宇宙大パニック、緊急攻撃指令[Z]発信!
ムーンクレスタ
日本物産  1980年6月より稼動


Review
日本物産を代表する名作シューティングゲーム。
これ以前に日本物産が販売していた「ムーン○○シリーズ」はどれも
スペースインベーダー」や「ギャラクシアン」のコピー品に過ぎなかったが、
本作では3つの機体による合体システムを盛り込み、大ヒットした。
3つの機体はそれぞれ装備や大きさが異なっており、
ドッキングタイム」で合体に成功すると火力アップする事ができる。
敵は5種類が2色ずつある計10種類。
弾を撃たずに体当たりで攻撃してくるのが特徴で、
それぞれに名前が付けられていたのも当時としては珍しかった。
複雑な動きで体当たりしてくる敵をショットで倒しながら進み、
最後のアトミックパイルの攻撃を切り抜ければ1周クリア。
再び最初の敵にループする。

続編は86年に「テラクレスタ」が発売されている。
1号機と2号機の合体シーン。失敗して爆発すると機体が失われてしまう。


遊び方
 ■操作方法は2方向レバーとビームの発射ボタンのみ。
 ■左右の動きで攻撃を避けながら、ビームで敵を撃ち落してください。
 ■ロケットは
3号機まであり、撃墜されるごとに1号機2号機3号機の順に
   操作する事になります。

 ■一定のシーンごとに他のロケットと合体できる「ドッキングタイム」があります。
   左右の移動と逆噴射(発射ボタン)を使って上手くドッキングさせてください。
 ■ドッキングに成功するとボーナス得点が加算され、攻撃力もアップします。
 ■3機全てが破壊されるとゲームオーバーです。


 ・1周12シーン。以降は繰り返し
 ・コンティニューなし  エンディングなし
 ・エクステンド/30000Pts


3機で合体した所。火力は頼もしいが、体当たりを避けるのが難しくなる。


 敵キャラクター
名前 得点 行動パターン
コールドアイ 50Pts 2体が1つに合体した敵。撃つと片側が分離して、複雑な動きで降下してくる。
スーパーフライ 30Pts 8体同時に出現。動きは分離後のコールドアイとほぼ同じ。
フォーディ 60Pts 動きはスーパーフライと同じだが、動きが速く、一時的に姿を消す事ができる。
メテオ 200Pts 2体ずつが高速で斜めに横切る。こいつは倒さなくても次へ進める。
アトミックパイル 100Pts 画面上方で左右に小さく動き、ミサイルの姿に変形すると同時に落ちてくる。


 攻略メモ
 ■1号機は当り判定が小さいけどビームは単発。2号機は小柄な機体に2連装ビームを備えたバランス型。
   3号機も2連装だけど、機体が大きすぎて一番使えません。長く遊びたいなら3号機とのドッキングは止めておきましょう。
 ■シーンはコールドアイ→スーパーフライ→ドッキング→フォーディ→メテオ→ドッキング→アトミックパイル
   の順に進んで行きます。
 ■敵の動きに慣れてください。コールドアイは∞を描きながら徐々に降りてきて、
   攻撃が当たると円を描いたり蛇行するなどの複雑な動きで向かってきます。スーパーフライやフォーディの動きも
   同じなので、コールドアイに慣れてしまえば簡単に倒せるはずです。
 ■すでに1号機と2号機が破壊されていたり、3号機と合体している場合はドッキングシーンはカットされます。
 ■3万点でエクステンドすると3機が同時に増えます。

 敵の動きに慣れてしまえば簡単に1周できます。

≪関連リンク≫
オレたちゲーセン族「ムーンクレスタ
Wiiバーチャルコンソール「ムーンクレスタ
Android「ムーンクレスタ
PS「アーケードヒッツ・ムーンクレスタ
ムーンクレスタのページ
ムーンクレスタ」(ニコニコ動画)


戻る> <TOPへ