===========================================
■Rocket Type□
〜ゴッドハンドのお供に〜

Version 1.3

作者/へこ  種別/フリーウェア
===========================================

概要

ロケットを効率良く軌道周回速度へ到達させる方法の1つ…それは『多段式』にする事です。これはタイピング、特にテープ起こし等の速度を必要とする場合にも言える事ではないか?…そんな発想を元にこのソフトを作ってみました。

例えばテープ起こしの際、いちいち打ち込んだ文章を逐次変換していては効率が悪い。どうせ元ソースは“音”なのだから、初めは全て無変換で仮名のまま打ち込み続け、後でまとめて変換すれば良いのではないか?細かい喋りのニュアンスが失われるというなら、変換時もテープを聞きながらやれば良い…。つまり打ち込みが多段式タイピングの1段目、変換が2段目だ。

ところが日本語変換ソフト(MS-IME等)には一度に打ち込める量の限界があり、適当な所で[Enter]を押して確定しなければならない。その度に指がホームポジションから微妙に離れてしまう…。もしこの動作が無くて済めば、より打ち込みの効率が上がるのではないだろうか?

──というわけで、このソフトは主にテープ起こし等のスピードタイピングを少しだけ補佐する為の物です。ちなみに作者自身はあまりそういう作業をしないので、本当に役に立つのかどうかは未知数です(^^;

インストール

 解凍して出来たファイル群を任意のディレクトリに置くだけです。
必要に応じて、お好きな場所にRocketType.exeのショートカットを作成して下さい。

使い方

起動
RocketType.exeを起動するとタスクトレイに常駐し、キーボードを監視します。

自動無変換確定機能
このソフトの基本機能です。
タイピング中に[、(読点)]または[。(句点)]キーが押されると、自動的に[Enter]キーイベントを発行します。
つまり文中に句読点がある度に、自動で無変換確定してしまうわけです。
IMEがOFFの時にはこの機能は働きません。(※IMEが検出されない場合は作動状態になります)

再変換モード
ロケットタイピングの2段目、即ち『後から一括再変換』作業を支援する機能です。
タイピング中に[Alt]+[↓]が押された場合は[再変換]
[Alt]+[↑]が押された場合は[Enter]キーのイベントを自動的に発行します。
つまり[Alt]+[↓]で再変換開始、[Alt]+[↑]で確定する事になります。
本来一括再変換には[Shift][↑↓←→][再変換][Enter]等を駆使する必要があるわけですが、
この機能を使えば[Shift][Alt][↑↓←→]だけで済み、手の位置を変えずに楽に作業が出来ます。
ただし[Alt]が絡んでいるせいか、この機能はかなりエディタを選んでしまうかもしれません。
とりあえず、メモ帳では動いてます…(^^;

メニュー
タスクトレイアイコンを右クリックすると、下図のようなメニューが出ます。
  
『機能一時停止』
  全ての機能を一時停止します。
『再変換モード』
  通常の動作をやめ、再変換モードに移ります。
『設定』
  設定画面を出します。詳細は次項。
『終了』
  ソフトの常駐を終了します。
設定画面
各種オプションを設定できます。
  
『待機時間』
 キー入力検知ループに挿まれる待ち時間です。数字を大きくするほどCPUにかかる負担は減りますが、検知漏れは増えます。環境に合わせて1〜99の範囲で調整して下さい(普通はデフォルトで大丈夫だと思います)。
『IMEがオフの時にも作動する』
 MS-IME以外の日本語変換ソフトを使っている場合のオプションです(ソフト側からはおそらくMS-IMEのオン/オフしか判別できていないと思うので…)。
『[Enter]押下時、確定+改行する』
 [Enter]で確定した時に、確定に加えて改行まで行われます(なんでもない時に押せばダブル改行になります)。
『親指シフトモード』
 親指シフトタイピングの環境([Q][@]キーが句読点)に合わせた動作をします。

以降はローマ字入力時用。親指シフトモード時は無効になります。

『[。(句点)]押下時、確定+改行する』
 文末に自動的に改行が入るようになります。
『[;(セミコロン)]を[Enter]代わりにする』
 [Enter]と同様、[;(セミコロン)]でも確定出来るようになります。ホームポジション内にあるので楽です。
『Shift無しの[:(コロン)]を!にする』
 [:(コロン)]単体押しでを入力し、更に無変換確定します。
『Shift無しの[@]を[そのまま/?/ー]に』
 [@]単体押しでまたはー(伸音)を入力し、更に無変換確定します。
『Shift無しの[/(スラッシュ)]を[そのまま/?/ー]に』
 [/(スラッシュ)]単体押しで以下同上。
注意
技術不足の為、時々キー入力の検知漏れや変換漏れが起こる事があります。待機時間を最小にしても完全に無くなる保証はありませんのでご了承下さい。特に『Shift無しのxxxをxxxに』系はレスポンスが悪いです。実験的に付けたおまけのような物だと思って下さい(^^;

アンインストール
 フォルダごと削除して下さい。レジストリは使用していません。

免責事項
 このソフトの使用により生じたいかなる問題に対しても、作者は一切の責任を負いません。自己責任でお願いします。また、ユーザーに対するサポートの義務もありません。

謝辞
・本ソフトは『Hot Soup Processor 2.6』を使って製作しました。
  ONION software
   http://www.onionsoft.net/

転載条件
 改変不可・事後連絡推奨。

動作確認環境
 OS
   Windows98SE
 機種
   DOS/V互換機
 アプリケーション
   メモ帳

連絡
 バグの報告や、作者が有意義と思う要望には出来るだけ対応したいと思います。下記のアドレスへご意見・感想などメールしていただけると幸いです。
  bakrez@mx12.freecom.ne.jp
 サイトはこちら。
  hecomi.com

更新履歴

Version 1.3 (2006/10/17)
 ・設定画面の表記を細かく変更。
 ・設定画面のチェックボックスとボタンをフラットスタイルにした。
 ・『親指シフトモード』を追加。
 ・『Shift無しの[@]を?に』を『Shift無しの[@]を[そのまま/?/ー]に』に変更。
 ・『Shift無しの[/(スラッシュ)]を[そのまま/?/ー]に』を追加。
 ・メニューから『キャンセル』を削除。

Version 1.2 (2005/3/19)
 ・『再変換モード』を追加。
 ・タスクトレイアイコン画像をexeに内蔵。

Version 1.1 (2005/2/18)
 ・タスクトレイメニューを追加。
 ・『機能一時停止』を追加。
 ・設定画面を追加。
 ・その他色々オプション追加。

Version 1.0 (2005/2/14)
 ・とりあえずの初号完成。タスクトレイ常駐と[、] [。]の自動無変換確定機能のみ搭載。