この頁の管理者
779-0108徳島県板野郡板野町
犬伏字大坪78-1
元 県議会議員
     扶 川   敦
電話 088-672-5875 
ファックス088-624-7758
携帯 090-1570-2045
2015年4月の一斉地方選挙で徳島県議会議員選挙板野選挙区に無所属で再出馬しました。
残念ながら、古巣の共産候補と共倒れになり、次点で落選しましたが、開票の夜、次回も出馬すると表明し、翌日から活動を再開しました。

  
   生活相談所事務所日誌

ご訪問ありがとうございます元共産党徳島県議会議員扶川あつしの公式ページです。(現在は無所属です)

私の仕事は、「人助けと世直し」です。
下記のとおり、扶川敦無料生活相談所を開設しています。お困りのことがあれば、何でもお気軽にご相談ください。
弁護士、司法書士さんのご紹介や、生活保護申請をはじめ役所への手続き同行など、専門家の力もお借りしながら、フットワークの軽さが売りです

扶川敦無料生活相談所

徳島県板野郡板野町犬伏字大坪78−1
(地図)

電話088−672−5875
携帯090−1570−2045
  
お金のない方のために、格安の引越サービスや中古家電・家具・生活用品販売をするTSKサービスも、事務所に同居し、連携して仕事をしております。

「貧困と格差の拡大は、もう我慢できない!」
政治に対して、行政に対して、世の仕組みに対して憤りや矛盾を感じることはありませんか。
たとえ現職議員でなくても、誰に対しても、ひるむことなく、しっかり物申して参ります。
是非ご意見ください。
ご意見や仕事のご用命はメールでも



私の発行している活動報告等

私扶川敦が責任を問われた「生活保護不正受給」問題とは・・

 私は、2013年1月まで共産党徳島県議会議員でしたが、不動産業者に「指示」して二重の入居費用計算書などを作らせ、生活保護を不正受給させたとして、逮捕されました。(「不正」と言われた内容は、このページに掲載した活動報告のチラシ等に書いています。)

 住宅の無い人たちを救おうと、「役所用」に家賃額を低くした書類を作った業者の行為自体、それを「不正」だと罰するほどのことなのかどうか、十分に議論の余地があります。
 しかしそれでも、清潔をモットーにする共産党の看板に泥を塗ったのですから、私も当然党の辞職勧告に応じるべきだと考え、逮捕の前に、「道義的責任を取る」と記者会見して自ら辞職していました。
 従って、その後の逮捕、逮捕後勾留中の共産党からの除名、裁判での有罪判決などは、どれもこれも納得がいかないものでした。

 裁判での私の主張を要約すれば、「私は指示などしていない。低所得者を救うために、単に業者の行為を見て見ぬふりをしていただけだ。しかしそのことについては、自ら辞職してすでに道義的責任を取った。これ以上刑事責任まで問われる筋合いはない」というものでした。
 そのように主張して最高裁まで無罪を訴えましたが、でたらめな事実認定と私に責任転嫁した業者の言い分は、結局最後までまかり通り、最高裁で有罪が確定してしまいました。私は、「日本の司法に幻滅した」と会見し、裁判での闘いに終止符を打ちました。

 私は、県庁で辞職会見をした際も、共産党から辞職勧告された時にも、「一旦辞職しけじめをつけて次回も出馬する。今後も活動を続ける。」と明確に宣言していました。
 そこで、検察の嫌がらせとしか思えない195日間におよぶ徳島東警察署での拘留を経て、保釈された翌日からライフワークである生活相談活動を再開しました。そして公約どおり、2015年徳島県議選挙板野郡選挙区に出馬しました。
 この選挙では、最悪の条件下、3800票余りをいただきましたが、残念ながら古巣の共産候補と共倒れし、次点で落選してしまいました。

 「我が良心に恥じることなし」「私の仕事は人助けと世直しです」・・これが私の掲げてきたスローガンです。私を応援して下さるたくさんの皆さんの励ましを受けながら、今もその通りに生きています。
 生活弱者を助ける社会運動家として、格差社会の是正を目指す政治家として、一生涯がんばり抜く決意です。

    2016年9月27日 扶川敦
 
フリーライター扶川敦の資料室
徳島災害ネットワークの活動紹介
私が代表をしている徳島災害ネットワークの活動をご紹介します。