Q:ペットが舐めても大丈夫ですか?

A:使用する用量なら(少量なら)大丈夫です。ただし、経口用ではないレシピの場合にはできる限り舐めさせないほうがよいでしょう。皮膚塗布した後は少なくとも20分くらいは舐めさせないようにしてください。

 

ペットアロマ

よくあるQ&A

Q:メディカルアロマって何ですか?

 

A:一般に普及しているアロマテラピーはイギリス式の香りを中心とした癒しの効果であるのに対し、メディカルアロマはフランス式の医療として用いられる治療法のことです。

Q:飼い主の私が同じものを使っても大丈夫ですか?

 

A:大丈夫です。ただし、同じ精油でも過敏反応(アレルギー反応)を起こす方もいらっしゃいますので、パッチテストを行ってから使用してください。(ぜひ、ペットだけでなく飼い主様自身が実感してみてください。)

HOME

「ペットのためのアロマ救急箱」より協会の了承を得て抜粋しています。

Q:メディカルアロマって何に効くのですか?

A:皮膚疾患・消化器疾患・脳神経疾患・循環器疾患・内分泌疾患など様々な病気に応用できます。(実際に獣医師の先生方はメディカルアロマで処方されています)

Q:犬の嗅覚は優れているので香りが強すぎないのでしょうか?

A:嗅覚がすぐれているというのは、わずかな香りを嗅ぎ分けたり、複数の香りを嗅ぎ分けたりする能力が高いということです。香りを判別する能力が優れているからといって、強く感じられる、または弊害があるとは考えられません。

Q:長く使用しても体に負担(副作用)はないですか?

A:ケモタイプの精油(日本の厚生労働省指定の成分分析表がついている)を使用している限り、他の薬品と比べて副作用はほとんどないと考えられます。ただし、長期に連用する際は、獣医さんに相談してください。

てんかん発作&ヘルニアのあるワンコと暮らしている

ご家族のパパ&ママさんには、アロマや温灸・

マッサージなどについて、無料で相談を承っております。

てんかんのケアとして使うレシピには、その子により

使うアロマが違う(レシピが変わってくる)こともあり

おすすめレシピも、いくつかあります。

その為、ご希望であればサンプルとして少量をお渡しして使っていただくことも可能です。

どんなケアをしたらいいか?色々悩んで迷っている時

そのお手伝いができたらと思っています。