インフォームド・コンセント/プリント

円錐切除(Conization/Cone biopsy)とは、子宮の入り口(子宮頸部/Cervix)をメスで円錐状に切り抜く手術です。
病理組織診断の結果はステージ(病期/進行度/ステージング)で表されます。

0期(上皮内癌)
Ia-1期(微小浸潤癌/病変の幅が7mm以内、基底膜から3mm以内の浸潤)
Ia-2期(微小浸潤癌/病変の幅が7mm以内、基底膜から3mm以上5mm以内の浸潤)
Ib-1期(浸潤癌/腫瘍サイズ4cm以内)
Ib-2期(浸潤癌/腫瘍サイズ4cm以上)

円錐切除で確定診断できるのは0期〜Ib-1期までだと思います。
円錐切除で癌細胞が取りきれれば、めでたく治療は終了です。取りきれなかった場合(断端陽性)は、浸潤の深さによって「単純子宮全摘出術」や「広汎子宮全摘出術」を受けることになります。
最近では、もう一度「円錐切除」を行ったり、子宮が温存できる「広汎子宮頸部切除術」という術式もあります。

>>円錐切除の病理結果

手術記録
身長 160.1cm
体重 48.55kg
P.S. I
手術日 2001 平成13年10月19日 金曜日
術前診断 Ca. colli uteri
組織型 Squamous cell carcinoma
手術診断 same as abone
術式 Conization
根治度 R0 R1 R2 R3
手術時間 11:30 〜 12:05 所要時間0時間35分
出血量 50ml
麻酔 全 硬  局
手術操作
  1. 砕石位にて型の如く膣洗浄・消毒・draping施行。
  2. 導尿。
  3. 吾妻式膣鏡(上葉・下葉)にて膣部を展開。
  4. Schiller test施行し切除範囲を確認。
  5. 単鈎鉗子にて切除側の子宮膣部を把持・牽引。
  6. メスにて予定切開線を入れる。
  7. 電気メスを用いて子宮膣部を円錐状に切除。断端を凝固止血す。奥行きは1cm程度切除した。
  8. cervical canalにゾンデ挿入し、Hegar dilatorにて頚管拡張。
  9. #2-0 vicrylにて上下にStrumdorf縫合をかけ、左右の糸を結紮。更にその外側に#2-0 vicrylを1針づつかける。
  10. 3連ガーゼを膣内に挿入。
  11. 手術終了。

>>円錐切除のための入院記録


△TOP

インフォームド・コンセントの内容(カルテより)

IC
[本人]
IC年月日 2001-10-17
説明内容 病名、治療、治療効果、予後
説明後の反応 肯定的発言
自己決定態度 評価不能
[本人以外]
代表者 配偶者
代表者への説明内容 病名、治療、治療効果、予後
ICコメント:子宮頚癌I期で、円錐切除して、診断確定し、その後の治療方針を決定する。患者から、積極的な質問あり。


△TOP

手術の前にもらったプリント

_______様

手術は10月19日金曜日( 9時 00分から)午後の予定(連絡待ち)の予定
です。病棟はその少し前に出ます。

手術に必要な物(すべて売店で購入できます)
 浴衣あるいは前開きのネグリジェ・・・・・2枚
 T字帯・・・・・1枚
それぞれにマジックで『15A ○○』と名前を書いてください。
前日に袋などでひとつにまとめ、看護婦に渡してください。

手術前日  /18
 手術部位の毛を(剃ります)(剃りません)入浴し、体を清潔にしておきます。
 医師の指示によって下剤を飲む場合があります。
 食事は普段どおりでかまいません。

手術当日  /19
 薬、飲水に関しては看護婦の指示に従ってください。食事はできません。
 午前の早い時間に浣腸をする場合があります。
 点滴は食事の替わりとなるものなので、病棟からつないだまま手術室に行きます。
 着替えは(病棟)(手術室)で行います。
 手術室へは(ストレッチャーに寝て)(歩いて)行きます。
 貴重品はご家族の方が保管するか、鍵のかかる引き出しに保管してください。

手術が終わったら
 翌日の朝まで頭を持ち上げないようにしてください。左右の寝返りはかまいません。下半身の感覚はしだいに戻ります。
 尿の管が入ってますが、強く引っ張らなければ抜けることはありません。
 痛んだり、気分が悪い時などは看護婦をお呼びください。
 食事、飲水に関しては看護婦の指示に従ってください。なお翌日までは寝たままの姿勢で食事、飲水をします。

御家族の方へ
 手術中は8階家族待合室でお待ちください。
 主治医から呼び出しがありましたら、説明室においでください。

わからないことや御心配なことがありましたら、遠慮なく医師・看護婦にお尋ねください。

※上のプリントは、そのまんまを再現しました。プリント上部に手書きで、

家族は8:00に来てください
8:20 出棟   8:30 手術室着

と書いてあります。手術の時間が変更になったようです(実際は昼頃でした)。
着替えは、どこでしたか忘れました。手術室だった気がします。
手術室へは、ストレッチャーに寝て行ったと思います。
それから名前はカタカナで書くよう指示されました。

ちなみにプリントはピンク色。
2005.05.13

Copyright (C) "癌々行こうぜ" All Rights Reserved.

ブログパーツ