

鎌田武先生は福岡県に生まれ昭和15年島根県立工業学校修道館第4代校長として着任され以来15年間現在充実をその信条とし強く創意の開発を奨励して大いに工業教育の振興に努められた
ことに第2次大戦後の混迷時にあっては工業立国を信念として工業教育の重大性を強調し大正町校地は拡大の余地なきを憂いいち早くこの地の開放に着目しあらゆる困難を克服してその獲得と移転の実現に渾身の努力をされた
おもうに明治40年南田町に誕生したわが校は同地に12年大正町に29年の歴史を経て昭和23年5月現地に移りいよいよ将来発展の基盤を固めるに至った
今や校舎の新築ほとんど竣り広闊な学園の偉容を仰ぎその人間形成に資すること極めて大なるを想う
ここに先生の胸像を建立して永く徳風を偲び偉業を顕彰しいささかわれら敬慕の誠を捧げんとするものである

昭和40年11月29日
島根県立松江工業高等学校
鎌田武先生胸像建設期成同盟会 会長飯塚源吉



 トップページに戻る   銅像のリストに戻る