>
--


鳥取三洋電機<ラジオ体操中断>の疑問


僕(米村)が鳥取市の大手企業リコーに”報復”した」
という話(デマ?)を信じ込んで催眠にかかったような状態の人達がいたらしい。 

テスコの同僚は、僕が地元で「大会社」と言われるリコーに"報復"したという話を聞いて
僕のことを「凄いヤツだ」と思ったのか、僕に向かって軍隊式の敬礼を取った。
テスコをクビになった時テスコの元請けの鳥取三洋電機で仕事をしていた。

「僕がリコー工場に”報復”した」というデマが
鳥取三洋電機リビング事業部で流れているらしいさなか ラジオ体操が10日程中断した。

疑問 :1993年12月、山陰最大の工場だった鳥取三洋電機(当時従業員3千人)
のラジオ体操の10日程中断は、 下請けの工員僕(米村)のラジオ体操不参加の影響か?



情報提供のメールには実名が書いてあったがAさんと表記

茨城県土浦市のAさんからのメールでの情報(2004/11/7) 
Aさんはラジオ体操中断当時、鳥取市に住んでいたそうだ。
以下のメールの「いとこ」とは元鳥取三洋社員




・・・・・・先日の帰郷で、私の親類に幾つかの疑問点を聞いて見ました。

・・・・・・ラジオ体操については、やはり私のいとこが知っていました。
中止の決議は総務部?など当時の社員課で発案されたもののようで、
どうもある人が体操をしないことが間接的に他の従業員に影響し、
その人がしないなら自分もしない、というような雰囲気があったためだそうです。
・・・・・・ただ、残念ながらそのある人が誰かははっきりしません。
組み立て?の男の人、もしくは現場(と言っていました)の男の人で、
三洋傘下の会社の工員、 三洋の正社員ではないと。
・・・・・・米村さんの堅実な洞察力に間違いはないと信じておりますので、
また情報がありましたらご連絡させていただきます。少しお時間をください。
-----------------------------------------------------------

その後Aさんと音信不通になった。 Aさんは事情を知り関わりを恐れたのでは?と不安。

--------------------

Aさんのメールによると、三洋傘下の会社の工員がラジオ体操しなことが影響し
ラジオ体操不参加者が増えラジオ体操が中止になったと解釈できる。
当時三洋の下請けは多くあったが下請けで三洋で仕事をしていたのは、三洋の構内にある僕が勤めていたテスコ1社のはず。



この問題は部落差別並に偏見のあった
地元鳥取市の私立高校で高校創立以来最も偏差値の高い大学(同志社)に受かった
過去も影響しているだろう。

この疑問を鳥取三洋広報・大石氏は「ラジオ体操は中断してない」と嘘を言った。
同じ広報のオカジマという社員は
「ラジオ体操中断は事実です!
ラジオ体操優良団体として全国表彰されたのも事実です!」と吐き捨てるように言った。