Ask the Doctor BBS

服部先生について

服部 信孝 (はっとり のぶたか)
順天堂大学医学部 脳神経内科教授

1959年生まれ
●略歴:
  1994年順天堂大学大学院医学研究科卒

  名古屋大学医学部生化学教室、順天堂大学医学部神経学講座助手、臨床講師、助教授を経て、2006年7月1日順天堂大学医学部脳神経内科教授に就任


  2001年順天堂大学学術奨励賞受賞

  2001(平成13)年度若手研究者表彰・奨励事業理事長奨励賞受賞。

  2002(平成14)年ベルツ賞1等賞受賞

   2003(平成15)年日本神経学会賞受賞

  医学博士

 

●専門分野:
  神経内科、分子遺伝学、神経化学

 

研究内容
 若年性パーキンソン病におけるパーキン遺伝子の発見及び役割の解明


研究にあたってのエピソード
  パーキン遺伝子の発見は共同研究の賜です。今日の自然科学の目まぐるしい発展は、個人の力だけでは何も解明し得ないほど巨大化しています。従って、これからも如何に共同研究を発展させるかが、大きなテーマになると思います。

家族性パーキンソン病の原因遺伝子の機能解明は、孤発型パーキンソン病の病態解明の鍵を解き明かしてくれるであろうと期待しています。

 

教授就任にあたっての抱負

小生の頑張る目的は何十万人という難病の人たちの手助けすることです。
教授になっても今まで通りフランクかつフレンドリーでいたいと思います。患者さんに気楽に声を掛けてもらえるような教授でありたいです。
教授になるために頑張ってきたわけではなく、自分の仕事を更に発展支えるために必要なポジションと考えています。
教室員の教育、パーキンソン病の新薬の開発、パーキンソン病の臨床と全てに全力で頑張りたいと思います。
変わらぬお付き合いを御願いします。

◆外来診察日

月曜日;順天堂大学病院脳神経内科
水曜日;静岡市城西クリニック

受付時間その他の詳細については病院へお問い合わせください。

 

下をクリックしてお入り下さい
Ask the Doctor BBSへ


ホームへ戻る
 1