VST Plugin

自作のVST Pluginを公開しています。

Synthesizer
試作 ver.α1 (test version) OS : Windows 15.Sep.2003
Effector
Pitch Shifter (test version) OS : Windows 28.May.2006
Others
キターVU ver.2 OS : Windows 23.Dec.2005


Pitch Shifter (test version)

とりあえずテストした音声ファイルをアップしました。

Bass 44.1KHz
Bass 48KHz
Bass 88.2KHz
Piano 88.2KHz

オリジナルの音声→Dry/Wetを50%に→Fine Tuneを上げる
→Coarse Tuneを上げたり下げたり→Wet 100%に→
あとはDry/Wetを動かしたり、Coarseでオクターブ下から
オクターブ上までスイープしたり、といったテスト。

オリジナルの音をそのまま出力しているので、ピッチシフト
された音声は1024サンプル分遅れて発音しています。
ディレイがかかっているように聴こえるのは、そのためです。

結局、GUIはアリモノを流用しました(笑)
Dummyマークのあるノブやスイッチは、機能と無関係。


AWPitch.zip(250KB) Download

■動作環境
OS:Windows版のみ。
このプラグインを使用するためには、VST ver.2.3以上をサポートしたホストアプリが必要です。

■仕様
音質重視。かなり重いプラグインです。 高速化する余地は多々あり。

サンプリングレート88.2KHzで動かす際は、マシンスペックを考慮してから実行してください。
開発マシン(Celeron 1GHz) の環境ではハングアップしました……。



試作シンセサイザー ver.α1
シンセとエフェクトのテスト用に作った試作品。

 ←クリックで原寸画像。

Shisaku012.zip(332KB) Download
Shisaku_SSE012.zip(333KB) Download (SSE supported)

ご注意
このプラグインはVC++ .NET 2003でコンパイルしてあります。このため、お使いのPC内にmsvcr71.dllがないと起動・動作しません
このDLLファイルは最近(2003.7月以降)発売されたアプリもしくは.NET FrameworkをインストールしていればPC内にあるかもしれません。
幸いmsvcr71.dllは再配布可能ですので、お持ちでない場合はmsvcr71.zipをダウンロード&解凍してWindowsのSystemフォルダにコピー、
その後PCを再起動してください。

■サンプルサウンド
breeze.mp3(932KB) Download

試作シンセを実際に使ってみました。ドラム以外のベースとエレピ、サイドギターは試作シンセです。
ただし普通にエフェクトをかけてしまったので、普通のシンセの音になっちゃいました。
エフェクトなしのドライな音も採ろうと思ったのですが、プリセットの読み込みができないので同じ音が再現できません(笑)。

このように、このシンセは無保証です。
仕事などクリティカルな用途には絶対に使わないでください。
使わねーって、普通。

■動作環境
OS:いまのところWindows版のみ。Mac版は気が向いたら。
このプラグインを使用するためには、VST ver.2.0以上をサポートしたホストアプリが必要です。
(Windows XP Pro, Windows Me+FL Studioで動作を確認しました)

■仕様
・3VCO
・SIN,TRI,SAW,SQR,SAWSIN,SQRSINに加えBLIT方式のSAW,SQR,TRIの基本波形。
  さらにWavetableを使用したプリセット音x2。ホワイトノイズ、ピンクノイズ。
・VCA、VCF、VCPに独立エンベロープジェネレータを採用
・最大同時発音数 16
・LP、HP、BP、Notch、LP24dB、BP24dBフィルタを搭載
・エフェクタとして、ディストーション、フェーズシフター、フランジャー他を仮搭載
  (ノブを表示していないため、ほとんどのパラメータが固定になっています)

■判明しているバグと仕様上の不備
・VCO2, VCO3のOn/Offスイッチがダミーのまま。
・VCAのマルチプライヤーがダミーのまま。
・BP24dBフィルタの表示がHP24dBとなっている。
・BLIT式オシレータで、まれにノイズが発生する。
・パラメータの初期化漏れがある。
・その他、多数。

■変更点(Sep.15)
・SSEに対応した。
・ホストによって無音時にハム音がでるバグをFix。

■変更点(Sep.14)
・3VCOとした。
・エフェクタを仮搭載した。
・こまごまとしたバグをFix。
・やや高速化した。

■更新履歴
・2003.Sep.15 version.α1 SSE対応版公開
・2003.Sep.14 version.α1公開
・2003.Aug.14 version.α公開

■今後の予定
・LFOを実装する
・フィルタの種類を増やす
・プリセットを作る
・MIDI Learn機能を実装する

以上を来年夏までに
ヒマなときに作るかも。



キターVU ver.2
Joke Plugin





kita02.zip (153KB) Download

■動作環境
OS:Windows版のみ。
このプラグインを使用するためには、VST ver.2.3以上をサポートしたホストアプリが必要です。

■仕様
サンプリングレートを反映していないので、サンプリングレートによって戻りの早さが変わります。
VUといいながら、現時点で表示しているのはPeakです。