SBSドラマ 美しき日々 

シンナラレコード新村店(廃業・移転)

 「冬ソナ」が春川・ナミソムなら「美日々」はここというロケ地。いわずとしれたビクトリーレコードの本拠地。撮影当時はおなじみ黄色に赤の「TOWER RECORD」という看板を"VICTORY"に変えて使っていたが、仁川空港B1にあったCD店と同じシンナラチェーンの店になっている。(空港店は06年に撤退)
 入口の階段周辺、赤い柱の試聴コーナー、レジ、商品棚・・・ドラマで見た場面があちこちにある。他の店なら置いていないところもある「美しき日々」のOSTが平積みされているのはもちろん、日本人が探しそうなCDはすべて揃っている。
 2007年になってこの店は移転し、同時に店名も変わった。試聴設備など少し雰囲気は残っているものの場所が変わってはもうロケ地ではない。

行き方 地下鉄2号線シンチョン(新村)下車。2番出口から北へ歩くと200m。


セナが働いていたノレバン

 セナ(イ・ジョンヒョン)が働いているところへ、たまたまミンジ(シン・ミナ)とセナのライバルで歌手志望のクムスクがやって来て口論になる。セナが灯油に火をつけたことから火事が起きて全焼してしまうノレバン(カラオケ・ボックス)

行き方 シンナラレコード前の横断歩道を渡り、さらに一筋入った所を右折すると、左に「ピカソ」というノレバンがある。


セナが住んでいたモーテル

 セナがひとりで暮らしはじめるモーテル。いわゆるラブ・ホテルなので、セナを送ってモーテルに入るソンジェ(リュ・シウォン)の姿を目撃したヨンス(チェ・ジウ)はふたりの仲を誤解する。

行き方 上記ノレバン「ピカソ」と同じブロック。「ピカソ」の前を通り過ぎて左折するとモーテル「ロイヤル」の入口。


地下鉄梨大5番出口

 新村が延世大学につながる駅なら、隣の梨大は梨花女子大学への駅。その5番出口はソンジェ(リュ・シウォン)がヨンス(チェ・ジウ)を連れて上ったのが地下鉄梨大5番出口の屋根。向かって右が公園になっていて屋根と同じ高さなので簡単に屋根の上にも行ける。

 地下鉄梨大の2番出口を出て最初の角を左折すると「J-PARK」というアイドルグッズ店がある。Jという名前の通り日本人アイドル たとえば、ジャニーズ、ハロプロ・・・の写真などを売っている店だが、品物の半分は韓国の歌手、タレント。日本人観光客向けの店は限られた人しか扱っていないとお嘆きの方はここへ。ステージはもちろん、盗撮風の写真まであってこんなものを売ってもいいのかと思ってしまう。(今もこの店があるのか未確認)

行き方 地下鉄2号線イデ(梨大)下車。5番出口。


南山公園

 ミンチョルが待つ式場にヨンスと付き添いのナレが駆け込む。そっと身を隠す父ソンチュン。南山植物園、ソウルタワーをバックにしたこの広場では実際に野外結婚式もよく行なわれる。ここは映画「二重スパイ」でビョンホ(ハン・ソッキュ)とスミ(コ・ソヨン)がデートして記念写真を撮るシーンを撮影した場所でもある。(南山植物園はその後、解体撤去された)


八角亭

 ロープウェイで南山を登ったところに建っている韓国伝統様式の休憩所。ソウルタワーの下の広場にあり、ここでセナ(イ・ジョンヒョン)はヨンス(チェ・ジウ)を待つが、交通事故のためヨンスは約束の場所へ行けなくなってしまう。ヨンスに対するセナのぬぐい難い不信感が生まれるきっかけになった場所。

この写真はbhファンのむぐんふぁさんに送っていただきました


セントラルシティ

 ミンジ(シン・ミナ)の家庭教師をすることになったヨンス(チェ・ジウ)はなかなか心を開かないミンジを連れ出し、似顔絵描きをさせてみる。客の反応を感じ、自分でお金を得ることを覚えたミンジに小さな変化が・・・。

 マリオット・ホテル、新世界デパートの入っているセントラルシティの地下1階。写真の奥に見えているKFCとLGの間を入ると映画「猟奇的な彼女」で高校の制服を着たふたりが猟奇ダンスを踊ったディスコ・クラブ「シデュース」だが、廃業。その後、ここはステーキチェーンの「アウトバック」になった。
 
 同じフロアにシネコン「セントラルシティ6シネマ」があり、他の映画館では手に入らないような珍しいポストカードが置いてあることもある。

行き方 地下鉄3・7号線 高速ターミナル下車。セントラルシティという表示に従って歩く。


ミンチョルの家

 門と石垣がよく出て来るミンチョル(イ・ビョンホン)の家。庭で演技している回もあった。ドラマ〈天国の階段〉でもこの家が使われている。その右隣(写真下右)は同じくイ・ビョンホンが主演したSBSドラマ〈オールイン〉でイナ(イ・ビョンホン)とジョング(ホ・ジュノ)がヤクザの親分(キ・ジュボン)に強要されてイカサマ花札の勝負に行く場面で使われた屋敷。
 ソウル市の北部、鐘路区平倉洞(ピョンチャンドン)。このあたりはソウルの夜景を見下ろす一等地で、風水でも良い場所とされているので豪邸が多い。ここから少し離れてはいるが、映画「カル」のスヨン(シム・ウナ)の家や映画「浮気な家族」のムン・ソリの家も平倉洞にある。


行き方 地下鉄3号線ホンジェ(弘済)からタクシーに乗り、ピョンチャンドンのガナ・アートセンターへ行く。ガナ・アートセンターを右折して5分くらい歩いたキム・ジョンヨン彫刻美術館の真向かいが目的地。帰りはガナ・アートセンターから少し下りたところにある広い道まで出ればタクシーが拾える。
 仁寺洞からの美術館シャトルバスは無料だが、運行時間の関係で時間が無駄になることが多いのが欠点。

 余談 ミンチョルの家を見に行った時、近くでMBCドラマ「ピジョン」の撮影が行なわれていた。出演女優はユ・ヘジョン(映画「愛のゴースト」こと「チャグィモ」の駐車場で事件にあう美女役)。わずか3カットの撮影で終了。

 ユ・ヘジョンさんの車と撮影に使われていた家。

 


桜並木


 ヨンスの待つ場所にミンチョルが車で駆けつける桜並木。漢江ぞいにずっと続いているので、実際の撮影場所がどこなのか不明。桜の枝ぶりなどをきちんと把握しないと無理か? 満開の時期は日本より遅い。

07年4月のヨイド。むぐんふぁさんに送ってもらった写真です。

行き方 地下鉄5号線ヨイド駅3番出口から国会議事堂方面へ。


ギャラリア百貨店前


ミンチョルがヨンスをおぶって歩く道。百貨店の丸いひさしが特徴的。

行き方 アックジョンのガイドブック参照。ギャラリア百貨店名品館前の歩道。


清潭駅

 ミンジ(シン・ミナ)の家庭教師になる話を持ちかけられた店を出た後、地下鉄の駅に入って行くヨンス。ミンチョルも停めたタクシーには乗らず、ヨンスの後を追って地下鉄へ。
 最近できた路線のためすべてが新しい地下鉄7号線のチョンダム(清潭)駅。使われているのは10番出口とそこにつながるエスカレーター。

 ちなみに、映画「オアシス」でソル・ギョングがムン・ソリを背負って上るのはこの駅の1番出口。「春クマ」の地下鉄出口もここ。


ヨンスとナレの家

 ヨンス(チェ・ジウ)とナレ(イ・ユジン)は家賃が安い屋上にある家に住んでいる。
入口のドアに「入場料10,000ウォン」という張り紙がある。家の中を通って屋上まで行き、あの眺めが見られるにしてもこれはなかなか良い値段。月にいくら稼ぐことになるのか。屋上の家とそこに通じる通路は教会裏の駐車場からもよく見える。



行き方 地下鉄3号線オッス(玉水)駅7番出口を出て、高架沿いに北へ歩くと正面の丘の上に教会と屋上の家が見えて来る(写真下左)。80数段ある石段を登るとカーブしたスロープ(最初の写真)がある。ミンチョルやソンジェも通った鉄の階段を上がりきると左にヨンスの家。ドラマの通り、小さな公園もある。



リッツ カールトン ホテル

 父の過去を知ったミンチョル(イ・ビョンホン)が宿泊し、備品を壊すなどして荒れるホテル。そこへヨンス(チェ・ジウ)が駆けつける。

 また、結婚式を挙げたミンチョルとヨンスが泊まるのもこのホテル。スリッパのマークがわざと(?)アップになってっている。しかし車でやってきたナレと部下のキュソクがプレゼントを渡す入口はリッツ・カールトンではないように思える。

 もうひとつ忘れてはいけないのがバラをハート型に敷きつめたプロポーズの間。これもリッツ・カールトン。


行き方 地下鉄2号線カンナム(江南)6番出口から北へ10分。




弘大正門前

 道端に立っているイ・ビョンホンの姿をバスの窓から見つけたチェ・ジウはバスを降り横断歩道を渡って駆け寄る。このあたりは変化が激しく、背景に見えていたサブウェイやダンキンは新しくできたビルなどへ移転している。

行き方 地下鉄2号線ホンデイック(弘大入口)6番出口から徒歩10分。弘益大の正門をめざす。


マリア像


 イ・ビョンホンがチェ・ジウに二度目のプロポーズをする場面。直前に、手をとって教会への坂を走るシーンがあるが、撮影に使われたのは聖堂裏手にあるものではなくて、教会へ向かう坂道の左にあたるカトリック会館駐車場のマリア像。日常的に祈る人もいるので自由に駐車場の中に入ることができる。

行き方 地下鉄4号線の「ミョンドン(明洞)」下車。ガイドブックにある明洞聖堂をめざして行く。


ライフオフィステル

 ビクトリー・レコードが倒産した後、イ・ビョンホンが新しい事務所を構えるビル。新会社は6階にあるという設定らしい。ビルに入っているウリィ銀行が撮影当時は合併前のハンビッ銀行で写っているし、第一銀行のオフィスが証券会社に変わっていて時の流れが・・・。

行き方 地下鉄5号線ヨイド下車。ヨイドの東端にあるヨイドの63ビルに隣接していて、その西側にある水色のビル。


仁川国際空港

 チェ・ジウが指輪を投げ入れた池とふたりがすれ違ったエスカレーター。
到着ロビー(1階)のKFC横に池がありエスカレーターは2階と3階を結ぶもの。
ドラマでは制服を着た人まで撮影の様子を見ている。
その後、KFCの店舗は半分が別の店に売却されて狭くなり、池のある場所にもステージが設営されてイベントが行なわれることが多くなった。


国防部

最終回、ドナーを求めてあちこちまわるシーンで登場。軍にも協力を求めたという意味か。衛兵が寄って来るところでそのカットは終わっていたが、当然中には入れない。

行き方 地下鉄4・6号線サムガクチ(三角地)下車。戦争記念館の向いにある。


セフランス病院

最終回、骨髄移植手術を受けるヨンスが入院する病院。韓国風発音ならセプランス。

行き方 地下鉄2号線3番出口から北へ。延世大学の東隣。

タイトル一覧へ

掲示板へ