木和田川渓谷 H19.2.6 君津市松節 小糸川支流木和田川

大戸場滝上部の地層だが、砂岩層と泥炭層が交互に逆層となっている。

木和田川渓谷 H19.2.6 君津市松節 小糸川支流木和田川

大戸場滝上部にでると、いろんな光景に出逢える。これは浮島?

木和田川渓谷 H19.2.6 君津市松節 小糸川支流木和田川

誰が造ったのかと思う自然の造形である。

木和田川渓谷 H19.2.6 君津市松節 小糸川支流木和田川

神が造りたもうた、田園なのか?

木和田川渓谷 H19.2.6 君津市松節 小糸川支流木和田川

唯、静かに次なる驚きを胸に秘め遡行せし

木和田川渓谷 H19.2.6 君津市松節 小糸川支流木和田川


木和田川渓谷 H19.2.6 君津市松節 小糸川支流木和田川

この先は残念ながら砂防ダムにて進めない。

木和田川渓谷 H19.2.6 君津市松節 小糸川支流木和田川

よくしたもので、左岸に枝沢があり、ここを登ると林道に出られる。

木和田川渓谷 H19.1.22 君津市松節 小糸川支流木和田川

今度は大戸場滝の下流を遡行する。

木和田川渓谷 H18.12.18 君津市松節 小糸川支流木和田川

河床が逆層の為か洗濯板状になっている。熊でも洗うのかな

木和田川渓谷 H19.1.22 君津市松節 小糸川支流木和田川

こちらは地層がはっきり出ていて泥炭層というのかな

木和田川渓谷 H19.1.22 君津市松節 小糸川支流木和田川


木和田川渓谷 H19.1.22 君津市松節 小糸川支流木和田川

房総の地層は柔らかい為か谷は大体U字型を成す。以前はもっと
石があったのだが。この水はやがて豊英(とよふさ)湖にそそがれる。

豊英(とよふさ)湖の秋  君津市豊英湖 ワカサギ釣りでは結構有名です。


森林館Cコースで見つけた実のなる木 H17.12.24 千葉県清和県民の森


高宕大滝<本流型の滝> H19.1.22 君津市怒田沢 小糸川の支流高宕沢

落差12.5mと高いが水量が少ないので大雨の後に訪れたい。

高宕大滝<本流型の滝> H19.3.6 君津市怒田沢 小糸川の支流高宕沢

場所は怒田沢林道から高宕山大滝コースの入口にある。

高宕上滝<本流型の滝> H19.3.6 君津市怒田沢 小糸川の支流高宕沢


高宕沢 H19.1.22 君津市怒田沢 小糸川の支流高宕沢

高宕大滝の奥に進むとこんなところもある。

高宕沢 H19.1.22 君津市怒田沢 小糸川の支流高宕沢


高宕沢 H19.1.22 君津市怒田沢 小糸川の支流高宕沢


高宕沢 H19.1.22 君津市怒田沢 小糸川の支流高宕沢


高宕沢 H19.1.22 君津市怒田沢 小糸川の支流高宕沢


高宕沢 H19.1.22 君津市怒田沢 小糸川の支流高宕沢

高宕大滝の奥に進むとこんなところもある。

高宕沢 H19.1.22 君津市怒田沢 小糸川の支流高宕沢


高宕沢 H19.1.22 君津市怒田沢 小糸川の支流高宕沢