アメノナカノ青空 (・・・ing)

ふたりが住むビラ

 2階に住んでいるヨンジェ(キム・レウォン)と3階のミナ(イム・スジョン)。
ゴミを出しに行ったキム・レウォンがタバコを吸っているイム・スジョンの姿を見たのが最初の出会い。その後も警備員(キム・インムン)とのコミカルな場面など何度も使われている。
 撮影に使われたのは警備員室のすぐ右にある102棟で、ゴミ置き場のある方が裏側、出入り口やキム・レウォンが青空模様の傘をミナに落とした窓は表側にあたる。しかし、よく見るとイム・スジョンがビラの玄関から出て来るシーンは写真の102棟ではなく106棟で撮影されている。
 夜、母(イ・ミスク)とイム・スジョンがブランコにのって話した公園はビラに隣接。イ・ミスクがキム・インムンに差し入れをしたのは公園の横にあるもうひとつの警備室。

行き方 地下鉄プンダン線ミグム(美金)駅下車。3番出口から東へ徒歩15分。500mくらい行くと道が左にカーブ、そのまま行くと「トルマ橋」がかかっている交差点に出る。左には1002という棟番号のついたマンション。その十字路を右に曲がると3階建てレンガ造りの「ウパン・ウソン・ビラ」がある。

 ちなみに映画「純愛中毒」で雨の中、傘を持たないイ・ミヨンをイ・ビョンホンが迎えに来たミグム駅出口は2番。


ラマダホテル裏の坂道(ソンヌン・ウィッ・キル)

 ヨンジェ(キム・レウォン)が、前を行くミナ(イム・スジョン)に「オイ! 非行少女! 」と声をかけ、ゆうべもらったタバコのかわりにとキャンディを渡そうとする。むりやり持たせようとして、彼女が隠していた左手の秘密に気付く場所。気まずい雰囲気の中でイム・スジョンは走り去って行く。
 後半、傘をさして歩くシーンでもう一度この坂が出て来る。
写真の坂は映画に出て来るものではなく、もうひとつ東にある坂が撮影場所。
写真を探して入れ替える予定です。

行き方 ラマダホテルは最寄りの地下鉄駅がないので、7号線「江南区庁」2号線「宣陵」などからタクシーに乗る。ちょうど乗ったタクシーの運転手もラマダホテルを知らなかった。旧名の「ニューワールド」と言うと「あぁー」。ホテルの裏側(南にあたる)にこの坂道がある。
 ラマダホテルのスパ&サウナは映画「緋文字」でハン・ソッキュとイ・ウンジュの入浴シーンを撮った場所。ホテルのパンフレットにあった写真が映画の場面そのまま(下)。


培材(ペジェ)高校正門前

 映画の冒頭、イム・スジョンが正門前の横断歩道を渡っている途中で信号が赤に変わり、道の中央に取り残されるが、いつもそこで交通整理をしているおじさんが車を止めて渡してくれる。

行き方 地下鉄5号線の終点に近いコドク(高徳)駅2番出口から西へ200m。601という番号が付いているマンションの前に培材(ペジェ)高校正門と横断歩道がある。
 ちなみに、この高徳駅の4番出口(以前はここが3番出口だったが、新しい出口が増設され現在は4番出口ということになっている)は映画「反則王」でソン・ガンホの通勤シーンに出てくるものの、工事のため今では映画の雰囲気はない。また、近くにあった"ヘッドロックの大魔王"上岡龍太郎似の副支店長(ソン・ヨンチャン)にいじめられる韓美銀行明逸洞支店はシティバンクに吸収合併されたため、存在しなくなった。


玉水 月見近隣公園

 ふたりで漢江の夜景を見おろしたり、イム・スジョンが「幸せな時間の写真を撮って残したい」と言う公園は龍山区玉水洞にある月見近隣公園。3段に分かれていて、バドミントンコートや腹筋台などの健康設備が揃っている。そのうちの最下段が撮影に使われた場所。支柱に20番というプレートがついた街灯を目標にすると一番分かりやすい。
 明け方、海軍の軍人だったイム・スジョンの父の形見のライターと人質の亀を交換するのもここの石段。漢江にかかる赤い鉄橋は地下鉄3号線が走っている東湖大橋。対岸は江南。

 下から公園への階段を上り切ると、とても腹筋運動をする気にはならないと思うが・・・。

 行き方 地下鉄1・3号線オッス(玉水)駅下車。3・4番出口から出ると101という番号のついたプンリム・アパートが見える。その敷地内に入り、104と105の間にある階段を延々上ると月見近隣公園。階段が終わりかける頃、左にあるのが撮影現場。
 地下鉄3号線の「玉水」駅ホームは「僕の彼女を紹介します」のラストシーンを撮った場所。その直前、チョン・ジヒョンが駆け上がる階段は玉水駅の4番出口にある。


安養市ピョンチョン

 ダンキン・ドーナツにいるイム・スジョンのところにおばさんがやって来る。ウィンドーにうつる建物が後にイム・スジョンが入院する場面で出て来るハンリム大学付属ソンシム病院。ここはテレビドラマ「オールイン」でヤクザに刺されたテジュン刑事が入院した病院でもある。雨が降り始めた中、店を出たふたりはKFC(映画では写っていたカーネル・サンダース人形が出ていない)の前を歩いて行く。
 ダンキン・ドーナツはもうなくなっていて、現在のロッテリアがその場所らしい。赤い日よけや広いガラスのウィンドーがそのままのように見える。

行き方 地下鉄4号線ピョンチョン(坪村)下車。1番出口を出て「サブウェイ」を左折、すぐ大きい通りに出るので「セブンイレブン」を右折。KFCが見つかり、道路を挟んで左に大学病院が建っている。


COEXアクエリアム

 キム・レウォンとイム・スジョンがトンネル状の水槽を通り抜けるシーンで使われている。映画「親切なクムジャさん」やテレビドラマ「私の名前はキム・サムスン」にもここで撮影された場面がある。レストランはその後なくなったらしい。

行き方 地下鉄2号線サムソン(三成)駅5,6番出口方面からCOEXモールに入る。水族館はその一番奥、シネコン「メガボックス」のまだ先にある。


KR玉水駅ホーム

 突然倒れて、入院したイム・スジョン。病院の帰り、キム・レウォンは呆然と駅のベンチに座りこむ。

行き方 KR(韓国国鉄)の方のオッス(玉水)駅。ハンガン(漢江)に沿った道路側のホーム。同じようなベンチがある中で、撮影された場所は列車の進行方向に向かって後ろの方にあり、肉眼では窓越しに東湖大橋が見える。

タイトル一覧へ

掲示板へ