AutoUnCPRM (略称:AUC)

 ダウンロード


 更新履歴と過去のバージョン


 FAQ

・"…は、内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません"
 →必要なプログラムがない(比較的多いのが必要ファイルを解凍していない、ウイルス対策ソフトの誤作動で実行できないなど)

・"指定されたプログラムは実行できません" "〜.dllが見つかりません" "このアプリケーションのサイドバイサイド構成が正しくないためアプリケーションを開始できませんでした"
 →VC++2005ランタイムを導入して下さい

・Win2000やXP環境でVR_MANGR.IFOやVR_MOVIE.VROのサイズが異常で復号に失敗する(両者が同じサイズ、VROが小さすぎる、中身が見えないなど)
 →DVD-RWならファイナライズする。パケットライトソフトやUDFリーダーをアンインストールする。改善がなければ別のUDFリーダーを試してみる(Pana UDFリーダー、Roxio UDFリーダー、Sonic UDFリーダーなど)。
 ※我が家でXPを使っていた頃はS社UDFリーダーがあると未ファイナライズのDVD-RWが読めるようになるので意外と重宝していました。今はWin7なのでUDFリーダーは導入せずOS標準です。

・保存先が指定通りにならない
 →c2decが-RWオプションに対応する前のバージョンですと正しい引数をc2decに渡せず、結果として保存先が指定通りになりません。c2decを最新版(タイムスタンプが2007/08/26のもの)に変えてください。

・CRCエラーで止まる
 →主に焼き損じで発生。読み取り性能の違いからドライブを変えると正常に読めることあり。それでもダメでコピ10ならもう一度焼き直す。それができなければCDCheckを使ってHDDにレスキューしたファイルをコマンドプロンプトから手動で復号する。
※コマンドプロンプトの使い方が分からない方は、"cprmgetkey コマンドプロンプト"でググる。
 あるいは以下の方法で対処。
 事前準備--------------------------------------------
  1.HDDのルートにDVD_RTAVフォルダを作成
  2.AutoUnCPRM.batの初期設定項目set GetKeyDrive=のところにDVD_RTAVフォルダを作成したHDDのドライブレターを記入
  3.AutoUnCPRM.bat内で %GetKeyProgram1% %GetKeyDrive%: >key.txt を検索し
   rem %GetKeyProgram1% %GetKeyDrive%: >key.txt
   に書き換える
  4.AutoUnCPRM_HDD.batなどの別名で保存
 ----------------------------------------------------
 通常のAutoUnCPRM.batでripping開始→CRCエラー発生(key.txtはそのまま残しておく)
 CDCheckを使ってエラーの発生しているメディアからVR_MANGR.IFOとVR_MOVIE.VROを1.のフォルダにレスキュー
 4.のバッチを起動

・CRCエラーではないのにあと少しのところで止まる
 →保存先のHDDがNTFSであることを確認。USB外付けHDDによくあるFAT32では4GB以上のファイルは作れません(現在のAUCでc2decを利用する設定では、保存先がNTFSではなく、かつ、VR_MOVIE.VROが4GB以上の場合は、その旨を表示して作業を中止します)。
 また、NTFSに関係なく芝機で発生することがある模様。この場合、VR先頭の黒い部分2秒ほどを省いた状態のプレイリストからメディアへ焼き直すと良いらしい(未確認情報)

・VR_MOVIE.VROの拡張子を.mpgに変えたが先頭のタイトルしか認識しない
 →VR_MOVIE.VROはmpegの複合体であるため、複数のタイトルが格納されたものをmpegファイルとして扱うと先頭しか認識できません(複数のタイトルが存在する場合、VR_MOVIE.VROの拡張子を単純に.VROから.mpgに変えるだけではダメ!)。レコ機によっては1タイトルであってもCMカット編集などをおこなうと複数のmpegに分かれ、同様の現象が発生します。
 TMPGEncシリーズであれば復号後のVR_MANGR.IFOとVR_MOVIE.VROを名前を変えずに同じフォルダに置いて「追加ウィザード」→「DVDから取り込み」→「保存先フォルダを指定」で読み込むと全てのタイトルを認識することが出来ます。
 DVD-VR読み込みに対応していない編集ソフトを使う場合やmpeg互換にするならvro2splitで切り分ける必要があります。

・4GB以上のVR_MOVIE.VROにおいてvro2splitが正常動作しない事がある
 →vro2split Ver0.3 or 0.4の導入。

・CMカット編集点で音ズレが発生する
 機種にもよると思いますが、レコ機でカット編集をおこなうと音ズレの原因となる場合があります。CMカット編集はレコ機ではなく、取り込み後にPCの編集ソフトでおこなうのが吉です。

・GUI(グラフィックユーザーインターフェース)では使えないの?
 →作者とは別の方がCPRMDectypterと言う名前で作成。AutoUnCPRMに同梱されているファイルを全て同じフォルダに入れれば利用可能。c2dec利用時は「音声制御情報[C値]を除去しない」を推奨。CPRMDectypterから利用した場合、vro2splitとの連携は不可。