四国へ帰省のついでにあっちこっち

香川・徳島編 2011.5.14〜5.18

 5月14日(土)

足柄サービスエリアからの富士山 7:34

2年前と同じく、袖ヶ浦を5時頃に出発しましたが途中遊ばなかったこともあり前回より2時間早く17時半に到着です。

 

5月15日(日)

『不動の滝』    所在地;香川県高松市塩江町安原上東字北井2481   香東川支流北井谷川

『不動の滝』その2 落差40mといわれるが滝の始点はだいぶ上の方かと思われる。  

『虹の滝・雌滝』 落差15mの段瀑 所在地:香東川をさらに7kmほど遡った支流の三木町側

滝の裏が透けて見える美しい滝で光の加減で虹が出ることにより虹の滝(こうのたき)といわれる。

 

『猪の滝』 所在地:香川県高松市塩江町安原上東 香東川水系樺川中筋しるし谷

最近はこの奥に「さぬき温泉」が出来、さぬき道「いで湯の里花街道」として付近の住民が

花を植えて力を入れてる街道の傍にある滝だが私の実家の目の先にあり、この滝の上に

自分地の畑がありよく手伝いでこの滝の脇を通ったものです。まさに猪の水飲み場ですか

 

5月16日(月)

今日は両親を連れてかねて計画してた徳島のシャクナゲの里・岳人の森』へ向かうことにします。

2年前訪れた時、主人の山田さまよりシャクナゲの開花時期を教わり、帰省に合わせての訪問です。 

徳島県吉野川市美郷 吉野川支流川田川上流 

近くに『美郷ほたる館』があり1970年に「ホタルおよび生育地」として、国の天然記念物に指定されている。

 

国道193号線を遡ったところに、たくましい生活のにおいがある一軒家、遠く霞むのは阿讃山脈 

 

『東谷の滝』    所在地;徳島県名西郡神山町上分 鮎喰川支流大中尾谷川東谷 

『大釜の滝』 日本の滝100選 落差20m直 所在地:徳島県那賀町沢谷 那賀川水系釜ヶ谷川

岳人の森を過ぎて雲早トンネルを抜け那賀町釜ヶ谷川を10分程下ると国道脇に現れます。 

『大釜の滝』  滝下へは階段で下れる。

滝壺は水深15mと深く、ここには大蛇が棲むという伝説がある。

 

『大轟の滝』  落差20m3段分岐 所在地:徳島県那賀町沢谷井元 那賀川水系沢谷川  

『大轟の滝』 大釜の滝より3Kmほど下流にて坂州木頭川合流手前にある

 

『新居田の滝』 落差15m直瀑 所在地:徳島県那賀町横谷 那賀川水系坂州木頭川支流新居田川

新居田の滝前で両親とかみさん 

那賀川支流坂州木頭川那賀川水系坂州木頭川のようすですが大石の大きさと多さにビックリ 

 坂州木頭川の水は澄みきりアメゴがいっぱい居そう 

 坂州木頭川支流にあった無名の滝 

滝しぶきにあたるヒメレンゲ 

岳人の森に到着し、早速シャクナゲ見物 

岳人の森の主山田勲さんが40年間掛かって育て上げたシャクナゲ園です。

 

 5月17日(火)

昨晩、岳人の森の観月茶屋料理長山田充さんより砥石権現登山道の途中に『ヤマシャクヤク』が

咲いてる情報を得て朝4時に起床、懐中電灯をたよりに砥石権現への道を登り始める。

砥石権現への尾根道に入ると早速こんな淡い紅色のシャクナゲに遭遇 

もっと淡いピンクのシャクナゲの蜜を求めて来たマルハナバチ

 

アケボノツツジがまだ咲いてました、遠くは雲早山(くもそうやま)1495m

今まで写真でしか見たことがないアケボノツツジがこんなに可愛く華やかなツツジとは

しかし『ヤマシャクヤク』は何処に、とも思いながら次々現れる新しい花に忘れそう。

『シハイスミレ』 中部地方以西にしかなく私は初対面

 

『サイコクミツバツツジ』

 

とうとう砥石権現頂上についてしまいました。剣山まで行っちゃおうかな! 7:00

でも、8時に朝食を頼んだのだから急いで帰らなくちゃ 

これは風雪にさらされた『イヌブナ』の大木

 

『ヤマシャクヤク』 やっとガレ場の下にみつけました。 7:10

マルハナバチがホバリングしながら着蜜するところ 

 

なんとか8時の朝食に間に合い朝食後、岳人の森の散策です。

岳人の森・雪代の池に咲く 『クリンソウ』 

『雪代の池』とは岳人の森・主人が奥様の名前『幸代』から銘々したそうです。

 

『ヒメシャガ』  絶滅危惧種にも指定されているがここでは大群落となっている。

『オンツツジ』 四国、九州、紀伊半島の1000m級の山に自生するようです。

『ヤマブキソウ』 花姿が山吹に似ていることからこの名がある。

 

吉野川支流・穴吹川の清流

蛇足ですが坂東太郎・利根川、筑紫次郎・筑後川、四国三郎・吉野川と異名を持っている。

 

『閑定の滝』 落差20m分岐瀑 所在地:徳島県美馬市 吉野川系支流穴吹川

 

5月18日(水)

今日は実家近くの大滝山(おおたきさん)946mへ行くことにする。

途中林道にはまだフジが咲いていた。

『シャクナゲ』 大滝山西照神社

『タチツボスミレ』 大滝山

『ミヤマハコベ』 大滝山

大滝山近くにある木綿織(もめおり)部落であるが川下には新しいダムが建設中である。

ノアザミの蜜を吸うマルハナバチその後を狙っているハナアブ君、昆虫の世界も大変だ

 

『奈良・大阪・戸隠編』 へと続きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下に各滝の動画を入れてあります。(準備中です)

   

   

 

HP先頭に戻る