マイ・ブラザー

 この映画のロケ地は大きく分けてチャチョン(佐川)、イルグァン(日光)の2ケ所。
釜山からは韓国国鉄東海南部線で行くことになるが、この路線は1時間に1本、それも朝と晩それぞれ4本しか走っていない。
 地下鉄2号線のヘウンデ(海雲台)まで行って、韓国国鉄のヘウンデ(海雲台)から列車に乗って佐川へ向かう。日光に停まるのは始発(6時過ぎ)の各駅停車1本のみなので、佐川に行くしかない。海雲台→佐川は約30分。
 往路は列車で行けたとしても、帰りはバスしかない。佐川駅前から日光を経由して海雲台へ向かうバスが頻繁に出ている。

イチョン橋


 橋のたもとで弟チョンヒョン(ウォン・ビン)とミリョン(イ・ボヨン)が話しているのを後ろに兄ソンヒョン(シン・ハギュン)が家に向かって歩く。韓国国鉄イルグァン(日光)駅前にある橋。道路の拡張工事が始まっていて古い壁や川沿いの民家はもう取り壊されている。

行き方 佐川からタクシーまたはバスでイルグァン(日光)駅前へ行く。橋は駅の正面100mのところにある。


兄弟の家


 兄弟と母(キム・ヘスク=「冬ソナ」でユジンの母)が住む家。門は壊されたようで、ブロックの壁のうちその部分だけが真新しい。住んでいた人はもう引っ越した後らしく、庭に不要な家具やゴミが放置されている、道路拡張工事や家の新築工事がすぐそばまで迫っていて、この家も風前の灯か。

行き方 イチョン橋を渡り、川沿いの道を左に200m。


長安中学校

 シン・ハギュンとウォンビンが通っている高校という設定で、実際は佐川にあるチャンアン(長安)中学校。写真のうちトイレだけは映画の撮影場所ではない。校内に侵入する不審者が多い昨今、あちこち探しまわるわけにもいかず、イメージ写真ということで失礼。

行き方 佐川駅前の突き当たりを右へ行くと農協がある。そこを左折し約500m。


川沿いの松並木

 夜のシーン。丸い街灯は撮影用に設置されていた様子。

行き方 イチョン橋を渡って、川沿いに右へ100mくらい行った場所。


市場

 この映画の重要なロケ地。端にある食堂はセット(写真下左)、一部がめくれ上がった状態で今もそのまま市場の裏に放置されている。

 ラストでシン・ハギュンの撮ったフィルムをウォンビンが持って行った写真館は写真下右の建物を利用して作られたセットだという。映画をよく見ると特徴ある軒が少しのぞいている。

 出来上がった写真を持って後ろ姿のウォンビンが歩いて行く市場の前(写真上右)。粉食の屋台なども作られてにぎやかに演出されている。

行き方 上記、松並木を過ぎて海岸まで出たところを左折して200m。市が立っていない時はコンクリートの柱があるだけ。


佐川駅

 兄弟が住んでいる日光よりはにぎやかな佐川にある韓国国鉄駅。

行き方 韓国国鉄東海南部線の駅。ヘウンデ(海雲台)からは約30分。


中央薬局

 シン・ハギュンが店の中から出て来るシーンが撮影された実在の「中央薬局」。

行き方 佐川駅前から突き当たりを左に15m。


おまけ 「ガン&トークス」から

芸術の殿堂

 シン・ハギュンとウォンビンが共演した「ガン&トークス」で、シン・ハギュンが駐車場の車を遠隔操作で爆破した場所。

行き方 地下鉄3号線「南部バスターミナル」下車。後方は映画で「ハムレット」が上演されていたオペラハウス。

タイトル一覧へ

掲示板へ