>
--


<この出来事は、自転車通勤しても変人扱いされない都会人に分かりにくいらしい>


リコーが僕関連の醜聞の隠蔽を図り
僕が車社会の田舎で自転車に乗って非常に目立つ
のを大企業リコーは不快感をあらわ

土方の親方が話を面白くしようと僕の自転車を盗む





鳥取市の大手企業リコーと問題発生当時、鳥取市は凄い車社会だった。
「朝の通勤時間帯には自転車に乗るな。目立って噂が広がる。
大手企業リコーの僕関連の醜聞の隠蔽がうまくいかなくなる」と言われると予想した。

バイトをはじめた。自宅からバイト先まで4キロ。すれ違う自転車は皆無。
バイト先の社員が懇願するように車を買うよう勧めたり
困ったように「車買わんといけんなー」と言う。

自宅では父親が「車を買え!」と怒り出し「わしが車を買ってやる」とまで言うのだ。
僕が「200万円以上する車でないと恥ずかしくってのれん」と言っても「買ってやる」。
「なんで僕が車を買わんといけんだいや?」と質問しても、父親は事情を説明しない。
僕が「ジョギングしているから車はいらん」と言うと
父親は母親に「ジョギングの本を捨てさせろ! 家が崩れる!」と半狂乱になった。

FY工業という土建屋に就職した。ある日土建屋の前に置いていた僕の自転車がなくなった。
親方が「今月から日給千円あげてやる。車買おう アハハハ」と身体をくの字に曲げてまで笑いころげていた。
自宅で「自転車一台で大企業のリコーの言い分はメチャクチャになった。
その自転車をイタズラ好きの親方が面白半分で盗ったのだろう」と推測を話した。
あとで父親が母親に「あいつはみんな知っとる。たいしたもんだ」と言っている声が聞こえた。

自転車は盗まれたが給料が2万円以上あがった。
新しママチャリを買い通勤した。



しばらくして防犯登録のおかげで古い自転車が出てきた。
親方を驚かそうと古い自転車で通勤した。

親方は僕の自転車をビックリした表情で見つめ
「わしの車で現場まで送ってやる」と言い
僕に敬意を表し「偉い人は前に乗るものだ。後ろに乗れ」とマナーとは逆のことを言い
僕は親方が運転する高級車クラウンの後部座席(上座)に乗せられ現場まで送迎される日が数日続いた。
( ほかの土方仲間はワゴン車で現場まで連れて行かれた )

土方の親方が、大企業のリコーが僕の目立つ自転車通勤に眉をひそめているのを知り
話を面白くしようと僕の自転車を盗んだらしい。
そして僕が自転車を取り戻したため、
親方は「こいつは凄い」と敬意を表し
高級車クラウンの後部座席に僕をのせ建設現場に送迎したらしい。

ゴルァ リコー ベンツ買うから1千万円出せ!
僕はプライドが高いから高級外車でないと恥ずかしくって乗れないのだ。




FY工業在職中にリコーの件を聞きにくかったので
辞めた後電話をかけると、まず現場監督が出て
僕が「リコーの事知りませんか?」と聞くと「しっ、知らん」とどもり相当動揺していた。
親方も「知らん! 知らん!」と相当動揺していた。
僕が親方に「在職中僕の自転車を盗んだでしょう?」と言うと「ハハハ」と豪快に笑っていた。

リコーが隠蔽を図る醜聞