2003.12.01 作成
2007.03.12 更新

介護 by ゆうこ





 ★ 022 『突然の出来事』を『死の淵から』と 改題して【暮らしと生活】に載せています

ゆうこさんは1989年から10年、特別養護老人ホームで介護従事者として働く。
その間にホーム入居者から学んだたくさんのこと。1995年にパーキンソン病と診断。
2003年に初めての入院で経験する、介護される側の気持ち。


001 介護を受ける側に 2003.12.01
002 忘れられないできごと 2003.12.16
003 胸に刺さった言葉 2003.12.18
004 コミュニケーション 2003.12.19
005 人それぞれ・排泄のこと 2003.12.26
006 さまざまな人生 2003.12.27
007 介護人失格・自信喪失 2003.12.29
008 規則どおりでなくても 2004.01.10
009 人によって違う"幸福" 2004.01.18
010 我が入院の記 2004.04.15
011 我が入院の記 2 2004.04.15
012 我が入院記 最終回 2004..06.02
013 失語症と構音障害 2004.07.10
014 介護者を元気にさせる笑顔 2004.08.03
015 閑話休題 2004.08.03
016 アバウトな介護 2004.11.09
017 病を受容するということ 2005.04.02
018 パーキンソン病10年目の思い 2005.04.03
019 hh 2006.01.30
BLOG 介護 by ゆうこ
020 誰も彼を責められない     2006.12.19
021 最期まで自分らしく 2006.12.19
022 突然の出来事 2007.03.10
023
024

介護 by Iris 『父の介護の体験談』 2003.08.17


Apple カフェへリンク
感想をお聞かせください





ファイル管理 Almond

haisetsu

hospital

kaigojissen

kisoku

kotoba

ningen

介護を受けてみて

osewa

shikkaku

shinrai

1 1