ホームへ

We are the KAMOJI MATES !

学校祭のイベントとして、各クラスで発表を行う「クラス展示」ってのがありましたよね?
アレで、私たちのクラスは「東高スタジオ306」っていうのをやったんですよ。

どんなモンかって言うと、教室をテレビ局のスタジオに見立てて、いろいろな番組のパロディを生放送するとゆー。(^^;
例えば、「なるほど!ザ・ワールド」「クイズ ドレミファ・ドン」「ウィッキーさんのワンポイント英会話」「ドタンバのマナー」などなど。

…で、何が困ったかというとセット変更です。
番組によって解答者席なんかを入れ替えたりしなければいけないんですよ。
クラス展示のお客さんには番組観覧(場合によっては参加)してもらうんですけど、 セット変更の間に帰られては困ります。

そこで考えたのがコマーシャル。セット変更の間はスタジオと観覧席の間にカーテンを引いて VTR(本物)でコマーシャルフィルムを流すんです。これも勿論パロディですけど(笑)

さて、準備段階ではセット作りとVTR収録がメインになりました。
番組のリハーサルはほとんど無かった気がする(^^;

あれはクイズ番組の問題VTRを収録していたときのことでした。
「旭川には数々の噴水がありますが、なかでも有名なのが買物公園にある手の形をした噴水。 さて、この噴水の値段はいくら?」という問題です。

有名な「手の噴水」(正式名称不明) 市役所前の噴水から手の形をした噴水の場所まで、リポーターが解説をしながら歩いていきます。
最終的に手の形をした噴水にたどり着くと、そこには噴水大王というキャラがいて、クイズを出すという 設定でした。
(噴水大王とその仲間達は水着で噴水に生息しているのです。大王は噴水の手のひらの上に仁王立ち。 別に深い意味はなかったんですけどね(^^;)

途中、噴水だけをリポートしても面白くないので、リポーターは適当な看板を見て意味もなく絶叫していたんですね。
このような数々の絶叫リポートを経た後、出現したのが
「小林かもじ店」という看板だったのです。

小林かもじ店卸部(?)

「かもじ!」 …大きな声で叫んでみて下さい。
ね?なんかすごく笑える響きでしょ?
だいたいにして、「かもじ」って言葉聞いたことあります?
高校生だった当時の私たちにはとても新鮮な響きを持った言葉だったのです。
広辞苑には、次のようにあります。

かもじ【×
婦人の髪にそえ加える髪の毛。いれがみ。 ▽もとは髪のこと。女房言葉で、髪(かみ)の「か」と「文字(もじ)」とを付けた。

要するに「ヅラ」のことなんですね。ハイ。

当時はとりあえず「小林かもじ店」に入って意味を伺いました。 店のお婆ちゃんが親切に教えてくれたのが印象に残っています。

あまりにも印象に残る言葉だったので、その後に「かもじ」という言葉は私たちの中で マイブーム化してゆきました。
自然と自分たちのグループを「かもじ隊」と呼ぶようになったのはこの頃です。 ちゃんとTシャツや団扇も作ったんですよ。みんなまだ持ってるかな?

ちなみに、球技大会での仮装部門(※勝手にやってただけですが)でルパン三世やった時に ここからカツラを借りることが出来たのは、こんな裏話もあったんです。ルパン隊については卒業アルバムをご覧下さい。m(_ _)m

ま、そーゆーことで、先日ひさしぶりにその店の前を通りました。
10年前には、買物公園側(店の入り口側)の看板にも「小林かもじ店」という表記があったのですが、 数年前から「JOLIコバヤシ」っていうものに変わってしまったので、現在では横にある看板にしか 「かもじ」の文字を見ることは出来ません。残念です。

 

3次会のようす(たぶん(^^;)

んで、右は1998年のお正月にやった同期会の模様です。
これは3次会かな?
1次会に70人くらい集まったんですけど、予約が50人くらいだったので あぐらをかく余裕もありませんでした。
2次会も結構な人が流れたので、なかなか店に入れず数件をブラブラ。
人が多すぎて写真を撮る気にもなりませんでした。(^^ゞ

 

なぜか佐竹がいつも真ん中にいるなぁ…

3次会の後、ラーメン食べに行く前の写真。
たぶんみんな腹ペコ(^^;

この日は、みんなまじめに帰りました。

さて、当ホームページでは旭川東高同窓生の クラス会、同期会、OB会等の写真を募集しています。
生写真でも画像ファイルでもOK! 是非ご連絡下さい。

 

ホームへ