The Yamaha Twin home page

2007年11月3日、九十九里浜にて

Yamaha RD250 1976 

$Index$

◆◆RDとリトルツインHS1、整備ノート◆◆

◆◆元気なトレールDT90、画像集そしてパソコン◆◆


1957年のYD1からスタートしたヤマハの2ストロークパラレル(平行)ツインも1999年のR1-Z生産終了でその幕を閉じました。2ストツインの中で特に印象に残っているのは1970年代初めの空冷モデルです。1970年には90ccツインのHX90からAX125、DX250、RX350とフルラインナップが揃いました。その後HX90は消え、350ccは400ccになりましたが1980年のRZ250の登場まで空冷2ストツインはヤマハの主力モデルであり続けました。その2ストツインに21世紀も乗り続けます。
                       

  

2017年5月2日、郡山JCTにて焼き付き、郡山インター近くで2トンリフト付きを借り自宅へ陸送中

久々のツーリングは磐梯山経由日本海と決めて走り出した午前中、240キロ程度走ったところで焼き付き、リタイアとなりました。常磐道から磐越道を走るコースを選びましたが磐越道の長い上りが負担になったと思います。スピードを落とせばよかったのですが4速、5速を使ってハイペースで走ったのが悪かったようです(あくまでRD250レベルのペース)。常磐道のサービスエリアで立ちごけをして荷物満載のRDに足を挟んだところからペースが乱れ気味でした(バイクを起こして下さった茨城県ライダーの皆様、ありがとうございました)。

連休最終日、シリンダを外しました。左側がひどく焼き付ていました。磐越道の長い上りで負担をかけて焼き付き寸前となり、郡山ジャンクションでアクセルを絞った途端に焼付いたと思います。ガスケットの手持ちがなく連休中は組み立てることができませんでした。大切な手持ち部品をだめにしないように慎重に作業を進めて5月中には完成させたいと思います。

2017年 5月7日、ひどい傷ができた左ピストン

 

2017年5月14日、手持ちのピストン、シリンダを組んで近所を走行

ヤクオフで入手した中古のピストン、シリンダを組みました。深い傷はありませんがそれなりに走行したRDのもののようです。ピストンピンは再利用できそうにないため新品を組みました。大きなメカノイズはありませんが十分なじませるために500キロ程度は近所で慣らしをしようと思います。

 

6月2週目の週末、天気もよかったので午前中から夕方まで慣らし運転をしました。成田空港の横を通り、横芝光町の食堂でぶつライスを食べ、銚子を回って帰ってきました。県道、国道を8時間、250キロを走って慣らしは500キロを超えました。まだしばらくは5000回転までに抑えて走ろうと思います。それにしても一般道を長い時間走るためにはもう少し上半身の筋力を高める必要がありそうです。

2017年6月10日、飯岡の海岸で一休み



 

2016年4月16日、甲府を離れた日、芦川の橋の上にて。そして4月23日、新しいジョギングコースの利根川の土手

2016年4月に10年間暮らした甲府を離れて1年経ちました。新しいジョギングコースの利根川の土手にもすっかり慣れましたがバイクで走るコースが田んぼ道で単調です。新緑の季節にはまたカーブの多い芦川の県道を走ろうと思います。

 


※このホームページの作成には「私のアトリエ」の素材を使用しています。


Lastupdate:2017/6/11