バンゴーB
(Bang-O-B)


こちらはバンゴーBシリーズの部屋になります。

上記はBO3、つまりシャローリップを持った3インチのサイズで写真のものは初期の全真鍮物となります。1978年〜。
後にラウンドリップになりリグもステンレスワイヤー&ヒートンとなります。
背中にBO3と入った物やお腹に斜体の新ロゴのbagleysが入ったものは90年代に発売された物になります。
近年、OFTから出ていたオリジナルの物には同じ仕様なのにBassi'n minnowと名前が変わって出回っていました。
あの辺はどういう経緯なのか良くわかりません。。

このルアーはとても大きなクネクネアクションを見せるので魚が感じる"波動"という点では大きな効果があると思うのです。
ただ、細身ゆえ少し軽いのが難点であります。。


そしてこちらがDBO3つまり最初の写真の物のディープ版にあたります。
早巻きしても安定していてイイ感じのルアーっす(^ ^)

色は上からBN, LB9, LB4 (LBはリトルバスを意味し
数字の9はチャートリュース、4はホワイトを意味します。)

そんでもってさらにシンキングタイプのSDBO3もあります。
上の写真のようにリップの先端に"S"と入っているので一目瞭然!ナイス!間違えない!
のちに真鍮物リップでは無くなってしまったバンゴーBにはシンキングは存在しないようです。
やっぱりSの字を印字する作業工程が1つ多いのとシンキングゆえ、あんまり売れなかったんだろうな〜
左の写真はオイラの持ち物じゃありましぇん〜〜汗
Sink'n Swimってトコがいいじゃないですか〜♪
そしてとても珍しいDBO4です。(写真上)
4インチのバンゴーBは1979年の1年間しか発売されませんでした。
3インチのものと比べても1インチしか違わないのに体格が全然違います。
それもそのはず、、4インチモデルはBB4のボディをそのまま流用した物だったのです。
だから見た目的にはDB4と言ってしまいそうですがDB4というモデルは無いのです。
シャロー版のBB4は有るのにDB4は作らずDBO4で何故か出しちゃったんですね〜
そんな謎深き部分があり、バグリー好きは深みにハマッっていくのです。。(笑

ちなみに1年しか作られなかったモデルですが、薄リップでは無い物もあります。
それは丁度1980年頃のリップの仕様が現在の物の様に補強されたリップに変わった時期と重なったので存在するのです。つまり早い物は1979年の時点で強化されたリップに移行が始まっていたと読み取れる訳です。
それが下のDBO4です。

一瞬の見た目、DB3マグナムのように見えますが、、実際はマグナムと比べると
こんな感じになります↓

↑上の写真、上がDB3マグナム。下がDBO4です。
普通のDB3と比べてもマグナムは結構大きいのに、そのマグナムと比べてもこんなに体格差が有るのです。
もちろんバンゴーBシリーズなのでリップの角度だってナナメに刺さっています。

↑ブランクの厚みも結構違います。


ルアースタンドとの比較で大きさが巨大である事が判ると思いますが6インチのDBO6です。
勘違いでありがちなのはコレを"DB3"などの上のサイズと思ってしまうこと。
(もっぷは以前そう思っていました。。(恥))

"DBO6"を略すと"Diving Bang-O 6inch"となります。Oはゼロではなくオーです。
"DB3"は"Diving B3"です。普通のバルサBはBB1,BB2と書くわけで
それのダイビング版という訳です。

ここで疑問が生じます。
じゃあ、Bang-O-Bシリーズは"BOB"と書かなきゃおかしくないか?
そうなんです、何故かは判りませんがバンゴーBシリーズの時だけは
Bシリーズの"B"を無視するのです。
こういった表記がこの辺だけ実に紛らわしいのでDBO6をDB3の上のサイズと
思ってしまうのも無理は無いのです。
そしてルアー自体に印字してある場合、ハイフンを付けてDB-O6などと表記されるので
文字の見た目的にもDB3の上のサイズと思ってしまう訳です。

もう一つ、リップの角度を見ても判りますようにDBシリーズは鼻の先端から
水平にリップが出てるのに対して、DBOシリーズはナナメに出ている違いがあります。
DBシリーズには3以上の数字のサイズは基本的にはありません。
( "基本的には"と言いますのも例外としてディスプレー用のDB9が存在するので)
DB3マグナムやマグナムロングキャストはDB3MあるいはDB3LCと書くからです。


さらにコチラは最大級のDBO8のサイズです。
固体によっても微妙に長さが違うのですが約19〜20cmの間ですので
8インチという事です。
DB3と比べても判りますよう、日本の淡水ではまず使わない大きさです。
でも、スポーニングの時期でしたらオスが突進してきて釣れちゃうかもですね〜(笑
これを譲って頂いた前の持ち主様である大阪のT様はローリングマークが付く程、使われていた御様子です。
T様!有り難うございました(^ ^)/

バグリーTOPページへ戻る