ねこ娘  「あれ?なんだかここ…前来たときと変わってない?!」

鬼太郎  「え?!あ…!本当だ。父さん、なんだか入り口がひとつ増えていますよ?」

一反木綿 「鬼太郎どん、なんだか声がするでごわすよ…」

ぬりかべ 「ぬり〜!」

ねずみ男 「こ〜んなへんぴな所にくるなんて、どーせ物好きなじいさんか誰かだろ?」

目玉親父 「…ん?!そうでもないようじゃぞ?!」

鬼太郎 「ホントですね。…それも、1人じゃないみたいだ」

   がさがさがさっっ     !!

 嵐 子 「…もう!六三四がどんどん先に行っちゃうから迷ったんだすっぺ!!」

六三四  「んなこと言ったって迷っちまったモンはしかたねえべ?!だいたい嵐子だって…お?!」

 嵐 子 「六三四?!どうかしたのけ?…あ!!」

砂かけ婆 「人間の子じゃ!」

一反木綿 「うわ〜。ほんのごつ人間の子ばい!」

六三四  「ま〜んず、よかった〜!すみません。慈光寺さどっちへ行けばいいんだぁ?オレたち、
       ぺっこ道さ間違えたみたいで迷っちまったんだ」

   トントン・・・

六三四  「あ?!どうした嵐子?!」

 嵐 子 「む、六三四〜;;ぬ、ぬ、布きれがしゃべってるっす〜;;」

一反木綿 「む!!オイどんは一反木綿っちゅう名前があるばい!!」

鬼太郎  「まぁまぁ一反木綿。君たち、道に迷ったのかい?!」

六三四  「あ、いやぁ。ぺっこいつもと違う道さ入ったら…な」

目玉親父 「ふ〜む。ここはいろいろな場所と繋がることがあるからのぅ…」

 嵐 子 「ぎゃあ〜!!め、目玉が…!!」

ねこ娘  「あのねー!ここはゲゲゲの森よ?!知らないで来たの?」

六三四  「ええっっ?!オレたち、峠山さ来たんだっけが…;」

鬼太郎  「きっと、時空のひずみにはまったんだ…。大丈夫!きっと帰る入り口を見つけてあげるから」

六三四  「んだか?!」

ねずみ男 「おう!何だったらオレ様が案内してやるぜ!!」

砂かけ婆 「これ!どうせ案内料とか言って金をとるつもりじゃろぅ?!」

ねずみ男 「あ痛たたた…!!ヒゲ引っぱるなよ;;」

子泣き爺 「…さっき、鬼太郎が言ってた入り口がそうじゃないのか?!」

目玉親父 「おお!そうじゃな」

ねこ娘  「…あら?!なんか書いてある…」

鬼太郎  「本当だ。なになに…

         
ここは管理人朝野みづみが運営する〈ゲゲゲの鬼太郎〉および〈六三四の剣〉の個人ファンサイトです。
          みづみの妄想のみで作り上げたサイトなのでキャラが偏っています。ご注意ください。
          なお、
どちらの作品においても、原作者、アニメ制作会社、オフィシャル等とは一切関係がありません
          あらかじめご承知おきください。』

       だって…」

六三四  「…なんだかよくわからねえっけが…こっちの『琥珀のかけら』ってのが、オレたちの帰り道け?」

鬼太郎  「うん。そうみたいだよ?」

ねこ娘  「こっちの『森のなかま』っていうのは、あたしたちの入り口らしいから、それでいいはずだけど…」

六三四  「そうけ。ありがとう!さ、嵐子、行くべ!みんな心配して待ってるぞ?きっと」

 嵐 子 「待ってけろ、六三四!…あ!その…さっきはビックリしてゴメンね?!帰り道さ教えてくれてありがとう!」

目玉親父 「いやいや、なんの。気にしなくいいんじゃよ。気をつけてな」

鬼太郎  「さ、そろそろぼくたちも帰りましょうか?」

ねこ娘  「そうね!じゃぁ、ぬりかべ、頼んだわよ?!」

 

                                           

                     〈森のなかま入り口〉               〈琥珀のかけら入り口〉