ARAHAN アラハン

ソトドゥク(牛泥棒)


 サンファン(リュ・スンボム)とウィジン(ユン・ソイ)が食事をする焼肉屋。以前サンファンを痛めつけたヤクザが因縁をつけてくるが、サンファンは修行で会得したパワーで逆襲する。大学路にあり、庭の野外席・一階の座敷席・二階のテーブル席のうち、撮影が行われたのは左の写真で緑色に写っているガラス張りの二階席。

行き方 地下鉄4号線ヘファ(恵化)1番出口から東崇アートセンター方向へ歩く。東崇アートセンターを過ぎたところにあるファミリーマートのそのまた先、チャユ(自由)ビルのある四つ角を左折すると正面に見えるカルグクス屋の右隣。


オリンピック・スタジアム噴水台


 道人のひとりムウンと悪の権化フグン(チョン・ドゥホン)との決闘が行われる場所。蚕室の野球場と五輪メイン・スタジアムの間にあり、メインスタジアム五輪マークに向かって左の方にある。立ち入り禁止のロープが張ってあるが、左の事務所側から入れば噴水台のすぐそばまで近寄れる。

行き方 地下鉄2号線「総合運動場」6番出口から、メイン・スタジアム方向へ向かう。


ソウル市役所西小門別館


 フグンが屋上に立ってソウルの夜景を見下ろす場面。そのソウル市役所西小門別館屋上には行けないが、庁舎内の出入りは自由なので、エレベーターで14階まで上がると素晴らしい眺めが待っている。



 映画に写っていた市役所前の芝生広場はもちろん、徳寿宮が上から眺められ、青瓦台も一部のぞむことができる。ロケ地というだけでなく、誰も行かない穴場的観光名所として推薦したい場所。

行き方 地下鉄1・2号線シチョン(市庁)1番出口利用。貞洞劇場へ向かう通称貞洞キルの左側に西小門別館がある。


戦争記念館


 フグンとの最後の対決のため、リュ・スンボムが乗り込む建物。当然ながら、使われているのは外観のみで、室内の場面はセット撮影
古代からベトナム戦争まで韓国がかかわった戦争の資料が展示されている。当然、朝鮮戦争関係では世界一。
日本が同じ趣旨のものを作ったら内外が騒ぐことだろう。普通はどの国にもあるのだが・・・。


行き方 地下鉄4号線サムガクチ(三角地)下車、12番出口が近い。


光化門駅周辺


 映画冒頭と同じような場面がラストシーンでも繰り返される。コントロールを誤ったユン・ソイの“掌風”に倒されるのが友情出演のポン・テギュ。
 これを撮影したのは地下鉄カンファムン(光化門)駅から西へ少し行ったところにある裏通り。俯瞰シーンを撮影したらしいミドバ光化門ビルの屋上には上がれない。しかし、ブラインドのすきまから写真のような風景は撮影できた。カメラは世宗文化会館を俯瞰でなめて、教保ビルとKTビルをとらえたところで静止し、その画面にビルからビルへ飛び移る人たちがCGで合成されている。

行き方 地下鉄5号線カンファムン(光化門)1番出口を出て西へひと筋、セジョンビルを右折したところが撮影場所。現場に立つと、映画に写っていた食堂など店の一部はビルの植え込みを隠し、裏通りの雰囲気を出す一石二鳥のセットだったとわかる。


テヘラン路


 冒頭で、ひったくり犯をユン・ソイが見おろすシーンでも写る江南の高層ビルが建ち並ぶ道路。


 韓国の新聞によれば、リュ・スンボムがイ・デヨンの運転する議員の車を止めて、交通違反の切符を切ろうとする場面はヨイドの証券取引所前で撮影されたと書いてあったが、ヨイドにそれらしい場所はなく、改めてDVDを見るとスタータワーが見える江南のテヘラン路。新韓銀行の前がその位置。GM大宇自動車ディーラーの看板も確認できる。


タイトル一覧へ

掲示板へ