サイコオンコロジー(がんが心に及ぼす影響)

[LINK] 心のケアの専門家:[がん情報サービス](国立がんセンターHP内)

前章
精神科を受診する前、あまりにツラかったんで、まず国立がんセンターのソーシャルワーカーへ電話し相談したら、精神科受診を勧められました。O松さん本当にお世話になりました。
精神科受診(2001年10月5日)
告知後、食欲不振と不眠症(夜寝付けないのではなく、早朝に覚醒してしまう)に何日も悩まされました。昼間ひとりで家にいると不安と恐怖が押し寄せてくるし、かといって人と会う気力もないし、ツラすぎて娘の顔も正視できず、怖くて本当に精神的にキツかった。当たり前といえば当たり前なんでしょうけど、ちょっと耐えられなかったので思い切って国立がんセンター中央病院の精神科を受診しました。実際は1時間近く話していたように思うが、特に印象に残ってる会話だけを以下に抜粋します。太字が先生のお言葉です。


「わたし死ぬんですか?」
「死にます。
でも癌じゃない人だって死にますよ
(そ・そりゃそーだわ)。ある意味、癌はある程度の余命がわかるので、他の病気より覚悟が出来ると言うか、付き合いやすいと思います」
なるほどね。

「前向きにならなくちゃ、と努力してみても、それがかえってツラいんです。『落ち込んでいると癌細胞が増殖する』って言われたり、そういう記述をインターネットなどで見かけると、今の精神状態じゃ癌が増悪しそうで本当に怖いんです」
「落ち込んだぐらいで癌になったり、癌が増悪したりしたら、鬱病患者はみんな癌になってしまいますよ(笑)。なんの根拠もないです。インターネットでの情報収集は、怖くなるぐらいなら見ないほが賢明です」
そ・そっかー、そうだよね。

「告知後2週間はだれでも落ち込む、ということを国立がんセンターのHP『がん告知マニュアル』で読みました。でも、わたしの落ち込みは普通じゃないと思うんです。それに『治癒率80%』って前の病院で言われたんですが、自分は残りの20%に絶対入るような気がして・・・」
「心が健康なら『自分は80%に入るだろう』と普通思います。あなたが何の根拠もないのに『20%に入るに違いない』と思ってしまうなら、それは抗不安薬を服用すれば緩和出来ます。
あなたの場合、今の精神状態は手術が終われば治ると思います。その間だけソラナックスを服用しましょう。今の状態を我慢する必要は全くありません。お薬に頼るのも一つの知恵です。ただ、勝手に服用を中止したりせず、指示どおり服用してください」


そしてソラナックスを服用し、なんとか復活しました。
副作用で眠気が出るので、車の運転は控えました。
わたしは本当は毎食後1錠を飲むようにいわれましたが、朝と昼は半錠、夜寝る前に1錠飲みました。しかしそのうち薬を飲むことを忘れてしまい、結局勝手に服用を中止した結果になりましたが、全く問題ありませんでした。

っていうか、不安な気持ちを全部丸ごと吐き出し、先生が全部聞いてくださったことが、精神安定に大きく貢献した気がします。

#カルテには「適応障害」と記入されてました。

不定愁訴
以下の症状は術後もしくはソラナックス錠(一般名:アルプラゾラム)服用後に消失
  • 両脇の下と両足の付け根の痛み(リンパ転移に対する不安から?)
  • アゴ(左側)の痛み(原因不明。担当レジデントに訴えても「そんなとこに転移してたら学会で発表します」と言われ全く相手にされなかった。)
  • 左側頭部の痛み(もしかしたら噛み合わせに問題が?)かなり憂鬱な痛みだった。ズキズキするような感じ。
  • 患部の痛み(これは気のせいではないと思うんだけど・・・)
News
Link

Copyright (C) "癌々行こうぜ" All Rights Reserved.

ブログパーツ