御岳山のレンゲショウマと夏のおわりに

 

撮影日:平成21年8月17〜23日     

 

      

圏央道あきるのインターでおり御岳山へは滝本駅よりケーブルカーにて8分で着きます。

終点より5分でレンゲショウマの咲いてる斜面まで手軽に行けるので多くのカメラマンが

押し寄せてチョット今後が心配です。なかには霧吹き持参で来てる人も居ました。

レンゲショウマ<蓮華升麻>きんぽうげ科レンゲショウマ属 H21.8.17 奥多摩御岳山

御岳山には山野草愛好家憧れの的レンゲショウマが約5万株自生してるといわれています。

奥多摩湖に向かい左に海沢大橋を渡り海沢川を遡ると井戸沢の滝<3段漠>が左岸に見えてくる。

さらに林道を奥に入り大岳山登山道を5分程登ると三ツ釜の滝に着く

三ツ釜の滝上部にハーフパイプ状に削られた滝がありました。

 

久しぶりの奥多摩湖(小河内ダム)

奥多摩周遊道路月夜見第一駐車場からの奥多摩湖

奥多摩周遊道路の檜原村側出口手前にあった夢の滝

檜原村には日本滝100選の払沢の滝をはじめ13の滝が紹介されているが今回は夢の滝と

払沢の滝(途中で断念)しか行けなかったがいつかはすべての滝を制覇したくなりました。

    

 

 

ここからは夏のおわりに自宅近くで撮ったものです。

            

8月20日カラスウリの花は夜咲くと聞いていたが早朝でも咲いているだろうと5時ごろ出勤前に

行って見たが左の写真のとおり糸巻き状態だった、がっかりで右の実になったものを撮りました。

カラスウリ<鳥瓜>カラスウリ属 H21.8.22 0:02 袖ヶ浦市福王台神納の森

リベンジすべく2晩通いやっと写しとめたのが上の写真です。レースは夜の蛾によくみえるようにとか?

2晩通ったので昨日咲いていた花は今日は咲かない一夜花であることがよく分かりました。

 

タマアジサイ<玉紫陽花>ゆきのした科アジサイ属 H21.8.23 君津市渕ヶ沢林道

        

真夏に房総の谷をかざるタマアジサイは最初玉のような蕾から花火がはじけるように咲いていきます。

まるで七変化のよう! 最後は一番右のようなドライフラワーになり翌春まで残ります。

 

8月23日たまたま木更津の接骨院に行ったら南極観測船「2代目しらせ」が一般公開されてるとのこと

早速木更津埠頭に行ってみるとさすがデカイ12500tもあり、普通の船とはまるで形が違い正しくは

『砕氷艦』しらせというそうだ。5月30日就航したばかりで訓練後、南極に向かうとのことであった。

       

災難時の脱出艇だがキャビン状でこのまま海に落としてもちゃんと浮かんで脱出出来る。

人、資材運搬用のヘリは2機搭載され大きさも半端じゃない。今回隊員の方に車椅子

のまま入れてもらい終始付きっきりにて説明をして頂き、ただただ感謝です。

 

 

 ホームに戻る