私の頭の中の消しゴム

全州駅

 映画の冒頭、ホームレスの男(オ・グァンノク)が駅ホームのベンチにいるスジン(ソン・イェジン)に「火を貸してくれ」と声をかける。ヨンサン(龍山)駅という設定で駅舎を含めてやや古い感じ。ソウルのヨンサン駅がKTXの開通とともに新しくなってしまったせいか「バンジージャンブする」でもチョンニャンリ駅がヨンサン駅として撮影に使われている。
 
待っていた不倫の相手は結局現われず、電話ボックスに(これはセット)切符を残してソン・イェジンは運命のコンビニへと向かう。

 ディレクターズ・カット版では、まずオ・グァンノクがチョルス(チョン・ウソン)に話しかけ「記憶」の話などをする。カメラがオ・グァンノクからパンすると、相手がいつの間にかソン・イェジンに入れ替わっていて前述のシーンになるという構成。

行き方 全州駅に入場券を買って入り、4番ホームに出るとその北方面、ソウルに近い側が撮影場所。ベンチには本来広告用の看板が取り付けられているが、ベンチのこちらと向こう側に座った人間が演技するのにはじゃまになるためこれがない。


ファミリーマート・クンギルタワー店


 ソン・イェジンがレジに忘れたコーラの缶を取りに戻り、たまたまコーラを手にしたチョン・ウソンと出会うコンビニ。ラスト近くの「ここが・・・天国ですか」というシーンもこの店。

行き方  地下鉄2号線ヨクサム(駅三)8番出口から広い道路テヘラン路にそって東、またはソンヌン(宣陵)5番出口から西へ歩く。下り坂でおまけに地下通路を通らなくてよい分、ヨクサムからの方が楽か。ソウル・ルネッサンス・ホテルの西隣にあるクンギルタワーというビルの1階角。隣にスターバックスがある。


引ったくりに遭う道


 ソン・イェジンのバッグをひったくった男のオートバイをチョン・ウソンが転倒させてバッグを取り戻す場面。複数の出版物にはヨイド国会議事堂付近の国民銀行サゴリ(十字路)と紹介されているが、ヨイドに国民銀行の支店は二つあり、この現場はヨイド公園より東、「イルマーレ」に出てくる「カフェ・モーニング」の近くにある方の国民銀行付近。

行き方 地下鉄5号線ヨイド5番出口を出てKTヨイド支店のビルを右折した道の3ブロック目。国民銀行とKBS別館の間あたり。


パク・ジュン美容室
 
 ソン・イェジンが髪を切りに行く美容室。カメラがパンすると窓越しにチョンダムの住宅街が写り、CGの雨や雪が時の流れを表現する。

行き方 地下鉄7号線チョンダム(清潭)駅8番出口から北へ100mくらい歩くとパク・ジュンの自社ビル。右隣には映画に協力したLGファッションの建物があり、主力ブランドMAESTROの文字も見える。バレット・パーキングになっている駐車場の係に断わってビル裏の駐車スペースに入ると、美容室の窓から見えたチョンダムの住宅街が広がっている。


クリョンサ(亀龍寺)


 チョン・ウソンが老師匠を訪ねて行き、ソン・イェジンを紹介する寺。
3人が弁当を広げるのは寺の一番奥にあたる林の中。
駐車場の脇にある入山料を払う場所から本堂までが意外に遠く、歩いて15分くらいかかる。




行き方 地下鉄2号線カンビョン(江辺)にある東ソウルバスターミナルから、ウォンジュ(原州)へ約1時間半。ウォンジュ市外バスターミナルから、軍の基地がある方向に歩き、広い道路のバス停からクリョンサ(終点)行き41番バスで約30分。この便はおよそ30分に1本あって便利。タクシーでクリョンサまで行けば2万ウォン以上かかる。バスなら1,100ウォン。
 江南の高速バスターミナルからもバスが出ているものの、到着するのは「ウォンジュ高速ターミナル」。41番市内バスがここを通らないので不便。
 



仁川の屋台


 チョン・ウソンたちが仕事を終えて飲んでいる屋台へソン・イェジンのグループがやって来る。最後に残ったのはふたりだけ・・・。


行き方 仁川地下鉄チャクチョン(鵠田)下車。歩くと駅から遠いし、目標も少ないのでタクシーに乗り「ひょそん・ちゃどんちゃはくうぉん(孝城自動車学院)へ行く。自動車教習所の敷地の北東角がロケ地。


コリア・デザイン・センター

 チョン・ウソンが受験しに行く建築士の試験会場。ソン・イェジンはチョン・ウソンが出て来るまで、外でずっと待っている。ソウルの南に隣接するソンナム(城南)市にある。
「グエムル〜漢江の怪物」でパク・ヘイルが手がかりをつかむビルもここらしい。

行き方 地下鉄プンダン(盆唐)線ヤタプ(野塔)駅4番出口を出て、ホームエバー(旧カルフール)の手前を左折。そのまま道路のつきあたりまで歩くとKTビルの隣がコリア・デザイン・センター。


ディア・フォー・ウェディング

 ソン・イェジンがウェディングドレス姿で降りてくる階段のある店。チョンダム・ウェディングやハン・ソッキュが結婚したトップ・ウェディングなどが並んだエリアで島山大路に面した場所にあり、店内に入らなくても道路側から大きなガラス越しにあの階段が見える。

行き方 近くに地下鉄の駅はない。上記パク・ジュン美容室から北へ500m歩くと、島山大路とサムソン路が交差するチョンダム交差点。そこを左折して島山大路に沿って西へ歩くとまず「冬ソナ」のチェリンのブティック(ここは店になったり、ギャラリーになったりよく変わるようで、05年12月にも「FOR RENT」の貼り紙があった)続いて韓国伝統料理の「龍水山」そして薄いピンク色の「ディア・フォー・ウェディング」がある。チョンダム交差点から目的地の店までは約150m。


バッティングセンター


 ふたりがデートで行ったバッティングセンター。ソン・イェジンの病状が現われてから、再び訪ねるシーンもある。撮影に使われた2番打席には映画のポスターが飾ってある。


行き方 カンヌン(江陵)市の南東部にあるクァンドン(関東)大学正門から50mの道沿いにある。



チュムンジン(注文津)家族ホテル


 若年性アルツハイマーの症状が重くなったソン・イェジンが入院する病院という設定で使われている。ふたりが対面し、チョン・ウソンが涙をサングラスで隠すレストランはホテルの一階にある。いすの形からわかるように普段は結婚披露宴が行われる場所。


 入院した病室として使われたのが410号室。客の少ない閑散期ということもあって部屋を見せてもらうことができた。ちなみに、外観として写る屋根がオレンジ色の建物はどこか別の場所で、このホテルではない。


行き方 カンヌン(江陵)から北へ20kmくらい行ったチュムンジン(注文津)の国道7号線沿いにある。

タイトル一覧へ

掲示板へ