子宮がん(子宮癌)患者による症状、検査、入院、手術等の治療記録。

Enter [入り口はこちらです]

[注意]子宮がん(子宮癌)には、子宮体部(本体)にできる子宮体部がん (子宮内膜がん)と、子宮頸部(入り口)にできる子宮頸部がん(しきゅうけいぶがん)があります。

わたしは子宮頸部がん(子宮頸がん・子宮頚がん・子宮頸癌・子宮頚癌)でした。

※ひらがなの「がん」は悪性腫瘍全体を示すときに用いられ、上皮性腫瘍に限定するときは、漢字の「癌」という表現を用いることが多いようです。医学分野では片仮名で「ガン(子宮ガン・子宮頸ガン・子宮頚ガン)」とは表記しません。国立がんセンターのホームページでは「がん(子宮頸部がん)」と表記されています。

31歳の夏に自覚症状(不正出血)があり、婦人科を受診し子宮がん検診を受けました。
細胞診の結果はクラス3a(classVa)でしたが、組織診の結果、浸潤していました。
癌(がん・ガン)には扁平上皮癌や腺癌など他にもいろいろな組織型がありますが、わたしは扁平上皮癌でした。

がんと診断されたのは32歳でした。

2001年秋に円錐切除を受け、子宮頸癌Ia-2期(微小浸潤癌)と確定診断されました。
しかし病理の結果が断端陽性だったため、
2001年末、骨盤内のリンパ節を郭清する広汎子宮全摘出術を受けました。
両卵巣は温存しました。

手術の後遺症である排尿障害になり、尿意は失われましたが、排尿訓練を受け、残尿測定をクリアし翌年退院しました。
広汎子宮全摘出術の病理結果では、転移はありませんでした。

そして手術から1年半後にリンパ浮腫と診断されましたが、
現在は1年おきに経過観察を受けています。


癌患者に100の質問を配布しています






BACK SiteLIST RANDOM NEXT


This Cancer Ptient Support Ring

is owned by ひみ子


子宮・卵巣ガンRingウテルスのホームへ 子宮・卵巣ガンRingウテルス
 
−This site owned by ひみ子−


Women's Health Ring


Beautiful Life RING ホームへ

コンテンツ一覧: Introduction Link Profile Diary Contact 癌患者に100の質問 子宮がんの自覚症状 子宮がん告知 子宮がんの病理結果 子宮がんの病期 子宮がん治療で使用した薬品リスト 子宮がん治療にかかった治療費 子宮がんの治療日数 子宮がん診断から入院前まで 精神科受診 経過観察(外来) 円錐切除(検査入院) 広汎子宮全摘 入院グッズ ザ・病院 写真館 院内食メニュー 時間割 お見舞いについて NGワード 退院のしおり 円錐切除術 広汎子宮全摘出術 排尿訓練 リンパ浮腫 子宮がん術後性生活 癒着 QOL カルテ開示 がん登録 生保への挑戦 子宮がんの5年生存率 セカンドオピニオン 子宮がんの入院費について 謝礼について eボランティア 骨髄ドナー登録 未承認薬について 医系大学の系譜 がんリボン運動 カルテ用語 子宮頸がんと診断された貴女へ アンケート 子宮頸がんワクチン RFL H1N1 TUS side cover TOP

  Clip to Evernote

著作権についてリンクについて管理人へメッセージ

Copyright© "癌々行こうぜ" All Rights Reserved.

アクセスランキングブログパーツ

background-image:有希之武