愛鷹クリニック 愛康会グループ ホームページへようこそ
更新28/8/4

     

  愛 鷹 クリニック ご 案 内( 概 要 )

 愛康会グループは、                                

● 心のかよう親切 ● 和やかで快適な環境 ● 清潔と安全 を基本理念として、地域社会への貢献を続けていきます。 

   愛 鷹 クリニック1F、

介護療養型老人保健施設 あしたかケアセンター 【75床】2F・3F、   

 片浜介護支援センター(併設)タカネ園、椎路の里と緊密に連携しています。

[診 療 科 目]
・一般内 科・消化器内科・一般外科・整形外科・泌尿器科
3F:介護療養型老人保健施設56床(4床室)他 食堂・機能訓練室、多目的浴室等。

2F:介護療養型老人保健施設19床(個室、2床室)他 機械浴室、デイルーム、面談室等。

1F:外来診療 居宅支援  通所リハビリ 及び男・女一般浴室、休憩室等。

上記増築と本館の改装により、アメニティな空間・設備を取り入れて新装開設しました。

 黒岩 宏理事長は、東京医科歯科大卒にて医師資格取得の後、米国で7年間の臨床修練修了にて米国外科専門医試験に合格、その後国内にて経験を積み重ね、確かな医療の提供をすると共に、老健二施設と緊密に連携を保っています。そして、今後必要とされる快適な空間・設備を取り入れるため、各施設の新設、増設、リニューアルを実現した現在、地域医療と福祉における社会貢献を続けるための人材配置には「利用者の皆様を敬う」その人間性を重んじています。  通院時の送迎を実施しています。

院内のご案内(別館)

二階 談話室

二階 特別室

二階 特別室

三階 機能訓練用浴室

三階 食堂・機能訓練室

三階 機能訓練用便所

一階 庭付き岩風呂

一階 庭付き岩風呂

三階 特別浴室

一階 通所リハビリテーション

 

院内のご案内(外来 検査機器等 )
超音波診断装置(エコー)

[ 一 般 内 科・循 環 器 科 ]

超音波診断装置(エコー)

[ 一 般 外 科・泌 尿 器 科 ]

三次元ヘリカルCTで、

精密検査が受けられます。

 従来よりも検査時間が大幅に短縮されました。当院の最新CTスキャナでの検査は、患者さんが寝台に横にな  るだけで、苦痛無く頭部や胸部、腹部等全身の断層象(輪切り)が鮮明に撮れます。とくに、らせん状に連続してデータを収集する事ができ、従来の装置より短時間で広範囲の検査が行えます。立体的に三次元画像(3D)でみる事ができるので、初期の小さな癌もみつけることができます。

デジタルFCR(レントゲン撮影装置)

超音波骨密度測定装置  

             

当愛鷹クリニックでは、最新鋭の超音波骨密度測定装置を設置しています。安全で簡単(X線被ばくが無く、測定は1分程度)、高精度で、わかりやすく結果が表示されます。

X線診断システム(X線テレビ装置)

乗り降りが容易

テーブルを68cmまで下げることにより、

 乗り降りが容易で、ストレッチャーからの

移動がスムーズに行えます。

検査に最適な高さに対応

 全範囲で透視診断ができますので、

 大腸ファイバーなどの内視鏡検査が

 操作しやすい高さで無理なく行えます。

高さの設定が容易

テーブルの高さは大きくて見易い

デジタル表示です。

 検査準備段階で必要な高さの設定が

容易です。

起倒角度の設定が容易

 起倒角度も大きくて見易いデジタル表示で、

角度設定が容易です。

 検査可能な部位(咽頭部から胸部・腹部までさまざまな部位の検査)

・食堂撮影(約2回/秒の高速連続撮影機能

・胸部撮影(X線管装置の旋回機能により十分な距離を保った胸部撮影

その他・造影剤流し込みが容易・的確な動態観察が可能・シャープな透視像、高解像力

超音波検査(エコー検査)

 超音波検査・エコー検査は、超音波を対象物に当ててその反響を映像化することで、対象物の内部の状態を調査することのできる画像検査法の一種です。             エコー検査は体外からプローブを当てるだけで検査出来る上、非常に安全でこれといった副作用もないことから、医療現場で最も頻繁に行われる検査のひとつです。      固い骨に囲まれている頭蓋のような部分を除けば、事実上体のほとんどの部分がエコー検査の適応となります。代表的なものとしては、以下のようなものがあります。

・腹部エコー検査では、肝臓、胆嚢、腎臓、膵臓、脾臓、大血管等の様子を観察する事が できます。胆石等はまずこれで発見を試みます。腹水の貯留も検査出来ます。

・四肢では、筋肉などの軟部組織の腫瘤の検査を行います。

・甲状腺では、甲状腺機能亢進症や甲状腺腫の診断や評価に用いられますが、体表に近く高解像度の画像が得られるため、基本的に超音波検査が第一選択となります。

・前立腺の検査では、経直腸エコーを用いることがあります。

 超音波診断装置は、検査時の患者さんへの負担が他の画像診断装置に比べて少なく、またリアルタイムに画像を観察できることから、腹部一般の検査や循環器等の幅広い臨床領域で使われています。

当院の外来診療科目に ついて

通常の通院時、

又は困られた時は

ご連絡下さい。 

患者さんの送迎を実施しています。    055-967-3711
一 般 内 科
内科とは手術(処置)以外の治療を行う診療科をいいます。投薬、医療器具による治療、患者さんに対する生活指導などが主な治療法です。一般内科とは各部位によって細かく分かれる「〜内科」と呼ばれるもの全てを総合的に治療する科のことです。
消化器とは食べ物の通り道となる食道、胃、腸と、それらにつながり栄養分を吸収するために働く肝臓、胆のう、膵臓などの総称です。それらの臓器に発症する病気を内科的に治療するのが消化器科です。
外科とは主に手術や処置を行い患者さんを治療する診療科です。一般外科とは各部位によって細かく分かれる「〜外科」と呼ばれるもの全てを総合的に治療する科のことです。
整 形 外 科
全身の骨及び関節の異常で生じる痛みや麻痺などを、外科的に治療する診療科です。ただ、痛みや麻痺、シビレの症状が出ても、原因が神経にある場合は神経内科の担当となります。
泌 尿 器 科
泌尿器とは腎臓、尿管、膀胱、尿道のことを言います。それらの病気を主に手術を行い治療する診療科で、基本的に外科の一部とされています。また、女性性器に関する病気は婦人科が担当しますが、男性性器の病気は泌尿器科の治療範囲となります。
リハビリテーション科

精神や体の機能が障害を持ったまま固定してしまった場合に、機能回復の訓練を行う診療科です。医師の指導のもと、理学療法士や作業療法士等が協力します。

診療内容ご案内  消 化 器 科  P1

おなかの病気いろいろ 鼻から行う内視鏡検査(経鼻内視鏡検査)

  • 食物は消化管という長い管を通して、消化・吸収されていきます。
  • それぞれの器官には、割り当てられた大事な役割があります。
  • 大切なおなかのしくみと主な病気の説明です。

大腸検査の重要性  消 化 器 科 
      日本で増え続ける大腸がん[ 大腸がんは、がん死因の上位へ ]

 我が国において、がんは1981年に死亡原因の1位になってから、その地位はずっとかわっていません。なかでも近年、男女ともに大腸がんの増加が目立っています。女性では2004年から胃がんを抜いてがん死因の1位に、男性でも現在は4位ですが、2015年には肺がんに並ぶであろうと言われています。

 なお、2005年に大腸がんで亡くなった人は4万人を超えています。

[大腸がんが増えている要因]                

 なぜ、いま大腸がんが増えているのか、その要因に付いては多くの調査・研究が行われていますが、現在我が国における食生活の変化の影響が注目されています。とくに食生活の欧米化により、肉類などの高脂肪食品を食べる回数が増えたことが関与していると考えられています。また、結論は出ていませんが、運動不足や肥満などとの関係も推測されます。   

40才、あるいは50才をすぎたら「がん年齢」。

加齢とともにがんにかかるリスクは高まります。

 その他、次に挙げるような要素があれば大腸がんのリスクは高まると考えられています。なかでも家族に大腸がんにかかった人がいる場合は、リスクが高くなることを自覚しておく必要があります。

       ーーー 大腸がんリスクの目安 ーーー

 ・40才以上 ・便に血が付着する ・便の色が変 ・便が細くなった、出にくい

 ・便通の習慣の変化 ・血縁者にがん経験者がいる ・大腸ポリープができたことがある

大腸検査の重要性  消 化 器 科 P4

            早期発見・早期治療を

 大腸がんは他のがんに比べて治療率が高いと考えられていますが、これはあくまでも早期発見が大前提です。がんが大腸の粘膜層にとどまっていて、筋層に届いていない段階であれば、内視鏡による処置にて治癒が期待出来ます。

      ーーー がんの浸潤度による早期・進行がんの分類 ーーー

 進行がんでも特に、漿膜を越えている場合、隣接臓器へ浸潤している場合に末期がんといわれる。

          早期がんなら内視鏡での治療が可能に

 がんに対する内視鏡の治療技術も年々進歩しています。これまでは外科手術が必要とされた病変も、早期のものであれば内視鏡で切除し、完治出来るようになってきました。 がんの大きさや部位によっては、日帰りで内視鏡治療を受ける事も可能です。     しかしがんが進行すれば、開腹などの外科手術や抗がん剤による治療などが必要となる場合もあります。それだけに、早期発見・早期治療が大切であると言えるでしょう。

          大腸がんは自覚症状がないまま進行する

 早期の大腸がんは症状があらわれにくく、自覚症状が出た場合にはかなり進行していることもあります。大腸がんを早期のうちに発見するためには、自覚症状がなくても定期的に検診を受け、精密検査が必要な場合には、積極的に大腸内視鏡検査を受ける事が大切です。

 大腸がんのうち結腸がんの進行度別の生存率を調査したグラフです。         早期がんを指す「ステージ1」であれば、治癒の目安となる「5年生存率」も90%以上となり、早期発見が重要であることがわかります。

  

              大腸がんの検査法について

 通常、自治体や会社が行っている健康診断は一次検診といわれます。大腸がんの場合、一次検診ではおもに便に付着した大腸からの出血を調べる「便潜血検査」が行われます。出血の疑いがある場合は「陽性」と判定されます。必ずしも「陽性」=「がん」ではありませんが、陽性の場合何らかの病気の疑いがありますから、より精度の高い検査(二次検診)が必要です。

便潜血検査には大腸がんのリスクがある人をふるいわける役割(スクリーニング)があります。まずは便潜血検査を受け、陽性と判定された場合には、大腸内視鏡検査などより精度の高い検査を受ける事が重要です。

ハイビジョン内視鏡
      [ ハイビジョン内視鏡システム ]

限られた時間の中で、より精度の高い検査をする。そのためにオリンパスでは世界で初めて、内視鏡に「ハイビジョン技術」を導入しました。                    走査線と水平方向の画素数が大幅に増大したモニターと、ハイビジョン対応の高画質CCDとの組み合わせによって、飛躍的に鮮明な画像が得られるようになりました。     従来の方式では発見が困難であったかもしれない微細な粘膜構造の変化も、観察しやすくなりました。

当院では、CF H260 AI(ハイビジョン、NBIシステム)を使用しています。

 愛鷹病院での内視鏡検査は、患者の皆様にご好評をいただいております。

従来信号とハイビジョン信号との比較イメージ

 従来TV信号                ハイビジョン信号

 

外 来 診 療 当 月 表

愛鷹クリニック、タカネ園、椎路の里で撮影、及び山歩きにて撮りました画像を

紹介しながら、三施設で活用している愛康会オリジナル カレンダーです。

 

院内各室ご案内

愛康会グループ 案内図

運営の内容等 ご紹介

ピアノコンサート(懐かしの音楽祭)

  

(医)愛康会の各事業所所在地、連絡先

   愛 鷹 クリニック  

  介護療養型老人保健施設 あしたかケアセンター 75床

  あしたかケアセンター 通所リハビリテーション定員:40人

        〒410-0875 沼津市今沢372-5 電話055-967-3711

        片浜在宅介護支援センター(居宅介護支援、訪問介護事業所) 

        〒410-0875 沼津市今沢372-5  電話055-967-3717

  タ カ ネ 園  施設入所定員:100人 

             タカネ園通所リハビリテーション定員:60人 

        〒410-0305 沼津市鳥谷611-1  電話055-967-8800                

        タカネ園居宅介護支援事業所                    

  椎 路 の 里   施設入所定員:100人

             椎路の里通所リハビリテーション定員:120人

        〒410-0302 沼津市東椎路32-1 電話055-927-3900                 

        椎路の里居宅介護支援事業所           

         

    愛康会グループ 人材募集内容

    職 種 他
    勤 務 形 態
    募集人数
    募 集 施 設 等
    医師(外科・内科)
    常勤又は非常勤
    1名

    愛鷹クリニック他

    介護職員
    常勤又は非常勤
    1名

    介護老人保健施設 椎路の里

    介護職員
    常勤又は非常勤 
    1名

    介護老人保健施設 タカネ園

    介護職員
    常勤又は非常勤   1名    介護療養型老人保健施設

          あしたかケアセンター

    利用者を敬う その人間性を重んじます。
    [ H28.8.4 現在 ] 
    電話:055-967-3711   Eメール:ashitaka@themis.ocn.ne.jp
           詳細はこちらへ  info@ashitaka