愛を逃す

普門市場

 ウジェ(ソル・ギョング)が酔って荒れるポジャンマチャ。
セットとばかり思っていたら、実際に営業していた。友だちの肩を借りて去って行くシーンの背景に見えるレンガの建物も映画の通り存在。

行き方 地下鉄6号線ポムン(普門)6番出口から南へ100mくらい行き「ポムンシジヤン」という市場の入口にあるアーチを左折。そこが普門市場という古く小さな市場。突き当たりを左に曲って20mくらい行くと撮影場所のポジャンマチャ。



ウリ動物病院


 ヨンス(ソン・ユナ)が開業している「ウリ動物病院」。ウジェ(ソル・ギョング)が部員と一緒に小学校のまわりをランニングしていてソン・ユナと話す男(?)の後ろ姿を見たり、ここでシャッターを叩いて近所の住民が出て来るシーンもある。最後はソン・ユナが実家へ帰って動物病院は廃業、新しい美容室の看板にかけ換えられる冬のシーンで出て来る。
 現在は「サムソン引越荷物保管センター」になっている。引っ越し=「イーサ」=24。チョン・ウンイン主演の引っ越しコメディ「2424」という映画のタイトルもこれをもじったもの。、このサムソン引越荷物保管センターの電話番号にも24がたくさん使われている。

 電話番号の語呂合わせ。ある消費者金融の電話番号は下4ケタが7979。これをチング・チングと読ませるらしい。



行き方 地下鉄6号線ポムン(普門)駅下車。2番出口から北へ歩き二つ目の信号を左折、キョンドン(京東)高校の石垣の下を通り、派出所の横がサムソン(三仙)小学校。その正門に向かって左へ50mくらい行くと、道をはさんで左側に動物病院として使われた建物がある。


東上貯水池


 チャン・ハンソンとイ・フィヒャンがやっている養魚場。イ・ギウはそこで働いている。全州市の北東、全羅北道完州郡にあるトンサン(東上)貯水池の最北部にその場所がある。養魚場は撮影のために作られたセットで実際には存在しない。
 「復讐者に憐れみを」の川沿いのロケ地のように、車が通る道路から水辺に下りていく不自然な道が作られていて、その先に映画で家として使われた小屋のようなセットが残っている。家の前には映画にも出てきた縁台が立てかけたままで放置されている。生えている木の枝ぶりも映画と全く同じで、その中のひとつの幹には撮影に使ったと思われる電源のスイッチが残っていた。
 映画では、池は石垣が見えないほど満々と水をたたえているが、写真を撮った時はかなり水位が低く、養魚場があったあたりは池の底が一部露出している。

行き方 全羅北道完州郡の山の中、55号線と732号線がぶつかる三叉路から100mくらいのところに養魚場のロケ地がある。


天皇寺


 ソン・ユナが亡き母を弔い、イ・ギウが傍らに座っている山寺。地図を見ながら「チョンファンサ」という名前を頼りに訪ねて行ったところ、石碑には漢字で「天皇寺」と彫ってあった。

行き方 725号線のチュチョン(朱川)とチョンチョン(程川)との間に「チョポ」というバス停がある。そのバス停からT字路を500mくらい山側に入った場所に天皇寺がある。


新泰院バスターミナル


 兵役に就いているソル・ギョングをソン・ユナが訪ねて行き、発車真際までトイレにいて最終のバスに乗るターミナル。エンドクレジットに出てくる3つのバスターミナルの中ではこのシンテイン(新泰院)が一番さびしい場所にある。ソル・ギョングが声をかけていた方向ばかりかこの建物の中にはトイレがないし、もしあったとしてもターミナルのさびれ具合から見て映画のようにきれいなはずはない。

行き方 湖南高速道路テイン(泰院)ICで降り、30号線を西へ走り約5kmのシンテイン(新泰院)へ。近くになると「バスターミナル」という標識も出ている。


益山バスターミナル


 帰省したソン・ユナが土産を手にターミナルから出て来るシーン。母がバイクに乗って迎えに来る。チャン・ハンソンに教えてもらったバイクの運転。これが後で・・・。

行き方 湖南高速道路チョンジュ(全州)ICで降り、イクサン(益山)方面へ走る。国鉄の駅などがある益山市の中心部にある。


槐山(クェサン)バスターミナル


 終盤の重要な場面が撮影されたバスターミナルで、忠清北道槐山郡にある。二人が座っているベンチや「スカイ旅行社」と書かれた社名、電話番号のカッティングシートの文字まで映画そのまま。ただ、ソン・ユナが階段を駆け上がるシーンから遠ざかっていくバスを見送るシーンまでは別の場所が使われていて、その場面に写っている道路標識から、同じ槐山郡のチュンピョン(曽秤)付近とわかる。

行き方 槐山とソウルをおよそ2時間で結ぶバスは江辺の東ソウルバスターミナルから出ている。1時間に約1本。このバスは曽秤も経由する。


大田動物園


 初めてのデート? ソル・ギョングの運転する車で、ソン・ユナが動物の出張診療に出かける動物園。ソン・ユナが鹿に注射を打っているのをソル・ギョングは木製の手すりに腰掛けて見ている。手すりにはところどころ鹿の角が取り付けられている。

 映画「マラソン」にも大田動物園のクレジットがあったが、はぐれたチョウォンがいたシマウマの檻は見当たらない。???
この動物園でシマウマがいるのはサファリツアーの地域だけ。


行き方 大田の高速バスターミナルの前から888番の市内バスで約20分。動物園は大きく分けて「動物のオリ」「遊戯施設」「バスによるサファリツアー」の3エリア。鹿がいるのは中を大型の鳥が飛び回っている巨大な鳥カゴの横。実際にはソン・ユナがわざわざ出かけるまでもなく動物園に隣接した動物病院がある。



グリーンランド


 動物の診療の後、ふたりがバイキングの前に座って話をし、ソル・ギョングがボールゲームをするがほとんど命中しない場面を撮った客の少ない遊園地。戦利品の風船をたくさん手にして二人が歩くのは両側にコンクリート製のバナナがある道。
 この遊園地は03年に営業不振で閉鎖され、いまだに残骸をさらしている。そこをいかにも営業中のように飾り付けて撮影したらしい。リフトはグリーンランド閉園後もしばらく登山客などを乗せて営業していたが、現在はケーブルも切断されて写真のような状況。


行き方 大田動物園と同じポムンサン(宝文山)地区にはあるものの山頂をはさんで逆側にあたる。山登りの好きな人は動物園から歩いても行けるが、タクシーなら大回りしてハンバッ総合運動場の近くにあるグリーンランドにつながる登山口に行けばよい。今は運行していないリフト乗り場の周辺に登山口があり、集まる登山客を目当てにした飲食店やボールゲームの店が並んでいる。


バスを見送った場所


 映画の終盤、互いに本当の気持ちを言えないまま、ソル・ギョングが乗ったバスはソウルへ向かい、ビルの屋上へ駆け上がったソン・ユナがそれを見送る。ふたりが別れたバスターミナルは前出のクェサン(槐山)。そしてこの場所があるのはクェサンに近い町チュンピョン(曾平)。近くに建っているアパートの屋上(5階)から写真のような風景を見ることができる。


行き方 チョンジュ(清州)・クェサン(槐山)などから市外バス利用。チュンピョンのバスターミナルから1kmくらい南東へ歩き、忠北線の鉄道の高架をくぐったところに写真の場所がある。


国民日報ビル


 バスターミナルの別れから3年後、ソル・ギョングがソン・ユナの姿を見かける結婚式場。ヨイドにある国民日報ビルが使われていて、ソン・ユナが2階から降りていく階段、式の参列者でにぎわうロビー、ソル・ギョングが後を追いかけて飛び出す出口などがここで撮影されている。それに続くシーンは突然3km余り離れたテフン(大興)にワープする。
 ちなみに、映画「甘い人生」でイ・ビョンホンとボスが食事をする韓国レストラン「雲山」はこの国民日報ビルの地下1階にある。壁から植木が生えているように見える個室「雲」はドラマ「フルハウス」でもピがハン・ウンジョンと食事する場所として登場する。

行き方 地下鉄5号線ヨイナル下車、1番出口から西へ約10分歩く。ヨイド公園の北の端を過ぎると、左前方に国民日報の全面ガラスのビルが見えて来る。


大興の路上


 結婚式場を出たソン・ユナの後を走って追うソル・ギョング。しかし彼女はタクシーに乗り込み、去ってしまう。そして・・・。
ソル・ギョングが追うのを諦めて立ち止まったのはバックに「夕顔物語」というギフト用花店の赤い看板が見える道端。

 行き方 地下鉄6号線テフン(大興)下車。3番出口から出て、交差点を南西方向へ歩く。高架をくぐり最初の信号を左折。その車道は次の信号のある場所をピークにした上り坂になっており、あのようなシーンが撮影できるしくみになっている。


チョンドンチプ


 映画には登場しないが「愛を逃す」ゆかりの場所。写真の場所にソル・ギョングとソン・ユナが座ってポスター写真を撮影したおでん専門店。イ・ギウも撮影に参加していたが、彼が花束を持って写っている3人でのカットはボツになったらしい。

行き方 地下鉄3号線シンサ(新沙)下車。8番出口から200m歩き、左折してカロスキルに入り最初の角・右側にある。


ミサリ漕艇場

 ソル・ギョングがボート部員だった学生時代、そして若い選手のコーチをしている現在の場面、どちらもソウル・オリンピックのボート、カヌー会場になったミサリ漕艇場が使われている。
 学生時代にケンカをしたソル・ギョングを遠くから見てソン・ユナがため息をつくスタンド、雨宿りしているグループからひとりソル・ギョングだけが抜け出して雨に打たれる艇庫前など映画そのまま。ケンカをした屋上は立ち入り禁止で見ることができない。
ソウルの東に隣接するハナム(河南)市にあり、映画「猟奇的な彼女」でチャ・テヒョンがチョン・ジヒョンに突き落とされたのもここ。


パンジャチプ


 ラストシーンでソル・ギョングとソン・ユナが入る居酒屋。店の片隅でカップルが別れ話をしている。
ここでは「美しき野獣」でクォン・サンウとユ・ジテが飲むシーンも撮影されており、「愛を逃す」で使われたのは入ってすぐ左のテーブル、手前にソン・ユナ、向いにソル・ギョング。「美しき野獣」は一段高くなった奥の席が使われた。


行き方 地下鉄2号線シンチョン(新村)4番出口を出て、YBMとNorth Faceの間の道を左折。石段を上ったところに店がある。

タイトル一覧へ

掲示板へ