遺言のページ

遺言を書きたくなったら

 遺言書のことを一般的には「ゆいごんしょ」といいますが、法律家はなぜか「いごんしょ」といいます。
 法律では遺産の分け方について民法という法律に書かれています。
内容は@ 相続人の範囲  A割合  だけ決まってます。
 そこで遺言書は以下のときに必要になります。
@ 相続する人を変更したいとき
A 割合を変更したいとき
B 相続する人と遺産の関係を具体的に決めたい時
C 民法の決めてないことを定めたいとき
 これらを本人の意思で作成したものが遺言書です。

 

遺言書の種類

 遺言書を作る方法は、大きく分けて3つあります。
1.自筆証書遺言  2.公正証書遺言  3.秘密証書遺言
 ここではよくある1.2.の方法を説明します。
1.自筆証書遺言  遺言の内容をすべて自筆するもので、特に重要な決まりとしては、作成日を記載する事、署名捺印することが必要です。
 遺言の内容が書いてあるのに作成日がないとか、捺印がないなどの理由により無効となることがあります。
 メリットは決まりさえ守れば簡単に作れること。デメリットは「本当に自筆かどうか」が争いの元になることです。
2.公正証書遺言  公正役場で作成するものです。若干の手数料がかかりますが、公証人が遺言する人の意思を確認しますので遺言者の意思がどうかの争いが格段に減ることがメリットです。また、控えが公証役場に保管されます。

 

遺留分に注意しよう

 遺言書は相続人間での争いを避けて欲しいという願いから作成されることが多いと思います。その場合に一番注意していただきたいのが遺留分です。
 遺留分とは、遺言によっても奪うことができない相続分のことです。本来の
法定相続分の半分が遺留分になります。この遺留分を下回る遺言をした場合、その相続人に遺留分を回復する権利が発生します。この問題が起きるとかなりの確率で裁判沙汰になります。
 遺言を作成する場合には遺留分を下回らないように注意する必要があります。
 遺言には、他にも数多くの問題点があります。相続人間の平和を願った遺言書が、相続人の紛争の種になることは避けたいものです。
 他方、良い遺言書は相続人間の争いを未然に防ぐことができるものです。
ぜひ、弁護士に相談して、良い遺言書を作成してください。

 

遺言書の内容

 例えば夫婦2人A,Bと長男C長女Dの家族4人で父親が遺言を書くとき
1.相続する人を変更したい
  長男が悪いことをしたので長男に相続させたくないとか、父親の兄弟Eに特に世話になったので少しあげたい。
2.割合を変更したい
  法定相続分を変更して、例えば長女Dが資産家に嫁いで居るのでDの割合を減らして長男Cを多くする。
3.相続する人と相続する物を具体的に決める
  例えば、遺産として住居と現金と農地がある場合、民法では、それぞれ妻B1/2、長男C1/4、長女D1/4になる。現金はそれでもいいですが、嫁いだ長女が住居や農地の1/4をもらっても余り意味がない。そこで、妻に住居、長男Cは農地、長女Dは現金などと決めることができる。
4.民法に規定のないこと
  例えば、お墓の管理など。