ようこそボランティアグループ「とまと」のページへ
   あなたは番目の訪問者です
   

扉にカーソルを当てクリックしてください


東日本大震災お見舞い

東日本大震災で被災された方々に心からお見舞い申し上げます

16年前を思い出し胸が痛みます

あの時、私たちも多くの方に支えていただき
お互いに助け合って乗り越え
ここまでやってこられました

辛い、厳しい事、たくさん有ると思います
どうぞ希望を捨てないで
乗り越えられますように
心からお祈りしております



ボランティアグループ「とまと」のメンバーより











2010年1月17日
 
阪神淡路大震災から15年がたちました
忘れたい辛い記憶
悲しい出来事
たくさん有ったと思います
一方
あの時助け合ってきた優しい気持ちと力強さ
あの日の教訓や経験から生まれた体験を
これからも語り継ぎ
防災の意識を高め
心豊かに安心して住める
街になる事を願っています



芦屋市立美術博物館で震災から15年写真展を
1月5日(火)〜2月21日(日)まで開催しています(月曜日休館)

1月17日(日)
「語り継ぎたい記憶」座談会がありました
ボランティアグループ「とまと」も協力で参加しています
写真はクリックすると拡大されます


 座談会風景
パネリスト:左二人目から 大森一樹(大阪芸術大学教授)・高嶋敏展(写真家/元芦屋市ボランティア委員会写真記録部長)
廣瀬忠子(芦屋市婦人会長)・中野正勝(前芦屋市助役)・明尾圭造(美術博物館学芸課長)
左端コーディネーター角野幸博(関西学院大学教授/NPO法人芦屋ミュージアムマネジメント理事長


座談会の後ティーパーティーを開催
参加していただいた多くの方にくつろいでいただきました
遠方からもたくさん参加していただき
有難うございました







桜も満開、5日は天気にも恵まれ最高のさくら祭りでした


バザー会場

路上イベント

市長も隣で水を販売

満開の桜