スタ選レポート&リザルト

第1回スタッドレス選手権
2008年8月10日 ダイハツチャレンジカップ関東第3戦にて DCCS非公認の元 勝手に開催しちゃった記念すべき第1回大会
天候は曇りのち晴れ気温30度で、時折涼しい風が吹き渡るこの時季としては比較的過ごしやすい気候。
参加者は16名! もっと少ないだろうと予想していただけにこの十分な参加人数に朝からテンション上がる競技長れびん
一応、車検までして合格車には認証ステッカーを。 ※フロントにスタッドレス履いているか?だけ
周りの一般参加者が競技用タイヤに交換しているの中、スタ選参加者は履いてきたスポーツラジアルタイヤを外して真夏に汗かきながらせっせとスタッドレスに履き替えています。(笑)
なんてアホな光景なんでしょう。このタイヤ交換見てるだけで笑えます。 うん!企画して良かった。
DCCS側も苦笑いしつつも温かい目で見守って頂けました(^^)v

ダイチャレコースをスタッドレスで走る
スタ選に参加した者だけが知っているスタッドレスタイヤの頼り無さ。
雪道では大活躍の頼りがいあるスタッドレスも真夏のジムカーナ場では ちぃ〜とも活躍してくれましぇん。
そんなの当たり前なんですけど、でも実際に走ってみるとバッチリ体感出来ます!
今までいかにタイヤに依存していたかを思い知らされます。
解りきっている事でも実際にやってみなければ経験したとは言えない。今回スタ選に参加して下さった方々はもう『経験者』です。
とにかく 進まない 曲がらない 止まらない スリー「ない」でやんす。

それでも慣れてくる選手達
朝の受付時に「危険が危ないので1本目はゆくーり走って下さいネ」と注意しておいたので皆さん1本目はゆくーり・・・
走らないでイキナリ全開!(笑)
人の話し聞いてねーだろ!と言ってるスタ選競技長もイキナリ全開! ドアンダーでガードレール一直線(汗
スタ選選手のフロントタイヤは終始空転したまんま。
踏みすぎは無駄なんだな〜と学習したのか2本目以降はアクセルの使い方が繊細に。タイムもどんどん良くなってきてます。
終いにゃ参加クラスの入賞ラインタイムと2秒の差も無い選手続出!  某パンチなシトは入賞しちゃってるし(-_-;)
第1回から非常にレベルの高い選手団でした(;´∀`)

表彰
スタ選では本戦と同じく6位までを入賞とし、見覚えアリアリなトロフィーが授与されます。
パドックの隅から隅までの参加者を一箇所に集めるのもご足労なので一人一人の表彰となりました。
入賞を逃した方にも順位はお知らせ致しましたが本人不在などで結果をお知らせ出来なかった方もいらっしゃいます。ゴメンなさい
何ゆえ私1人での進行ですので 一部準備不足、不手際で気の回らない点もあったかと思いますがご了承下さい。
今回参加して下さった方のマナーの良さとノリの良さには大変感謝しております。
事故やトラブルも無く無事に第1回スタッドレス選手権を開催することができましたことを厚く御礼申し上げます。

今回の成功で調子に乗って?
毎年3戦(夏)は年に一度のお祭りとしてスタッドレス選手権を定着させていきたいと思ってマス。
ということで スタッドレス選手権 次回は2009年夏に開催けてーい!


    本戦では7位!惜しぃ

 スタ選関西のスタッフに任命!

  めちゃんこ速い!ミラクルESSE


        ミラバン クマのプー仕様♪


         WエントリーでW入賞!


      仙台からのエントリー!サンキュー


 L300改ターボ Fドリ仕様( ̄ー ̄v


  L200もまだまだイケるさ!


   スタ選考案者の一人


自転車は積めたのかっ!?
何台か参加車両の写真撮り忘れました
写っていない方ゴメンなさい(^∧^)



第一回の優勝者はaquさんです

第1回スタッドレス選手権リザルト
順位
ハンドルネーム
本戦参加クラス
車種
優勝
aqu
L2T
L502S
2位
じょー
L2
L502S
3位
バーチャン
L2
L235S
4位
レッド
L4/L4T
L710S
5位
パンチ弟
L2
L700V
6位
ヒケヒケ
L4/L4T
L710S
7位
あやこ
L700S
8位
みやこ
L502S
9位
ライス
L2T
L300S
10位
prepre
L2T
L802S
11位
くまプゥ
L700V
12位
あおい
L802S
13位
全身
L2T
L200S
他3名

1位〜6位入賞者は来年の第2回大会ではハンデキャップ戦となります
4本中、1本目の走行をサイドブレーキの使用を禁止。完全グリップ走行で走ること


Always!
 TOP   /   サイトマップ   /   メインコンテンツ 

 - Copyright (C) 2002.10 - 2009 ALWAYS ! Write by Kosuke&Ayako -