レーピュー & IRON CROSS in TOKYO




2003年12月22日(月)19:00〜19:50

渋谷・神宮前「ラパン・エ・アロ」にて
(「J-ASEAN POPS plus TOKYO-ASEAN JAM'03」)

PROGRAM 
1.死の入り口(テージンイェ・ダガーミャー)
   『ピンレー・オーダン』より
2.イカれてるフリしないで
  (ユージンヤウン・サウンマネーネ)
   『新しい世界の音楽』より
3.ドラムソロ〜狩の舞(アメーライ・アカー)
   『レイッピャー』より
4.ギターソロ
5.蝶〜望郷の魂〜(レイッピャー)
   『レイッピャー』より
6.もう帰ってきて(ピャンラー・バー・ド)
7.恋しい(アルワン・ミャー)
   『ピンレー・オーダン』より
8.新しい失恋の歌(アテークエ・ダチンティッ)
   『ピンレー・オーダン』より
9.魔女(ソウンマ)
   『ピンレー・オーダン』より



 J-ASEAN POPs コンサートの後夜祭として行われた「J-ASEAN POPS plus TOKYO-ASEAN JAM'03」。当初、予定されていたカンボジアのプリアップ・ソバットが体調不良で出演できなくなり、時間を繰り上げてレーピュー&アイロンクロスが登場。予定されていた曲数は5曲でしたが、急遽、観客たちからのリクエストなどをおりまぜ、10曲が演奏されました。

 1曲目の「死の入り口」は、1994年にリリースされたセカンド・アルバム『絶叫の海(ピンレー・オーダン)』からの曲。レーピューが大ブレークした3作目のライブ・アルバム『荒野の海、絶叫の月(ガンダヤー・ピンレー・ラミン・オーダン)』にも収録されています。

 2曲目の「イカれてるフリしないで」は、オリジナル曲だけで構成されたアルバムとしては1作目の『新しい世界の音楽』からの曲。ここでは、タイのサックス奏者コー・ミスター・サックスマンをゲストに迎え、熱いセッションが繰り広げられました。まさしく今回のプロジェクトならではの、興味深く聴き応えのあるビルマ・タイ両国のミュージシャンによる共演でした。

 続いて、最新作『レイッピャー』からの「狩の舞」をはさんで、ドラムスとギターがそれぞれソロ演奏を披露。人気ギタリスト、チッサウンマウンは伝統歌謡(「マンダレーヒルでひと休み」、「シャンの山々に響くオーズィーの音色」)をも織り交ぜ、ユーモラスにビルマ一のテクニックを見せてくれました。「蝶〜望郷の魂」は最新アルバムの表題曲。望郷の思いをつのらせる男をテーマとした曲で、横浜での公演でも歌われました。「もう帰ってきて」は、レーピューが12歳のとき、よく幼なじみと一緒に歌っていたという曲。「恋しい」は観客からのリクエスト。この曲は、続く「新しい失恋の歌」、「魔女」と共に3作目のライブ・アルバムにも収録されています。

イベント情報へ 聴くへ

PHOTO GALLERY