<トミおじさんのホームページより>
 
山の会 登山クラブへ入会したい

登山がしたい ハイキングがしたい 本格的登山がしたい人のために
芦屋の総合山岳会 アルペン芦山(ろさん)の紹介

        アルペン芦山は近代登山の発祥地、芦屋ロックガーデンのある地元の総合山岳会です。

      
トミおじさんが アルペン芦山(ろさんに入会を勧めるわけ・・・・ 

    それは、あなたが山登りをしたいなら入会することに多くのメリットがあるからです。


     入会すればどのようなメリットがあるのでしょうか?   (トミおじさん 記)

1 登山は一人単独で行くのは大変危険です。道迷い、思わぬ怪我,、天候の激変など自分一人では身動きできなくなることもあります。
  アルペン芦山ではグループで山行をし、経験者がリーダーになって適切に行動しますので、安全登山が出来ます。
  
2 アルペン芦山の山登り(ハイキング)は六甲山を中心に、兵庫の山、京都、滋賀、大阪、奈良、近畿近郊一円にバライティに富んでいます。
  一人単独で行く山は限られるてしまいます。入会すればいろいろ多彩な山登りに連れて行ってもらえます。登りたい山は申し出があれば計画します。

3 アルペン芦山の行くハイキングコースは一般道(登山地図上で書かれている道)ばかりではありません。四季おりおりに、あまり人が行ったことのない珍しいコースも歩きます。
  会員になると、自分の知らないコースに連れていってもらえるので「こんな道があったのか」と新鮮な驚きでビックリすることもあります。

4 アルペン芦山では毎週ハイキングを行っています。会員になれば、毎週、継続して山に登れます。
  自分一人で「どこの山に登ろうか」と考えると億劫になるときもあります。また少し天気が悪いと「今日は止めとこう」と云う気持になりがちです。入会して会員になると「今日も登ろう」と元気がでてくるものです。
  人は「継続的に飽かずに登る」ことが大切です。会はそのよな人を応援しているとも言えます。

5 山登り(ハイキング)は季節や登る山の状況に応じて持ち物、服装、装備が変わります。新入会者にたいして「登山学習会」もありますが、なにより会員になって日頃のハイキングに参加していれば、おのずと、いろいろ山の知識も得ることが出来ます。

6  あなたは、日本アルプスの「槍ヶ岳」とか「穂高連峰」といった有名な山々に登山してみたいとは思いませんか?そのような本格的登山をしたいと思う方は、必ず、どこかの山の会の会員になって、山の会のグループで登山して下さい。
 アルペン芦山の会員になっていれば、会員グループでの本格的登山に参加出来ます。当然グループは会員の経験者がリーダーをして安全登山をします。

7 アルペン芦山にはハイキング部の他、岩部、沢部などがあり、それぞれ新人教育も行っています。もちろん、新人には岩登り用具、沢登り用具の選び方から教えてくれます。はじめての人には用具の無料貸与もあります。けわしいアルプスの縦走とか、冬の雪山登山、さらに上級のバリエーションルートを登りたいという方は絶対こ岩、沢のトレーニングが必要です。アルペン芦山の会員になれば岩も沢も初歩から学ぶことがきます。

8 アルペン芦山に入会して日帰りハイキングを何回か続けていくうちに、会員仲間同士でグループを作って、夏山、秋山とアルプス方面の本格的登山に参加出来るようになり   テント泊もあり、山小屋泊もあります。楽しいですよ。

10 アルペン芦山の会員になれば、山行途中の行動、全般にわたって山の知識、山のマナーなども覚えます。 登山は山行の態度で評価されます。山で恥ずかしくない行動ができるよう、入会してトレーニングを受けておきましょう。

11 山の会に入会すれば山の友達がたくさん出来ます。アルペン芦山では年齢、性別、学歴、職歴、地位などいっさい関係ありません。山登りをする人に上下関係などありません。
   山登りは快調に登るときもあればシンドイときもあります。ともにがんばって歩き誰もが同じ汗をかき頂上では皆んなと一緒に達成感に感動します。  

12 アルペン芦山は思想、宗教なども関係ありません。誰もがこだわりの無い付き合いをして仲良く登山します。自由な雰囲気です。したがって入会も退会も自由です。 

13 高齢社会になるにつけ老化防止策として「よき友をつくり好奇心をもって何か趣味を持ちなさい」という時代です。アルペン芦山も高齢化は進んでいますが、皆和気あいあいと仲間の輪をひろげ、健康増進をはかり常に前向きに進んでいます。

14 アルペン芦山では、ハイキングしながらの自然観察会、歴史ハイキング、また観光ハイキング、海外登山もあり多彩です。会員同士でグループをつくって出かけます。
  
15 アルペン芦山会員になったからといって、会のハイキングや催しに全部参加する必要はありません。個人の都合で参加でも不参加でも自由です。そのようなことは全く気にする必要はありません。

16 会に入会せず、一般参加しているだけでよいと考える人がいますが、会員と一般参加者は違います。会員になれば登山に対する意識が高まり、みずからの登山実力が向上します。山に対する視野も広がるでしょう。ツアー会社の登山もありますが、知らない人同士の実力もはっきりしない人の寄り集まりでトムラウシ山事故のように危険です。山登りは    アルペン芦山の会員グループで行くにかぎります。 

       アルペン芦山の山行の実績はトミおじさんのホームページの「山便り」をご覧下さい。 
                                                                                                                   
            アルペン芦山に入会すれば経済的にも得く

@会費は月額900円です。日帰り山登り(ハイキング)の一般参加者の参加費はは1回400円です。会員は無料ですから月3回、山登りする人なら絶対お得ですよね。(ただし、入会金900円(入会時1回かぎり要)。会費は6ヶ月または1年分前納)       
A岩登り、沢登りの場合は一般参加者の参加費はそれぞれ2000円です。会員は無料で用具も無料貸与もありますから断然お得です。                          
B一泊以上の登山やバスで行くハイキングなどは、一般参加者は会員より一回1000円UPとなっています。                                          
C会員グループの山行は実費で出来るだけ安くをモットーに計画されます。
D会員にはハイキング保険が付いてます。但し本格的登山については各自が山岳保険に加入の必要があります。 (詳細は「入会にあたって」参照) 
                                                                                                                                             
      アルペン芦山入会の申し込み手続き用紙(付属の「入会にあたって」もお読み下さい)

 アルペン芦山の問い合わせはトミおじさん(アルペン芦山会員)へ メールでどうぞ。アルペン芦山の事務局を紹介します。
 トミおじさんのアドレスは 
ccc76790@nyc.odn.ne.jp
           上記アドレスをコピーして宛先に貼り付けて送信下さい

                                   アルペン芦山の home     トミおじさんのhome