Counter

コンテンツ
トップ
プレイステーション関係
セガサターン関係
N64関係
palm
MSX
ゲーセン基板関係
2004年06月28日 Rev.03


DVDプレーヤ Win3023DHの修理
(電源故障)

注意:自分で修理を行うと、販売店やメーカーなどの保証が効かなくなることや、
安全面などのリスクが伴いますので、修理はご自分の責任下でのみ行ってください。
当方では修理によって発生したいかなる被害にも応じられません。






1.概要

 怪しい日本語表示やリージョンフリー再生の低価格プレーヤとして一時期話題になったWin3023DHですが、使っているうちに電源が入らなくなる不具合が多発しているようです。修理の際は中国に送り返したりするので聞くところによると1ヶ月くらいはかかるとか・・。
 症状は、電源を入れても起動せず、蛍光表示管が全く点かない、電源から発振音がするなどです。

2.修理方法

 本体をばらし電源ユニットを調べてみると、電解コンデンサが異常となり、トランスが発振音を出していました。修理はこの電解コンデンサを交換するだけです。電解コンデンサは念のため同じ温度と容量で、電圧定格が大きい物に変えた方がいいと思います(できれば定格温度も高いものに変更)。今回は日本製のコンデンサで耐圧を25Vのものに交換しました。

 対象の部品番号:EC10 MAKER:VENT(KDC?) 定格:1000uF,16V,105℃
 


写真1 電源部分
写真中央の大きめの電解コンデンサがEC10です。
 


写真2 不良のコンデンサ トップ部分
トップ部分が膨らんでいる


写真3 不良のコンデンサ ボトム部分
ゴムパッキン部分がむき出してしまっている


3.履歴

 2004.06.28 Rev.03 写真を取り替え、誤字修正
 2004.01.15 Rev.02 誤字修正
 2003.06.28 Rev.01 新規作成
 

 戻る