心付け、袖の下、つけとどけ、紅包

謝礼について
結論から先に申し上げますが、わたしは一切、謝礼してないっす。
正直に言えば、「渡そうと考えていたが、断念した」ということです。

なぜかというと、同じ部屋の患者さんや、19階メンバーズにリサーチした結果、『国立だし、どう頑張っても受け取ってもらえないようだ』という結論に達したからです。
『お礼を渡したが固辞された』という体験談も聞きました。
なかには『こちら(患者)の気持ちを受け取ってくれないとは冷たい』という意見があったのも事実ですがね。

もちろん私の医師団およびナース様たちには、控え目に言って、空より高く海より深く感謝しています。
これ当然。


ちなみに卵巣癌III期をオペ+化療で治療された漫画家の大島弓子さんも、謝礼はしなかったようです。
そのへんの経緯は「グーグーだって猫である2」を御覧ください。多角的にオススメの一冊ですよん。
参考サイト
以下のサイトは、各自の感性で判断してくだされ。

Copyright (C) "癌々行こうぜ" All Rights Reserved.

ブログパーツ