手作り石けん a*SAVON  リキッドソープの作り方

 

私がいつもリキッドソープを作っている方法を写真入りで、紹介してます。

作り方は、中村純子さんの「手作りのリキッドソープとクレイ」を参考にしてあります。

 

作成なさる場合は美肌になろう!手作りのリキッドソープとクレイをお買い求めください。

 

コールドプロセス石けんより手軽に素早く作れます。

 

まずは使ってみたいという方は、ソープベースの販売をしていますのでご利用ください♪

 

 

 

作ったリキッドソープの記録

シャンプーやキッチンソープに使ってます♪ 

コールドプロセス石けん 〜手作り石けん a*SAVON〜のページ

 

1

材料と道具を準備します。 材料→苛性カリ、精製水、アルコール、オイル 道具→はかり、温度計、ゴムベラ、ステンレスボウル、計量カップ

 

2

必要なオイルをはかります。

今回は、オリーブオイルとココナツオイルのキッチンソープのレシピ。

精製水と、アルコールも計っておきます。

 

3

苛性カリ(水酸化カリウム)をはかります。素手でふれないように、注意してはかります。

(純度により、必要な量が違うので注意)

 

4

苛性カリと精製水を合わせて、完全に溶かし苛性カリ水溶液を作ります。

急激に温度が上がり、異臭がするので、吸い込まないように注意します。

 

5

オイルを湯せんし75度程になったら、苛性カリ水溶液を静かに一度に加えます。

湯せんにかけながら85度になるまで静かにかき混ぜます。

 

6

85度になったら火を止めアルコールを一度に加えます。

湯せんをしながら、ゴムベラでゆっくりと全体を混ぜ合わせます。

 

7

アルコールを加えることで、泡がぼこぼこ沸いてくる反応が始まります。

吹きこぼれないように様子を見ながらかきまぜます。

 

8

底の方からブクブクと泡立ってきたら、かき混ぜるのを止め、おさまったら再びかき混ぜまる。

これを繰り返す。

 

9

だんだんと反応が小さくなっていき、ペーストっぽくなってきます。

底の方からしっかり混ぜ、完全に反応させます。

 

10

泡立つ反応がおさまったら、よくかきまぜ、鹸化を進めます。

だんだん半透明〜透明になっていきます。(混ぜすぎると、曇ってしまうことも…)

 

11

完全にペースト状になったら、リキッドソープの素(ソープ素地)のできあがり。

 

 

 

12

密閉できる保存容器(ふた付きのタッパーなど)に入れ、数時間から数日ほど保温します。

この間にも鹸化が進みます。

 

13

しっかりねかせたソープ素地。常温で約1年間保存できます。

必要な時に、必要なだけ取り出して使えます。

 

14

使う時はソープ素地1に対して3〜4倍のお湯で溶かして液体石けんにして使います。

ph10以下になっていればOK。

 

15

ソープ素地を溶かす時に、好きな香りをつけたり、とろみをつけたり、色をつけたり。

 

いろいろアレンジして楽しめます。

 

 

 

苛性カリは、劇薬です!取扱&保管に注意してください

 

※ アルコールを使わない場合は、6番でアルコールを入れずに湯せんしながらひたすら11番のようにジェルっぽくなるまでかきまぜます。

アルコールで鹸化を早くしているので、その分時間をかけてまぜることになります。

 

※ phが高い場合は、もうしばらくねかせてから使ってみるか、クエン酸、GSE(グレープフルーツシードエクストラクト)、レモン汁、ハチミツなどを混ぜて調節します。

 

※ とろみは、キサンタンガムや、グアガム、ゼラチンなどでお好みに。

 

※ 香りはエッセンシャルオイルを0.5%〜1%加えます。

 

※ 希釈する時のお湯をハーブティなどに変えてもいいですね。

 

 

ご意見・ご感想・お問い合わせ →  

 


 

*Copyright(C) 2008 a*SAVON All rights reserved*