最終更新日:2007年12月2日

メールについて/リンクについて

 はじめに (※大阪弁バージョンもあるで

 このサイトは、子宮がん(子宮頸部がん、子宮頸がん、子宮頸癌、子宮頸ガン、子宮頚がん、子宮頚癌、子宮頚ガン)と診断され、
これから治療を受ける方々、特に術後障害について不安を感じておられる方々をターゲットに作成しています。
私自身は子宮がん(頸部) Ia-2期を 国立がんセンター(築地キャンパス)で治癒切除しました。※現在は「国立がん研究センター」
カルテ開示もしました。そして、がん治療後に終身保険医療保険に加入しました♪

 守備範囲は「広汎子宮全摘術」「円錐切除」「排尿障害」「リンパ浮腫」です。
適応障害」や「術後性生活」、 「自己導尿」と「排便障害」もフォロー。
化学療法(抗がん剤)」「放射線治療」「卵巣欠落症」「軽度異型性(3a)の検診間隔」「子宮体癌」は守備範囲外となります。

私よりもステージ(病期)が進んでいる方や他領域の癌患者さん、又は癌遺族の方あるいは非癌患者さんや医療従事者の方がお読みになった場合、具合が悪くなるような記述があるかもしれません。あしからずご了承ください。

 なお、癌と闘ったのは私ではなく執刀医でございます。


サイトポリシー

 主観による感情表現を極力避け、事実のみを包み隠さず正確に詳細にお伝えしようと心がけております。
私の身の上に起こった出来事は、精神状態も含め逐一レポートする所存です。
高品質で信頼できる情報を提供するべく、病院名や主治医は全て実名で記入させていただきました。

※ナースの呼称については、私が退院した2002年1月時点では「看護婦」でOKでしたので、
文中では「看護婦さん」と記載させていただいてます。(「看護師」に名称統一したのは2002年3月)

 癌患者のはしくれであり、ヘタレ癌患者である管理人が、たかがこの程度のチョロイ癌(←主治医に言われた)の体験を公開する目的は、自分の癌が発覚したとき、インターネットによってありとあらゆる情報および安心を与えていただいたので、ワタクシも一体験者(症例その1)として、ディープでピンポイントな情報を公開しインターネットに恩返しせねば。なんてモチベーションがあったらしいが、退院後、単にヒマだったらしい・・・という説アリ。

 当サイトを立ち上げるにあたっては「鮮度」にもこだわりました。メインコンテンツの文章は退院直後から1ヶ月以内に書き上げ、適宜追加修正加筆を重ね現在に至ります。そして今後も進化し続ける予定であります。どうぞご贔屓に。


 管理人について

H5、某外資系メーカーを退社後、人妻になる。H6、経産婦になる。生活レベル:中。属性:専業主婦。
割と丈夫にできていますが2001年(平成13年)に癌を治療し翌年仮出所。
現在保護観察中。じゃなくて経過観察中。

拍手を贈ると、もれなく管理人が喜びます。さらにメッセージを送ると、ゴキゲンがUPします。

 ひみ子っち取扱い虎の巻

其の壱、ときどき厠に連れて行くべし。シャワートイレだと喜びます。
其の弐、立位での長時間放置はご遠慮されたし。
其の参、重荷は手渡さぬようお願い申しあげます。
其の四、熱湯に長く浸けるべからず。
其の伍、餌は繊維質を避け、適量与えるべし。
其の六、餉の後は酸化マグネシウムを飲ますべし。
其の七、宴で酒を大量に与えるべからず。


 メールについて

メールは嬉しいです。プライバシー保護に最大限の注意を払っています。
返信を必要とされる場合は、その旨記載いただければ、可能な限り対応いたします。
誤字脱字報告絶賛受付中!
なお、掲載内容に間違いを見つけた場合も、可及的速やかに連絡お願いします(こっそり改良します)。

メディカルコンサルテーションは原則お受けしておりません(資格がありません)。ご了承ください。


 掲示板について

ネット上のコミュニティーに登場することは滅多にないと思われます(ブログ含む)。
不義理ばかりでm(_ _)mゴメンサイ

ときどきmixiLwCをウロウロしています。見かけたら声をかけてください。


 リンクについて

リンクはどのページでもご自由に。ただしトップページ以外は予告なしにURLを変更する可能性あり。
とりあえず日本語を正しく理解できること、営利目的でないこと、フレーム内に表示しないことが条件です。
ところによりお断りさせていただくこともあります。
当サイトの厳選リンク集は自慢ですが自信作です。他人のフンドシですが。

リンク先サイトのご利用について

 当サイトのリンク集に掲載されているサイトの閲覧、ご利用は自己責任で行っていただきますようお願い申し上げます。
当サイトの各ページからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されております。
また、私はこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、
利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを一切保証いたしかねます。


 日誌について

公序良俗に則り、個人情報保護に最大限の注意を払っています。
そんなわけで、カナ〜リ薄味アンド意味不明となっておりますが、
広汎オペ前の患者さんに「だいじょうぶかもしんない」をお伝えすべく、
術後のリカバリーメモとして、ありのままの日常生活を公開いたしております。
体調不良を訴えてる記事は、単に備忘録にすぎません。更新されていれば元気な証拠間違いない。
てゆうか、生存確認程度にお楽しみいただけると幸いでございます。
人間的に全く成長しないところが最大の見ドコロです。ご期待ください。そしてお見逃しなく!

下記の一文にインスパイアされまくったことがあり、ダークな話題は回避傾向。コレ基本姿勢。

あなたが虚しく過ごした「今日」という日は
きのう死んでいったものが
あれほど生きたいと願った「あした」
(C)趙昌仁「カシコギ」
  ←映画化決定!


癌々行こうぜの歩き方

基本的に、文中の青文字は、サイト内へのリンクです。同じウインドウ内に開きますので、
前のページに戻る時はブラウザの「戻る」をクリックしてください。
グレー色リンクは、外部サイトへのリンクです。別窓で開きます。
※「癌患者に100の質問」回答集ページは、上記の限りではありません。


 著作権について

このホームページの内容[引用データ以外]の著作権および文責は、癌々行こうぜサイト管理人ひみ子に帰属します。
インターネット[ホームページ/ウェブログ]等で当サイトの情報を転載・二次利用する場合はメールでご連絡くださるか、
当サイトのURL[http://www.geocities.jp/armisael95/]の記載をお願い申し上げます。
マスメディア[書籍/情報誌]等でご利用の場合は、メールで連絡お願いします。

尚、タイトル「癌々行こうぜ」の著作権は友蔵(TOMOZO)氏に帰属します。


Special Thanks

このホームページを作成するにあたり、友蔵(TOMOZO)氏にはHPB6.5など多大なるご支援を賜りました。
この場をかりて、深謝いたしマックス。


Copyright (C) "癌々行こうぜ" All Rights Reserved.

ブログパーツ