求人転職とは

面接

無事に書類選考を通過したら、いよいよ面接です。ただでさえ緊張しがちな面接の場ですから、 万全の準備をした状態で臨みたいものです。 書類のうえで豊富な経験・高いスキルを誇っていても、 面接の場でそれが伝わらなければ意味がありません。

ツボをおさえたコミュニケーションをとるためにも、 面接官が聞きたいこと・見たいポイントを勉強しておきましょう。 面接五訓なるものもあるので、チェックしてください。

1.まず面接の流れをおさえておく
実際の面接はどのように進むものなのか?面接初心者の方はもちろん、すでに面接の経験をお持ちの方も、おさらいの意味でもう一度確認しておきましょう。

2. 面接に向けたマナーをおさらいしておく
いざ書類選考を通過し、面接に臨む際につまずかないためにも、事前に面接に向けたマナーや注意点をおさえておくことをおすすめします。面接官に「会った瞬間イエローカード!」などと思われないようにしましょう!

3. 面接の基本・面接官の見るポイントを知る
どのような企業、どのような職種を受けるにしても、おさえておくべき面接の基本というのはあるものです。また、どのようなところで面接官が合格・不合格を判断するか知っておくことで、より効果的なアピールができるでしょう。「面接官はこれを知りたがっている!」ということを知っておけば有利なはずです!

4. 面接でよくある質問をおさえておく
面接での質問は企業や面接官によってケース・バイ・ケースであり、「台本どおり」の返答はマイナス評価になりがち…、とは言っても、やはり事前にどのような質問があるのかを知り、「自分ならどう答えるか?」など、考えをまとめておくことは大切です。