-Conakry-

Karamoko Camara
 djembe workshop



moko-work

Benkadi-live

Conakry-live

moko-work






カラモコ・カマラ

 ギニア共和国コナクリー市出身。幼少
時から伝統音楽の演奏を始め、10代にはこの世代を代表するプレーヤーとなりプロとして活動を始める。この頃からすでにバシコロ・デ・カルウム、パーカッション・デ・ギニア・ジュニア、サーカス・デ・バオバブ、メルベ・デ・ギニア(ヨーロッパで賞をもらい、ギニアでも最優秀賞に輝く私設の舞踊団)などの有数な舞踊団や音楽団で演奏をする。
 1999年にメルベ・デ・ギニアと共にアメリカ合衆国、ニューヨーク市に拠点を移し活動をする。合衆国において彼の才能はさらに花開き、アメリカ全国を演奏活動してまわる。99年秋にはアメリカの音楽の殿堂であるリンカーンセンターでメルベと演奏し各誌に絶賛される。アメリカで所属したカンパニーは:バシコロ・ニューヨーク、バガタバレエ団、グループ・フォリバ、フォテバ、バミ/デレ等。また、ニューヨーク市にて週2回の人気のレギュラークラスを受け持つ。
 2001年には東京に拠点を移す。ギニアの情熱に満ちた素晴らしい音楽を日本の人々に紹介している。NHK(3回)、日本テレビにも出演。各地でドラムクラスを開催しながら、日本全国で演奏している。
 栃木県佐野市で始まったドラム・クラスは、その後宇都宮市でも開講され、どちらのクラスでも熱気に満ち、充実したレッスンが行われました。

 


-コナクリ-
 2004年9月より、ギニアのミュージシャン、カラモコ・カマラ氏を招いて、月2回隔週の金曜日にワークショップを行っています。栃木県佐野市で始まったワークショップに一年程参加しているうちに、自然な流れで、宇都宮市でも!と始まりました。

 現在カラモコ先生はフランス・パリに拠点を移し、活躍されています。コナクリクラスは以前教えていただいた曲を練習したり、栃木に在住しているモモ・ケイタ先生に不定期ですが教えていただいたりという活動を続けています。

 カラモコ先生がワークショップ・クラスに付けてくれた名前「コナクリ」とは、ギニアの首都名です。








宇都宮 コナクリ・クラス 

コナクリ 練習クラス
月に数回、不定期に開催しております。

ジェンベのレンタルあり。

場所:主に宇都宮市 豊郷地区市民センター
  

スケジュール、料金等詳細は、お問い合わせください。 mail





宇都宮 コナクリ・初心練習クラス  

 金曜日のクラス前半にも基礎練習の時間を設けていますが、初めて来る方のために新たな基礎練習クラスを設けます。基本的な叩き方から簡単なリズムまで、しっかり叩けるようにしたいと思います。

 ○ 月1、2回開催します。
  


          
スケジュール、料金等詳細は、お問い合わせください。 mail



          お子さんの参加について

 
コナクリ・クラスでは、以下の条件でも大丈夫なら、お子さん(小学校高学年以上)の参加も可能です。


 ○ 本人に“やってみたい”という強い気持ちがあること。
 ○ 初心クラスからの参加。
 ○ 周りのみんなに迷惑をかけずに一緒に頑張れること。
 ○ 毎回、保護者の方の時間内での送り迎えが可能なこと。

 料金を含め、詳細についてはお問い合わせください。