富川ファンタスティック・スタジオ

 ソウル近郊のオープン・セットではこことヤンスリのソウル総合撮影所が公開されている。テレビドラマ「野人時代」のために作られたのが最初で、その後「ブラザーフッド」「下流人生」「力道山」などの映画撮影が行なわれ、MBCのドラマ「英雄時代」に至っている。入場料3,000ウォン(04年10月)

行き方 地下鉄1号線仁川行きでソンネ(松内)下車。駅前からタクシーで10分。運転手には「富川ファンテスティック・スタジオ」という正式名称より「やいんしでぇ・せとぅじゃん=野人時代セット場」の方が通りが良い。帰りは少しタクシーが拾いにくいものの、待てば空車が通る。

路面電車 〈ブラザーフッド〉

 「ブラザーフッド」でチャン・ドンゴンとウォンビンが飛び乗った車両番号529の路面電車。

鐘路にみたてたメインストリートを書き割りの東大門まで行って戻って来る、車内で車掌の解説もある。(料金1,000ウォン)


靴屋 〈ブラザーフッド〉

「ブラザーフッド」でイタリア製の靴を兄弟が覗き込んだウィンドーのある靴屋はもう日本の新聞取り次ぎ店に模様替えされていた。


豊美堂 〈ブラザーフッド〉

 「ブラザーフッド」で兄弟が手づかみで麺を食べ、イ・ウンジュは疎開すればこの良い場所を人に取られてしまうと心配する。映画後半の悲劇の伏線もここで・・・。今は入場者向けの食堂として営業中。


和信百貨店

  三越京城店(現:新世界デパート)など日本からの百貨店が多かった中、
朝鮮資本の百貨店として現在の鐘路タワーのある場所に建っていた。


優美館

 ドラマ「野人時代」のアクション・シーンの中心になった場所。
戦前の映画館で、京城見物に来る人は必ず行ったというくらいの名所。
中では「アドベンチャー・トリップ」というIMAX映画を上映している。


帝国劇場とその周辺 〈下流人生〉

映画「下流人生」に左の通りとともによく登場。この地域で乱闘がよく起こる。
正面の建物には「産業銀行」とある。


戦後の日本 〈力道山〉

 映画「力道山」で、街頭テレビのプロレス中継に熱狂する人々のシーンを撮った場所。
テレビを置いてあったNTVの台が見える。


英雄時代

 MBCの最新ドラマ「英雄時代」(主演:チャ・インピョ)のポスターがあちこちにはってある。(04年10現在)

タイトル一覧へ

掲示板へ