本当はAV出演は苦痛ですか?   




実際のAV女優の方に、質問させて頂きたいです。

本当はアダルトビデオに出演することは苦痛なのですか?

また、自分が出演したアダルトビデオが
不特定多数の男性に見られていると
思うことも苦痛なのですか?

引退後にも、自分の出演した作品が永久に市場に出回るというのも
やはり苦痛なことなのでしょうか?

気になったので、お尋ねしました。



2005年1月から、2ちゃんねる掲示板において
AV女優の方々を対象にした、「アダルトビデオへの出演は苦痛であるか、否か」
を質問するスレッドが立てられました。
その結果、1年半の間に数十件のコメントが寄せられ、
しかもその大半が、仕事自体を苦にしている、
少なくとも、楽しくはない、という回答をしました。

現在では、一部の雑誌やメーカー側の報道により、
彼女らの多くが、楽しみつつ、AVに出演している、
という誤った認識が世間に広まりつつあります。
その結果、AV市場の拡張のペースは拡大し、
一部では、実際の強姦や傷害を伴う、違法的な
撮影物も広まるようになりました。

AVを利用する人たちは、少なくとも
AV撮影に登場する女優たちが、一体どういう心境で
仕事に取り込んでいるのかを、
知っても良いことだと思います。
もし、日本中のAV利用者がそうしたことを知るのなら、
それは、きっとAVに纏わる違法行為や
違法的なスカウト、契約外の詐欺的脅迫的撮影、
またそうして撮影されたものへの世間の需要を減らす糸口にもなるでしょう。

以下に、当該掲示板のAV関連の記事をまとめ
代表的なAV女優の方の感想を整理することにしました。



 
主なAV女優の感想
2005年1月〜2005年6月まで
統計


資料室
参考になりそうな文献
参考リンク集



Counter

ご意見・問い合わせ等

av_record@excite.co.jp